ハーバルエッセンス

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索

ハーバルエッセンス (HERBAL ESSENCES) とはP&Gの子会社のマックスファクターが販売するヘアケア製品。タイ製。

歴史[編集]

ハーバルエッセンスは元々、米国の大手医薬品メーカーブリストル・マイヤーズ・スクイブ社 (BMS) のヘアケア部門「クレイロール」の製品で、日本では1999年にBMS社から発売されていたが、コンシューマー部門のシーブリーズが資生堂に売却され部門閉鎖とともに2000年7月に発売中止となっていた。

その後、2001年5月にP&Gが「クレイロール」部門を買収した事により、2004年4月よりP&Gの製品として発売(実質上の日本再参入)されている。

2007年8月に「楽園トリップ体験」をコンセプトとした大幅なリニューアルを行い、フローラルリリーと海洋ミネラルエッセンスを配合したリラックス系の「マーメイドモイスチャー(水色のボトル)」、ローズエッセンスとシルクプロテインクリームを配合したロマンティック系の「エンジェルスムース(ピンクのボトル)」、パールエッセンスとグレープフルーツエキスを配合したリフレッシュ系の「ジューシーサンシャイン(オレンジのボトル)」の3タイプに刷新された。

2011年7月には2度目となる大幅なリニューアルを行い、日本人の髪に合わせた日本国内専用仕様として処方を刷新。ラインナップをピンクのボトルの「なめらかスムース」と紫のボトルの「うるおいモイスチャー」の2タイプに整理。さらに、シャンプーとコンディショナーはサイズラインナップも見直され、ボトルサイズは従来の約半分に減らし(300ml/300g→160ml/160g)、新たにポンプサイズ(480ml/480g)とつめかえ用(340ml/340g)を追加設定し、3サイズとなった。2012年9月には3度目のリニューアルを行った。

2013年9月には、天然由来成分と厳選された香りを配合し、同シリーズのシャンプー・コンディショナーと併用してお風呂上りに使用することで香りの持続となめらかな髪を実現するアウトバストリートメントを追加発売し、「なめらかスムース」にはツバキオイルとピンクローズの抽出成分を配合したローズの香りの「集中スムース美容液」を、「うるおいモイスチャー」にはハニーとラベンダーの抽出エッセンスを配合したフローラルの香りの「集中モイスチャー美容液」をそれぞれ追加した。

概要[編集]

2011年7月発売のリニューアル製品では、ユーザーへの試作テストを繰り返し、日本人の髪質の合わせた処方を新たに開発。シャンプーは髪同士がすりあって起こる摩擦から髪を守り、濡れた髪でもからまず、滑らかな指通りに。コンディショナーは美容液成分(ビスアミノプロピルジメチコン)がダメージを受けた部分に選択的に吸着し、乾いた後でも滑らかな手触りと艶の輝く髪に。トリートメントはコンディショナーに比べ補修成分を高濃度配合したことで、あらゆるダメージを受けた髪も瞬間的に補修。しかも、たった1回の使用ですぐに効果を実感できるようになっている。

また、発売当初からこだわりのある香りについても、P&Gが誇る世界トップクラスのパヒューマー(調香師)達によって調香された香りを引き続き採用。「うるおいモイスチャー」は前シリーズの一番人気だった「エンジェルスムース」の香りを継承したフローラル系の香りを、「なめらかスムース」はローズ系の香りを採用した。

さらに、天然由来成分も新たに配合され、「なめらかスムース」はツバキオイルとピンクローズ成分を、「うるおいモイスチャー」はハニー抽出成分とラベンダー抽出エッセンスをそれぞれ配合した。

2012年9月のリニューアルでは髪の美容液成分を高濃度化し、新たに菜種由来のトリートメント成分を配合した。

ラインナップ[編集]

  • なめらかスムース
    • シャンプー
    • コンディショナー
    • 集中トリートメント
    • 集中スムース美容液
  • うるおいモイスチャー
    • シャンプー
    • コンディショナー
    • 集中トリートメント
    • 集中モイスチャー美容液

外部リンク[編集]