カモネギックス

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
カモネギックス
NMB48シングル
初出アルバム『世界の中心は大阪や 〜なんば自治区〜
B面 サングラスと打ち明け話(Type-A、Type-B、Type-C)
どしゃぶりの青春の中で(Type-A、劇場盤)
思わせ光線(Type-B、劇場盤)
もう裸足にはなれない(Type-C)
時間は語り始める(劇場盤)
リリース
規格 マキシシングル
ジャンル J-POP
時間
レーベル laugh out loud! records
作詞・作曲 秋元康(作詞)
井上ヨシマサ(作曲・編曲)
プロデュース 秋元康
チャート最高順位
NMB48 シングル 年表
僕らのユリイカ
(2013年)
カモネギックス
(2013年)
高嶺の林檎
(2014年)
テンプレートを表示

カモネギックス」は、日本女性アイドルグループNMB48の楽曲で、2013年10月2日[1]よしもとアール・アンド・シー (laugh out loud! records) から発売された8枚目のシングル。単独出演としては初となった「第64回NHK紅白歌合戦」(2013年)の歌唱楽曲。楽曲のセンターポジションは山本彩が務めた。

2014年8月13日発売の『世界の中心は大阪や 〜なんば自治区〜』に「カモネギックス」のリミックスバージョン「カモネギックス<Remo-Con REMIX>」が収録されている。

背景とリリース[編集]

前作「僕らのユリイカ」から約4か月ぶりのシングル。

2013年8月19日に開催されたフジテレビ主催イベント『お台場合衆国2013』内のライブ「NMB48めざましライブ」において、シングルの発売が発表された[2]。この中では同年10月2日に新曲が発売されることが明らかになったが、曲名は明かされていなかった[3]

同年9月2日に、AKB48とNMB48を兼任する市川美織NMB48劇場でのデビュー公演となる[4]チームN「誰かのために」公演[5]が開催された。この公演のアンコールにおいて新シングル表題曲のタイトルと選抜メンバーが発表され、その場で曲が披露された[6]

「カモネギックス」を歌う選抜メンバーは、前作から1人が入れ替わった。門脇佳奈子は「北川謙二」以来約11か月ぶりの選抜復帰。前作の選抜メンバーのうち、島田玲奈が選抜から外れた。

カップリング曲として、NMB48としては初となる研究生の楽曲「サングラスと打ち明け話」が収録されている。NMB48の全メンバーがシングルのいずれかの楽曲に参加している。

音楽性と批評[編集]

「カモネギックス」はのテイストが入った[6]クラブ調のダンスナンバーだという[5]

「カモネギックス」という曲名について、キャプテンの山本彩は「歌詞の女の人は自分が『カモがネギを背負った』ような存在でも懲りずに男の人を好きになってしまう。残念な女性の歌」と説明し[6]小笠原茉由は「カモ鍋のような味のある、おいしい仕上がりになっていると思います」とした[6]

アートワーク[編集]

ジャケット写真のメンバーの割り振りは下表のとおりである[7]

Type-A 表 上西恵・矢倉楓子・薮下柊・山本彩
Type-A 裏 小谷里歩・谷川愛梨・與儀ケイラ・吉田朱里
Type-B 表 市川美織・小笠原茉由・山田菜々・渡辺美優紀
Type-B 裏 加藤夕夏・門脇佳奈子・白間美瑠・高野祐衣
Type-C 表 「カモネギックス」選抜メンバー16名
Type-C 裏 山本彩・渡辺美優紀
劇場盤 表 市川美織・矢倉楓子・薮下柊・山田菜々・山本彩・渡辺美優紀
劇場盤 裏 「カモネギックス」選抜メンバー16名

チャート成績[編集]

「カモネギックス」のシングルCDは、発売前日(集計初日)の2013年10月1日付オリコンデイリーシングルチャートにおいて推定売上枚数約27万枚を記録し、初登場で1位にランクインした[8]。集計初日の推定売上枚数は、NMB48の前作「僕らのユリイカ」が記録した約42万1000枚には及ばなかったものの、前々作「北川謙二」の約26万枚を上回っている[9]

その後、2013年10月14日付オリコン週間シングルチャートにおいて初登場で1位にランクインした。同チャートにおけるNMB48のシングルの1位獲得は「ヴァージニティー」から4作連続・通算7作目となった。初動売上は約37万5000枚となった[10]

ミュージック・ビデオと特典映像[編集]

ミュージック・ビデオ平川雄一朗が監督を務めた。MVの中には、特典映像のドラマ『ほしにねがうこと』のシーンが挿入されている。

特典映像としてドラマ『ほしにねがうこと』が制作され、Type-Aに前編、Type-Bに後編と2分割で収録された。主題歌は「カモネギックス」で、ドラマの監督はMVと同じ平川雄一朗。入山法子ロッシー野性爆弾)、島津健太郎が出演している。2013年8月9日 - 12日に兵庫県赤穂市内の赤穂御崎灯台、折方児童センター、坂越大避神社伊和都比売神社、福浦コミュニティセンターなど8か所でロケ撮影が実施された[11]

難波鉄砲隊其之四が歌う「もう裸足にはなれない」のMVには升毅が弁護士役で出演している。

メディアでの使用[編集]

「カモネギックス」には以下のタイアップが付いている。

シングル収録トラック[編集]

Type-A[編集]

CD
# タイトル 作詞 作曲 編曲 時間
1. 「カモネギックス」 秋元康 井上ヨシマサ 井上ヨシマサ
2. 「サングラスと打ち明け話」(研究生) 秋元康 KOUTAPAI 武藤星児
3. 「どしゃぶりの青春の中で」(白組) 秋元康 渡邉シンジ 生田真心
4. 「カモネギックス off vocal ver.        
5. 「サングラスと打ち明け話 off vocal ver.」        
6. 「どしゃぶりの青春の中で off vocal ver.」        
合計時間:
DVD
# タイトル 作詞 作曲・編曲
1. 「カモネギックス(ミュージックビデオ)」    
2. 「カモネギックス(ミュージックビデオ ダンシングバージョン)」    
3. 「どしゃぶりの青春の中で (ミュージックビデオ)」    
4. 「特典映像 「ほしにねがうこと」(前編)」    

Type-B[編集]

CD
# タイトル 作詞 作曲 編曲 時間
1. 「カモネギックス」 秋元康 井上ヨシマサ 井上ヨシマサ
2. 「サングラスと打ち明け話」(研究生) 秋元康 KOUTAPAI 武藤星児
3. 「思わせ光線」(紅組) 秋元康 渡辺和紀 渡辺和紀
4. 「カモネギックス off vocal ver.」        
5. 「サングラスと打ち明け話 off vocal ver.」        
6. 「思わせ光線 off vocal ver.」        
合計時間:
DVD
# タイトル 作詞 作曲・編曲
1. 「カモネギックス(ミュージックビデオ)」    
2. 「カモネギックス(ミュージックビデオ ダンシングバージョン)」    
3. 「思わせ光線 (ミュージックビデオ)」    
4. 「特典映像 「ほしにねがうこと」(後編)」    

Type-C[編集]

CD
# タイトル 作詞 作曲 編曲 時間
1. 「カモネギックス」 秋元康 井上ヨシマサ 井上ヨシマサ
2. 「サングラスと打ち明け話」(研究生) 秋元康 KOUTAPAI 武藤星児
3. 「もう裸足にはなれない」(難波鉄砲隊其之四) 秋元康 福田貴史 佐々木裕
4. 「カモネギックス off vocal ver.」        
5. 「サングラスと打ち明け話 off vocal ver.」        
6. 「もう裸足にはなれない off vocal ver.」        
合計時間:
DVD
# タイトル 作詞 作曲・編曲
1. 「カモネギックス(ミュージックビデオ)」    
2. 「カモネギックス(ミュージックビデオ ダンシングバージョン)」    
3. 「もう裸足にはなれない (ミュージックビデオ)」    
4. 「NMB48 feat.吉本新喜劇 Vol.7」    

劇場盤[編集]

CD
# タイトル 作詞 作曲 編曲 時間
1. 「カモネギックス」 秋元康 井上ヨシマサ 井上ヨシマサ
2. 「どしゃぶりの青春の中で」(白組) 秋元康 渡邉シンジ 生田真心
3. 「思わせ光線」(紅組) 秋元康 渡辺和紀 渡辺和紀
4. 「時間は語り始める」 秋元康 フジノタカフミ 野中“まさ”雄一  
5. 「カモネギックス off vocal ver.」        
6. 「どしゃぶりの青春の中で off vocal ver.」        
7. 「思わせ光線 off vocal ver.」        
8. 「時間は語り始める off vocal ver.」        

選抜メンバー[編集]

脚注[編集]

[ヘルプ]

注釈[編集]

出典[編集]

  1. ^ “NMB48、紅白出場へ勝負を賭ける8thシングル10月発売”. ナタリー (ナターシャ). (2013年8月28日). http://natalie.mu/music/news/98186 2013年9月10日閲覧。 
  2. ^ 金子剛 - Google+(2012年8月19日)
  3. ^ “NMB、新曲「カモネギックス!」を難波で初披露”. サンケイスポーツ (産業経済新聞社). (2013年9月3日). http://www.sanspo.com/geino/news/20130903/akb13090305010000-n1.html 2013年9月10日閲覧。 
  4. ^ “AKB兼任の市川美織、NMB劇場デビュー「皆さんお待たせしました〜」”. スポーツ報知 (報知新聞社). (2013年9月3日). http://hochi.yomiuri.co.jp/entertainment/news/20130903-OHT1T00044.htm 2013年9月10日閲覧。 
  5. ^ a b “AKB市川美織NMBチームN公演初出演”. 日刊スポーツ (日刊スポーツ新聞社). (2013年9月2日). http://www.nikkansports.com/entertainment/akb48/news/f-et-tp0-20130902-1183084.html 2013年9月10日閲覧。 
  6. ^ a b c d “NMB48が新曲「カモネギックス!」初披露”. 東京スポーツ (東京スポーツ新聞社). (2013年9月3日). http://www.tokyo-sports.co.jp/entame/entertainment/179706/ 2013年9月10日閲覧。 
  7. ^ NMB48 2013aNMB48 2013bNMB48 2013cNMB48 2013d
  8. ^ 2013年10月01日のCDシングルデイリーランキング(2013年10月01日付)”. ORICON STYLE. オリコン. 2013年10月2日時点のオリジナルよりアーカイブ。2013年10月3日閲覧。
  9. ^ “NMB「カモネギックス」初日27万枚”. 日刊スポーツ (日刊スポーツ新聞社). (2013年10月2日). http://www.nikkansports.com/entertainment/akb48/news/f-et-tp0-20131002-1198641.html 2013年10月3日閲覧。 
  10. ^ “【オリコン】NMB48、新曲が4作連続7作目首位”. ORICON STYLE (オリコン). (2013年10月8日). http://www.oricon.co.jp/news/music/2029454/full/ 2013年10月8日閲覧。 
  11. ^ 兵庫・赤穂でオールロケ、「カモネギックス」特典DVDドラマ - 赤穂民報社

参考文献[編集]

  • NMB48「カモネギックス<通常盤Type-A>」のブックレット、laugh out loud! records、2013年 JAN 4571366497729 / YRCS-90036
  • NMB48「カモネギックス<通常盤Type-B>」のブックレット、laugh out loud! records、2013年 JAN 4571366497736 / YRCS-90037
  • NMB48「カモネギックス<通常盤Type-C>」のブックレット、laugh out loud! records、2013年 JAN 4571366497743 / YRCS-90038
  • NMB48「カモネギックス<劇場盤>」のブックレット、laugh out loud! records、2013年 JAN 4571366497750 / YRCS-90039

外部リンク[編集]