夕方 NMB48

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
夕方 NMB48
ジャンル バラエティ番組
放送時間 隔週木曜日 17:00 - 18:00(60分)
放送期間 2015年10月8日 -
放送国 日本の旗 日本
制作局 Kawaiian TV
出演者 NMB48
ダイアン
外部リンク 公式サイト
テンプレートを表示

夕方 NMB48』(ゆうがた エヌエムビーフォーティエイト)は、2015年10月8日からKawaiian TVで放送されているバラエティ番組[1]。女性アイドルグループ・NMB48の冠番組。

概要[編集]

NMB48のメンバーが多種多様なミニゲームや大喜利に挑戦する番組。

毎回、NMB48の若手を主体としたメンバーが入れ替わりで6名出演している。

大阪「YES THEATER」からの公開生放送で、有料での番組観覧が行われている[2]

ニコニコチャンネル「Kawaiian TV for ニコニコ」でも生放送されているが、放送中はコメントについては触れられない。放送終了後にニコニコチャンネルでの視聴者のみ、出演したNMBのメンバーに対しての質問コーナーが行われる(質問コーナーはニコニコチャンネル以外では放送されない)。

出演者[編集]

  • ダイアン
    • 津田篤宏 - 司会、ツッコミ担当。よく怒る、いわゆるキレ芸。イジられキャラでもある為、大喜利のお題にもよく使われ、ダイアン西澤やNMBメンバーにもよくネタにされる。
    • 西澤裕介 - ボケ担当。城恵理子や林萌々香が自己紹介でしているパンチや須藤凜々花ビームなどは一切効かないが、罰ゲームなどでアイドル以上に怖がることが多い。
  • NMB48(6名[注 1]出演、うち1名がアシスタント)

主なNMB48の出演メンバー[編集]

  • 鵜野みずき(みぃーき) - いわゆる「不思議ちゃん」で、大喜利コーナーで意味不明な回答を連発したり、「たたいてかぶってジャンケンポン」のルールがわからずゲームが成立しなかったりする。受け答えが予測不能な事が多く、ダイアンとの変な化学反応も時々起こる。ダイアン西澤は鵜野が出演していない回でも「みぃーき」の名前を番組中でネタに一時期使っていた[注 2]
  • 磯佳奈江(いそちゃん) - ダイアン西澤が「いそちゃん」という言葉の響きを気に入っている為、用件がないときでも「いそちゃん」を呼ぶことがある。第23回にMGPを受賞した際につけられたニックネームも「いそちゃん!!」だった[3]。西澤の推しメンという事にもなっている[注 3]
  • 井尻晏菜(あんたん) - 別番組(有吉反省会)で「すっぴんがものすごくブスなアイドル」というとり上げられ方で放送[4]をされて以来、この番組でもその事を時々ネタにされている。
  • 石塚朱莉(あんちゅ) - 「クイズ!NMBランキング」のコーナーでよく1位に選ばれるが、その場合はろくなものがない。(あくまで観覧客のイメージの為、事実ではない事もある[注 4]。)

元メンバー[編集]

  • 黒川葉月(はーこ) - 第5回に出演したNMBのメンバーがコーナーの回答をメンバー同士で相談していた際に、ダイアン津田が話しかけても無視して相談を続けた事に津田が腹を立て、「(素直な性格の)はーこを呼んでくれ!」と言って以来、津田の推しメン(ひいきにしているメンバー)という事になっていた。

出入り禁止を通告されていたメンバー[編集]

ダイアン側が出演メンバーの言動が不適切と感じた際に、メンバーに出入り禁止と通告することがあった。この通告に実際に有効性があるかどうかは不明であったが、第25回以降は通告を受けたメンバーも出演している。

  • 鵜野みずき(第13回[注 5]、第18回) - 意味不明な回答を連発したため。一度解除されたが、第18回に再びを受けた。
  • ドラフト2期生(堀詩音、西仲七海、本郷柚巴、村中有基、安田桃寧、安藤愛璃菜)(第21回) - メンバー同士で口げんかを始めたため。
  • 石塚朱莉(第22回) - ダイアン西澤と津田を間違えたため。

主なコーナー[編集]

番組のオープニングでは、劇場公演で行われている自己紹介のあいさつを各メンバーが行う[注 6]

各コーナーで与えられたミッションをクリアした場合、番組特製のダイアングッズがメンバーに贈られる[注 7]

チームでの対抗戦を行う場合はアシスタントを除いた5名のうちの2名がダイアン西澤チーム、残りの3名がもう片方のチームに分かれる。

津田からの挑戦!ダマしているのは誰だ!?
チーム全員がものすごく臭い靴下(通称「激クサ靴下」)のにおいをかいだり、辛い食べ物を食べた際のリアクションをとった中で、1名のみリアクションの演技をとっているメンバーがいる。そのメンバーが誰であるかを相手チームは推測する。
お客さんが決めました!クイズ!NMBランキング
アシスタントを含めたメンバー6名に関してのイメージに観客が順位付けを行う。メンバーには順位のみ伝えられ、そこからどういうイメージであるかを推理する。必ずしも順位が高ければいいイメージとは限らない。
NMB調査!クイズ!私の数字はなんでしょう?
メンバー1人が自分にまつわる数字を発表。何を意味している数字なのかを他のメンバーは推測する。
イス取り選手権!てっぺんとったんで!
いわゆる椅子取りゲームであるが、椅子に座れなかった者が勝ち残っている1名を指名し、ミニゲームで対決を行い負けた方が失格。失格者は罰として臭い靴下をかがされる。
優勝者は「NMB48イス取り女王」となり、王冠とタスキが与えられる。
これができたらゴイゴイスー!西澤を笑わせろ!
大喜利やモノボケにメンバーが挑戦。ダイアン西澤が面白いかどうかを判定。制限時間内にメンバー全員が○判定をもらえばクリア。×判定の場合は再挑戦となる。このルールによって意味不明な回答を連発した鵜野が結果的に目立つ事になった。
カードを揃えて回避せよ!罰ゲーム神経衰弱!
2チームに分かれ、神経衰弱を行う。カードには罰ゲームの内容が書かれており、揃えられなければ先にめくったカードの罰ゲームをしなくてはいけない。中には津田カードやアシスタントのカード[注 8]もあり、その者にちなんだ罰ゲームが用意されている。

MGP[編集]

第12回以降、もっとも活躍したNMBメンバーにMGP(モスト・ゴイゴイスー[注 9]・プレイヤー)という賞が与えられ、同時にニックネームがダイアン西澤によって命名される。ただし、大抵の場合ニックネームはろくなものがない。

次回の出演以降、名札に命名されたニックネームが併記される。

夜方NMB48[編集]

夜方NMB48
ジャンル バラエティ番組
放送時間 不定期 21:00 - 22:00(60分)
放送期間 2016年9月29日 -
放送国 日本の旗 日本
制作局 Kawaiian TV
出演者 NMB48
外部リンク 公式サイト
テンプレートを表示

2016年9月29日から派生番組『夜方NMB48』(よるがた エヌエムビーフォーティエイト)が放送開始[6]

出演はNMB48メンバー6名のみ。6名のうち2名が同じ日に放送の『夕方NMB48』にも出演する事が多い。

『夕方』の出演は若手メンバーということになっている為、沖田彩華などの1期生は出演していないが、それらのメンバーもこの『夜方』には出演している。

『夕方』同様、大阪「YES THEATER」からの公開生放送。『夕方』放送日の夜に不定期に放送が行われている[注 10]。観覧チケットは『夕方』とは『夜方』で別扱い。

『夕方』は平日の夕方の放送のため[注 11]、日中勤務者の番組観覧が困難で劇場が満席になる事はあまりない[注 12]が(定員の半数程度の事が多い)、『夜方』は仕事帰りでの観覧や隣接するNMB48劇場での公演の鑑賞後にも立ち寄れるという好条件もあり、初回の放送から観覧チケットが前売り段階で完売し、満席が続いている。

主なコーナー(夜方NMB48)[編集]

裏でこんな事起きてました!NMB48楽屋ニュース
舞台裏で起こったハプニングなどのエピソードトークを司会者以外の出演メンバーが各自発表。回によっては司会者が一番面白いエピソードをした1名に最優秀賞が贈られる事もある。

放送日程[編集]

夕方NMB48 (2015年)[編集]

放送日 アシスタント 他の出演メンバー 備考
01 10月8日 植田碧麗 内木志、石田優美、井尻晏菜、林萌々香、黒川葉月
02 11月5日 久代梨奈 石塚朱莉、山尾梨奈、武井紗良、明石奈津子、西村愛華 「激クサ靴下」が初登場。

明石が誰も聞いたことのないうめき声をあげるなど猛威を振るった。

03 11月19日 石塚朱莉 植村梓、鵜野みずき、武井紗良、古賀成美、西澤瑠莉奈 ダイアンの代わりにスマイルが司会

石塚がカエルを触らさせられる事になり大絶叫する。

西澤瑠莉奈は自宅にカエルなどをたくさん飼っている為平気だった。

04 12月3日 黒川葉月 日下このみ、井尻晏菜、大段舞依、松岡知穂、植田碧麗
05 12月17日 植村梓 太田夢莉、久代梨奈、城恵理子、山尾梨奈、森田彩花 ゲストにすち子&真也

夕方NMB48 (2016年)[編集]

名前の末尾に☆があるメンバーは同じ日に放送の『夜方NMB48』にも出演。

放送日 アシスタント MGP受賞者 他の出演メンバー 備考
06 1月14日 林萌々香 (発表なし) 太田夢莉、川上千尋、磯佳奈江、黒川葉月、西村愛華
07 1月25日 久代梨奈 中野麗来、武井紗良、井尻晏菜、松村芽久未、上枝恵美加 初代イス取り女王に久代[8]
08 2月11日 中野麗来 石田優美、石塚朱莉、山尾梨奈、西澤瑠莉奈、大段舞依
09 2月25日 西村愛華 城恵理子、古賀成美、明石奈津子、松岡知穂、植田碧麗 西村がNMB48卒業前最後の出演、ゲストに大阪☆春夏秋冬
10 3月10日 植村梓 城恵理子、武井紗良、山尾梨奈、石塚朱莉、松村芽久未
11 3月24日 明石奈津子 森田彩花、武井紗良、上枝恵美加、大段舞依、松岡知穂 ゲストにSO.ON project
12 4月7日 黒川葉月 黒川葉月 内木志、石田優美、古賀成美、林萌々香、磯佳奈江
13 4月21日 久代梨奈 鵜野みずき 植村梓、松村芽久未、中野麗来、堀詩音 2代目イス取り女王に中野。
14 5月12日 川上千尋 城恵理子 日下このみ、西澤瑠莉奈、井尻晏菜、村中有基
15 5月19日 黒川葉月 (発表なし) 林萌々香、上枝恵美加、大段舞依、磯佳奈江、植田碧麗 ダイアン津田生誕祭が行われた[9]
16 6月2日 山尾梨奈 石田優美 須藤凜々花、西澤瑠莉奈、古賀成美、西仲七海 「声」という漢字を書き間違えたという理由で石田がMGP受賞[10]

山尾が「かわいいポーズ」を披露するが、あまりにも突然にしたため、観覧客の全員が無反応だった。

17 6月9日 井尻晏菜 (学天即・四条) 内木志、日下このみ、大段舞依、古賀成美、松岡知穂 ゲストに学天即。学天即・四条がMGP受賞[11]
18 6月30日 武井紗良 鵜野みずき 西澤瑠莉奈、明石奈津子、松村芽久未、森田彩花 鵜野が番組中に再びダイアン津田から出入り禁止と言われる[12]
19 7月7日 植田碧麗 植村梓 川上千尋、中野麗来、上枝恵美加、安田桃寧 においだけで物を推理するコーナーで植村が品の良くない回答をした事で植村がMGP受賞[13]
20 7月28日 城恵理子 (発表なし) 久代梨奈、武井紗良、山尾梨奈、古賀成美、本郷柚巴 大喜利コーナーでダイアン西澤がみぃーき(鵜野)の名前をネタに使った回答を連発する。
21 8月4日 黒川葉月 堀詩音 村中有基、安田桃寧、安藤愛璃菜、西仲七海、本郷柚巴 ドラフト2期生が揃って出演したが、若いメンバー同士が生放送中に口げんかを始めたり、

ダイアン津田が「なーみ」(西仲)を「みぃーき」と(ネタではなく)本気で呼び間違えるなどこれまでで最も混乱した回となった。

終始挙動不審だった堀がMGP受賞[14]

22 9月1日 古賀成美 石田優美 植村梓、松村芽久未、明石奈津子、石塚朱莉 古賀に足がくさいと言われたため石田が受賞[15]。(石田は古賀の足の方がくさいと反論した)
23 9月8日 林萌々香 磯佳奈江 川上千尋、内木志、日下このみ、大段舞依 内木が普段しない謎の中国拳法のポーズを連発したが、ダイアン西澤には不評だった。
24 9月29日 植田碧麗 植田碧麗 久代梨奈☆、井尻晏菜☆、武井紗良、中野麗来、黒川葉月 植田がNMB48卒業前最後の出演[16]
25 10月6日 加藤夕夏 本郷柚巴 石田優美、城恵理子、西澤瑠莉奈、西仲七海 大喜利コーナーで積極的に発言したり全力でモノマネをした本郷の頑張りに対してMGPが贈られた[17]
26 10月20日 鵜野みずき 鵜野みずき 植村梓、大段舞依、林萌々香、中野麗来、森田彩花 この回すべてが鵜野にまつわるコーナーである「みぃーきスペシャル」が行われた[18]
27 11月17日 堀詩音 武井紗良 久代梨奈、明石奈津子、石塚朱莉、古賀成美 武井が昔「氷の武井」と呼ばれていたという話から、MGPのニックネームとして改めて贈られた。
28 11月24日 磯佳奈江☆ 磯佳奈江 山尾梨奈☆、林萌々香、井尻晏菜、上枝恵美加、中野麗来 3代目イス取り女王に磯。この回全体で活躍した磯がMGP受賞。
29 12月1日 黒川葉月 黒川葉月 日下このみ、久代梨奈、井尻晏菜、上枝恵美加、石塚朱莉 黒川がNMB48卒業前最後の出演[19][20]
30 12月15日 石田優美 磯佳奈江 城恵理子、武井紗良、堀詩音、本郷柚巴 ダイアンの代わりにギャロップが司会[21]大喜利コーナーで磯が挙手してもあてられなかったことを申し訳なく感じ、MGHP[注 13]が贈られた。

夕方NMB48 (2017年)[編集]

名前の末尾に☆があるメンバーは同じ日に放送の『夜方NMB48』にも出演。

放送日 アシスタント MGP受賞者 他の出演メンバー 備考
31 1月12日 薮下柊 鵜野みずき 太田夢莉、堀詩音、山尾梨奈、安藤愛璃菜 薮下が夕方NMB48初登場&NMB48卒業前最後の出演。
32 1月26日 内木志☆ 川上千尋 植村梓☆、古賀成美、松村芽久未、安田桃寧
33 2月9日 日下このみ 梅山恋和 林萌々香、石塚朱莉、久代梨奈、水田詩織
34 2月23日 渋谷凪咲 藤江れいな 明石奈津子、石田優美、西澤瑠莉奈、中野麗来、村中有基 公式で中野と間違って掲載された藤江が急遽追加出演[22]。その為、いつもより一人多い。

「KANSAI白書」の告知に訪れた太田奈緒、永野芹佳(AKB48 チーム8)がゲスト参加[23]

35 3月9日 須藤凜々花 須藤凜々花 城恵理子、古賀成美、井尻晏菜、山尾梨奈、溝川実来 足つぼ縄跳びで須藤の靴下が破れているのが発見されるハプニング。

4代目イス取り女王に溝川。

36 3月23日 磯佳奈江 大段舞依 林萌々香☆、武井紗良、鵜野みずき、堀詩音 3月14日がダイアン西澤の誕生日のため、全編「西澤生誕祭」が行われた。
37 4月6日 堀詩音 堀詩音 西仲七海、本郷柚巴、安藤愛璃菜、安田桃寧、村中有基 ドラフト2期生回(第21回)の「リベンジ」が行われた。
38 4月20日 山尾梨奈 山本彩加 明石奈津子、石田優美、武井紗良、山田寿々
39 5月4日 内木志 堀詩音 古賀成美、日下このみ、林萌々香、山本彩加
40 5月18日 久代梨奈 城恵理子 植村梓、松村芽久未、梅山恋和、上西怜 5月27日がダイアン津田の誕生日のため「津田さん!私を推しメンにどうですか?SP」と題し、

全編津田にまつわるコーナーが行われた。

41 6月1日 渋谷凪咲☆ 加藤夕夏☆

鵜野みずき

日下このみ、上枝恵美加、安田桃寧 鵜野が全コーナーでボケ続けダイアン両名に「作家付いてる!?」、

「(一人だけ)リハしてるやろ!」と怒涛のツッコミを受ける。

「クイズ!私の数字はなんでしょう?」に至ってはコーナー出禁を言い渡されてしまった。

総選挙速報の順位差ネタのためMGPが加藤&鵜野の二名となった。

42 6月15日 山尾梨奈 川上千尋 西仲七海、村中有基、井尻晏菜、城恵理子 西仲&村中の卒業に伴い「ラストダンス スペシャル!」と題し、

二人を特集したコーナーが多く展開された。

43 6月29日 植村梓 武井紗良 林萌々香、石塚朱莉、日下このみ、明石奈津子 舞台で4か月ぶりの登場となった石塚の「謹慎してました~」というネタに、

ダイアン津田が「微妙な時期にいらんこと言うな~」と優しくツッコミ笑いを生む。

44 7月13日 井尻晏菜 磯佳奈江☆ 上枝恵美加☆、石塚朱莉、加藤夕夏、安田桃寧 上枝卒業に伴い「上枝チルドレン スペシャル」と題し、

上枝ゆかりのメンバーが集められた。

45 7月27日 内木志 古賀成美 堀詩音、上西怜、森田彩花、山尾梨奈
46 8月10日 大段舞依 明石奈津子 鵜野みずき、石田優美、西澤瑠莉奈、林萌々香
47 8月24日 山尾梨奈☆ 溝川実来 本郷柚巴、山本彩加、梅山恋和、中川美音 山尾+中学生メンバーが集められ「ちびっこ大集合スペシャル」が実施
若いメンバーが集まったとき恒例のカオスな回となった。
5代目イス取り女王に山本。
足を嗅ぐ流れで溝川・梅山の靴下に穴が空いているのが発見されるハプニング。
48 9月7日 磯佳奈江 安田桃寧 川上千尋、堀詩音☆、山田寿々、小嶋花梨
49 9月21日 加藤夕夏 岩田桃夏 武井紗良、植村梓、堀詩音、清水里香 5期生では最後となる岩田&清水の二人が初出演。
しかし岩田はダイアン津田に愛称の「ももるん」を「もるるん」と、
何度も呼び間違えられてしまった。
50 10月5日

夜方NMB48[編集]

出演はNMBメンバーのみ。名前の末尾に☆があるメンバーは同じ日に放送の『夕方NMB48』にも出演。

放送日 司会 他の出演メンバー 備考
1 2016年9月29日 村瀬紗英 久代梨奈☆、井尻晏菜☆、沖田彩華、川上礼奈、薮下柊 沖田の謎のダンスは他のメンバーには不評だったが観覧客には「かわいい」と好評だった。
2 2016年11月24日 山尾梨奈☆ 磯佳奈江☆、東由樹、古賀成美、三田麻央、石塚朱莉 写真撮影対決で石塚は三田をモデルに撮影したが、内緒で山尾を撮影した写真の方が観覧客には好評だった。
3 2017年1月26日 植村梓☆ 内木志☆、東由樹、矢倉楓子、谷川愛梨、山口夕輝
4 2017年3月23日 須藤凜々花 林萌々香☆、古賀成美、川上礼奈、川上千尋、上西恵
5 2017年4月20日 三田麻央 大段舞依、川上礼奈、上枝恵美加、井尻晏菜、磯佳奈江
6 2017年6月1日 渋谷凪咲☆ 吉田朱里、石田優美、林萌々香、加藤夕夏☆、川上千尋 渋谷が毎朝行っている「行ってらっしゃいなぎちゃん」のコンテストが行われ、

優勝した加藤のネタが生放送の翌日、実際に渋谷のTwitterでツイートされた[24]

7 2017年7月13日 村瀬紗英 上枝恵美加☆、沖田彩華、大段舞依、磯佳奈江☆、武井紗良 上枝卒業に伴い上枝にまつわるコーナーが多く展開された。
8 2017年8月24日 植村梓 城恵理子、谷川愛梨、矢倉楓子、山尾梨奈☆、武井紗良
9 2017年9月7日 三田麻央 木下百花、東由樹、谷川愛梨、古賀成美、堀詩音☆ 木下卒業に伴い木下にまつわるコーナーが多く展開された。

脚注[編集]

[ヘルプ]

注釈[編集]

  1. ^ 第21回、第34回は7名が出演
  2. ^ 第22回の観覧客の1人が「ダイアンはいつまで鵜野みずきに頼るのか?」といったメッセージボードを掲げていたため。このメッセージは誤りでダイアンはうまく鵜野を活かしていたのであったが、この回以降ダイアンは鵜野の話題をあまりしなくなった。
  3. ^ 第32回にダイアンにまつわるクイズのコーナーで「西澤の推しメンは誰?」という問題の正解が磯であった。
  4. ^ 「アイスのふたをなめていそうランキング」で1位に選ばれたが実際にはなめないと石塚本人は否定した。
  5. ^ 第15回での津田への寄せ書きに「番組楽しかったです。また呼んでください。」と書かれていたが、それに対し津田は「呼びません。みぃーきは出入り禁止です。」と言った。これは冗談で言った為[5]
  6. ^ 太田夢莉は「照れくさい」という理由で初出演の第5回以外は名前のみの自己紹介になっている。
  7. ^ 第3回はスマイル、第26回は鵜野みずき、第29回は黒川葉月のグッズが贈られた。
  8. ^ アシスタントが川上千尋の場合は「ちっひーカード」。
  9. ^ ダイアン津田のギャグ。
  10. ^ 放送日の同時間帯に以前からあった「Doll☆Elements」の番組「君に○○やらせたい!」(2016年12月まで)の放送がある場合、そちらが優先され、『夜方NMB48』の放送は行われない。
  11. ^ Kawaiian TVでのNMB48の生放送番組はNMB48劇場公演が行われている時間帯の放送はあまりない。(NMB48 LIVE!! ON DEMAND契約者に対しての配慮)
  12. ^ 2016年2月11日の第8回、2017年5月4日の第39回は祝日の放送であった為、満席となった。平日では2017年1月12日の第31回[7]、2017年2月23日の第34回に満席。
  13. ^ 第30回はMGHP(モスト・ギャロップ・ハヤシ・プレイヤー)

出典[編集]

  1. ^ KawaiianTV改編で、さらにNMB48、大阪☆春夏秋冬、SO.ON projectの新番組がスタート!! - リアルライブ
  2. ^ KawaiianTV公演検索結果
  3. ^ KawaiianTVのツイート (773854895967309825)
  4. ^ 有吉反省会 (2016年2月27日放送回) の番組概要ページ - gooテレビ番組
  5. ^ KawaiianTVのツイート (744715404044435456)
  6. ^ KawaiianTVのツイート (779170937195237378)
  7. ^ KawaiianTVのツイート (819508084250841088)
  8. ^ KawaiianTV 2016年4月18日のツイート
  9. ^ KawaiianTV 2016年5月19日のツイート - 第15回放送終了後
  10. ^ KawaiianTV 2016年12月13日のツイート - 第30回放送告知
  11. ^ KawaiianTV 2016年6月9日のツイート - 第17回放送終了後
  12. ^ KawaiianTVのツイート (748480230830968833)
  13. ^ KawaiianTVのツイート (751057073694076928)
  14. ^ KawaiianTV 2016年8月4日のツイート - 第21回放送終了後
  15. ^ 石田優美 2016年9月1日のツイート - 第22回放送終了後
  16. ^ KawaiianTV 2016年9月26日のツイート - 第24回放送告知
  17. ^ KawaiianTV 2016年10月6日のツイート - 第25回放送終了後
  18. ^ KawaiianTV 2016年10月14日のツイート - 第26回放送告知
  19. ^ KawaiianTV 2016年11月27日のツイート - 第29回放送告知
  20. ^ KawaiianTV 2016年12月1日のツイート - 第29回放送終了後
  21. ^ KawaiianTV 2016年12月13日のツイート - 第30回放送告知
  22. ^ KawaiianTV 2017年2月16日のツイート - 第34回放送告知
  23. ^ 2月23(木)放送のKawaiianTV「夕方NMB48」に永野芹佳、太田奈緒がゲスト出演! - AKB48チーム8 公式サイト-ニュース-
  24. ^ 渋谷凪咲 2017年6月2日のツイート

外部リンク[編集]