田中明日菜

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
田中 明日菜 Football pictogram.svg
名前
愛称 あっすー、あすく[1]
カタカナ タナカ アスナ
ラテン文字 TANAKA Asuna
基本情報
国籍 日本の旗 日本
生年月日 1988年4月23日(25歳)
出身地 大阪府堺市
身長 164cm
体重 52kg
選手情報
在籍チーム 1.FFCフランクフルト
ポジション MF
背番号 24
ユース



2004-2006
サウスフリーウインドFC
御池台フットボールクラブ
ラガッツァFC高槻スペランツァ
常盤木学園高校
クラブ1
クラブ 出場 (得点)
2007-2008
2009-2013
2013-
TASAKIペルーレFC
INAC神戸レオネッサ
1.FFCフランクフルト
32 (2)
80 (15)
代表歴2
2011- 日本の旗 日本 29 (3)
1. 国内リーグ戦に限る。2013年5月18日現在。
2. 2014年3月7日現在。
テンプレート(ノート 解説)サッカー選手pj

田中 明日菜(たなか あすな、1988年4月23日 - )は、大阪府堺市出身の女子サッカー選手。1.FFCフランクフルト所属。ポジションはミッドフィールダーディフェンダーNMB48の渋谷凪咲はいとこ。

経歴

スペランツァFC大阪高槻の下部組織であるラガッツァFC高槻スペランツァを経て、常盤木学園高校に入学。2006年には全日本女子ユース (U-18)サッカー選手権大会で優勝を経験した。

2007年、高校卒業後TASAKIペルーレFCに入団。リーグ開幕戦で初出場を果たすなど、初年度から13試合に出場した。

2008年U-20女子ワールドカップに出場。初戦のカナダ戦で得点を挙げるとともに、全試合にフル出場を果たし、ベスト8進出に貢献した[2]

2009年、TASAKIペルーレFCの廃部に伴い、同じ神戸市に本拠地を置くINAC神戸レオネッサに移籍した[3]2010年には全日本女子サッカー選手権大会でクラブの初タイトル獲得に貢献した。

2011年なでしこジャパンに初招集された[4]アルガルベ・カップフィンランド戦で代表デビューを果たし[5]2011 FIFA女子ワールドカップのメンバーに入り、グループリー初戦のニュージーランド戦に後半44分途中出場した。2011年9月1日ロンドンオリンピック女子サッカーアジア最終予選初戦のタイ戦で先発出場し、後半30分に代表初ゴールを挙げた[6]。なでしこリーグでは、主にセンターバックとしてプレー、チームのリーグ初優勝に貢献し自身初のベストイレブンに選出された。

2013年6月12日1.FFCフランクフルトへの移籍が発表された[7]。契約期間は2013年7月1日から2年間[8]

個人成績

国内大会個人成績
年度 クラブ 背番号 リーグ リーグ戦 リーグ杯 オープン杯 期間通算
出場 得点 出場 得点 出場 得点 出場 得点
日本 リーグ戦 リーグ杯 皇后杯 期間通算
2005 常盤木学園高校 7 - - - 1 1 1 1
2006 - - 1 1 1 1
2007 TASAKIペルーレFC 18 なでしこ Div.1 13 0 3 0 3 0 19 0
2008 19 2 - 3 0 22 2
2009 INAC神戸レオネッサ 18 19 4 - 3 1 22 5
2010 8 なでしこ 18 5 5 1 4 2 27 8
2011 4 16 4 - 4 1 20 5
2012 18 1 6 0 4 1 28 2
2013 9 1 3 0 - 12 1
通算 日本 1部 112 17 17 1 21 5 150 23
日本 その他 - - 2 2 2 2
総通算 112 17 17 1 23 7 152 25

タイトル

クラブ

常盤木学園高等学校サッカー部
INAC神戸レオネッサ

代表

U-17日本女子代表
日本女子代表

個人

  • なでしこリーグベストイレブン:2回(2011年、2012年)

代表歴

選出歴等

試合数


日本代表 国際Aマッチ
出場 得点
2011 6 2
2012 13 1
2013 9 0
2014 1 0
通算 29 3

(2014年3月7日現在)

ゴール

# 開催年月日 開催地 対戦国 勝敗 試合概要
1. 2011年9月1日 中華人民共和国の旗 済南 タイの旗 タイ ○ 3-0 ロンドンオリンピックアジア最終予選
2. 2011年9月11日 中華人民共和国の旗 中国 ○ 1-0
3. 2012年3月7日 ポルトガルの旗 ファロ ドイツの旗 ドイツ ● 3-4 アルガルヴェ・カップ2012

脚注

外部リンク