藤崎マーケット

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
藤崎マーケット
FUJISAKI MARKET
メンバー 田崎佑一
トキ
結成年 2005年
事務所 よしもとクリエイティブ・エージェンシー
活動時期 2005年 -
出身 NSC大阪校26期
出会い NSC
旧コンビ名 チーム有酸素倶楽部
現在の活動状況 テレビ・ライブなど
芸種 コント漫才など
ネタ作成者 両者
同期 天竺鼠
かまいたち
和牛
山名文和(アキナ
河井ゆずるアインシュタイン
バイク川崎バイク
守谷日和
受賞歴
2009年オールザッツ漫才優勝
2012年MBS漫才アワード優勝
2014年ytv漫才新人賞優勝
2017年歌ネタ王決定戦優勝
テンプレートを表示

藤崎マーケット(ふじさきマーケット)は、吉本興業よしもとクリエイティブ・エージェンシー)大阪本社所属のお笑いコンビ大阪NSC26期生

キャッチフレーズは「遊び心の棚卸し」。

メンバー[編集]

田崎 佑一(たさきゆういち、 (1981-01-29) 1981年1月29日(37歳) - )ツッコミ担当。 立ち位置は左。身長178cm、体重82kg。

  • 兵庫県神戸市北区出身。O型。
  • 神戸市立有野中学校卒業、神戸市立神港高等学校卒業。学生時代は生徒会長も務めた。宝塚造形芸術大学卒業。
  • 過去にお笑いコンビ「エージェント」として活動し、解散後はピン芸人「田崎ソムリエ佑一」と名乗っていた。
  • 父親は西宮市にある市立病院のレントゲン技師。母親は元看護師。妹は西宮にある保育所の保育士。
  • ジャグリングが得意で、ボーリングは100回連続ストライクの記録がある。
  • 2017年に5年間付き合っていた一般女性と結婚した。相方のトキには、自身の結婚と腎臓ガンであることを一緒に打ち明けた[1]。また挙式、披露宴が行われたとき、相方のトキは仮想通貨NEMの流出による財政難にあり、ご祝儀の代わりに花を描いた絵を渡した[注釈 1]

トキ (1984-12-06) 1984年12月6日(34歳) - )本名は藤原時(ふじわらとき)。旧芸名は'ネム'。ボケ担当。 立ち位置は右。身長180cm、体重70kg。

  • 大阪府寝屋川市出身。
  • 寝屋川市立第十中学校卒業、大阪府立城東工科高等学校卒業後、大阪NSC入学。
  • 中学、高校時代は野球部に所属。
  • 血液型はO型。
  • 兄が二人いる。
  • 天竺鼠の川原克己と仲がいい。
  • 2009年から将棋を習い始めた。
  • 過去に「藤原トキ」の名でピン芸人として活動していた。
  • ラララライ体操のブレイク時、劇場の自動販売機の近くに大量の小銭を置き、他の芸人に使わせるなど異様な行動をとっていた。
  • 2016年頃からピンネタとして「全自動マンドリルおばあちゃん」を披露している。田崎はこれについて快く思っていない。
  • かつては寝坊癖から遅刻を繰り返していたが、生活改善が功を奏し遅刻をしないようになった[2]
  • 全貯金を仮想通貨NEMに投資していたが、2018年1月にコインチェックによる流出の被害を受ける。その後、補償が発表され日本円となり返金された[3]
  • 流出の際には、睡眠不足となり両目の下にクマが出来た状態で憔悴していた。また残高6万円とPiTaPA(ピタパ)に入金されている6000円しか財産が残っていなかった[4]

芸風[編集]

漫才
  • 主に漫才を行っている。M-1グランプリでは2006年から4年連続で準決勝まで進出した実力派。
ラララライ体操
  • 白いヘアバンドに女性用のテニスウェア(タンクトップ)、黒の五分丈スパッツを着用。
  • 「みんなー、ラララライ体操、はーじめーるよー!」という台詞から始まり、※「ラララライ♪ラララライ♪」「○○でエクササーイズ♪ワン、ツー、スリー!」と言う掛け声で、いろんな場面においてのエクササイズをし、その後アカペラで「ライ!ライ!ライライライ!ラララライ♪ラララライ♪ラララライカラライカラ行け行けGO!GO!♪(※に戻る)」を何度か繰り返した後、最後は「ウゥゥゥゥゥ…ガシーン!」や「ウゥゥゥゥゥ…まったね〜」でしめる。
  • また、ネタによっては藤原が追い込まれた場面で体操を始めると、田崎が一旦止めて怒ると言うパターンもある(浮気発覚、取調べなど)。
  • 爆笑レッドカーペット』で一躍注目を浴びたネタ。初登場のときは観客の反応はよくなかったが、アンコール出演の際には一躍大歓声と変わった。
藤崎マーケットの細かいモノマネ
  • 「六本木のホテルアイビスの前で栗を売っている人」、「進研ゼミのDMのマンガでよくあるストーリー」などの細かいモノマネを披露する。
  • このネタで「オールザッツ漫才2009」で優勝を果たしたり、オンバト+において517KB記録するなどの好成績を上げている。
藤崎マーケットのディープ・キス
  • 単独公演のみで披露される幻のネタ。

エピソード[編集]

  • 2008年からは「ラララライ体操をやめ、漫才とコントを主流としていく」と雑誌のインタビューで語っている。ただ在京局のスタッフからは「お前らはラララライ体操だけやればいい」と叱責されたともいう[2]
  • 2008年11月、M-1グランプリの3回戦直前に田崎が左足首靭帯損傷。[5]直後の予選には出場し準決勝進出したが、同年12月に行う予定だった単独ライブが延期となった。
  • 一発屋と揶揄される一方で、M-1グランプリではラララライ体操を封印し漫才に徹して、2008年、2009年と2年連続で準決勝へ進出している。
  • それらにより、漫才や細かい物マネなど、ラララライ体操以外のネタの評価も向上しており、2009年のオールザッツ漫才のフットカットバトルにおいて、1回戦で150点満点中145点の高得点を出し、2回戦以降も100点越えの1位通過を繰り返し、圧倒的な強さで優勝を果たした。なお2007年、2008年はいずれもフットカットバトルは2回戦まで、いずれも1位で通過している。そして高校生200人が審査する「第10回MBS新世代漫才アワード」(毎日放送主催)で優勝し、賞金100万円獲得。過去に出場した賞レースを含め初の優勝。一発屋の汚名を返上した。
  • トキは経験者として安易にリズムネタに頼る若手芸人に警鐘を鳴らしており、過去に8.6秒バズーカーに対してもリズムネタの危険性と依存性について忠告していた。その一方で自身を押し上げたラララライ体操に対する愛着もあり、ラララライ体操を続けるとも宣言している。[6]
  • 2015年、キングオブコントの決勝に初めて進出。ファーストステージを4位で通過しファイナルステージ進出(総合順位は5位)。
  • 2017年、田崎が腎臓ガンであることが発覚。田崎は心配をかけぬよう、M-1グランプリの準々決勝が終わるまで藤原にそのことを知らせずにいた。同年11月、摘出手術を受けて回復、仕事にも復帰した[7]

芸歴[編集]

受賞歴[編集]

出演[編集]

テレビ番組[編集]

ドラマ
バラエティ(準レギュラー以上のみ)


ラジオ番組[編集]

ネット配信番組[編集]

  • 藤崎マーケットの人狼ナイト(SHOWROOM、2018年5月 - )

CM[編集]

単独ライブ[編集]

  • 2007年
    • 10月10日 - 「藤原と田崎」〜レッドカーペットから火がつきましてん〜(baseよしもと/大阪)
  • 2008年
    • 1月21日 - 「日本の経済動向」(baseよしもと/大阪)
    • 8月24日 - 「激熱マーケット」(baseよしもと/大阪)
  • 2009年
    • 2月14日 - 「帰ってきた!お歳暮マーケット」(baseよしもと/大阪)
    • 5月17日 - 「ゴールデンマーケット」(baseよしもと/大阪)
    • 10月9日 - 「紅葉マーケット」(baseよしもと/大阪)
  • 2014年
    • 6月14日 - 「ジューンマーケット ~復讐者とバズの幻のウェイクボード~」(5upよしもと/大阪)
    • 9月22日 - 「オータムマーケット ~アナゴメソッドの手編みのタンクトップ~」(5upよしもと/大阪)
  • 2015年
    • 5月26日 - 「五月晴れマーケット」(大丸心斎橋劇場/大阪)
    • 7月28日 - 「打ち上げ花火マーケット」(大丸心斎橋劇場/大阪)
  • 2016年
    • 1月11日 - 「藤崎マーケット結成10周年単独ライブ『OSAKA SWEET 10 MARKET』」(大丸心斎橋劇場/大阪)
    • 4月30日 - 「OSAKA 30 FOOLS MARKET」(大丸心斎橋劇場/大阪)
    • 7月31日 - 「藤崎マーケットNGK初単独ライブ『OSAKA GRAND THE MARKET』」(なんばグランド花月/大阪)
  • 2017年
    • 1月8日 - 「TOKYO LUMINE THE MARKET」(ルミネtheよしもと/東京)
    • 7月30日 - 「フジサキタンドク」(なんばグランド花月/大阪)

その他[編集]

CD[編集]

脚注[編集]

注釈[編集]

  1. ^ メッセンジャーの○○は大丈夫なのか?に出演したときの藤崎マーケット・田崎の発言より。

出典[編集]

外部リンク[編集]