JFA 全日本U-18女子サッカー選手権大会

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
Jump to navigation Jump to search
JOCジュニアオリンピックカップ
全日本女子ユース(U-18)サッカー選手権大会
決勝が開催されるJ-GREEN堺S1メインフィールド
開始年 1997年
主催 日本サッカー協会
参加チーム数 16
前回優勝 ジェフユナイテッド市原・千葉レディースU-18(初優勝)
最多優勝 日テレ・メニーナ(7回)[1]
サイト 公式サイト
テンプレートを表示

JFA 全日本U-18女子サッカー選手権大会(ジェイエフエイぜんにほんアンダーエイティーンじょしサッカーせんしゅけんたいかい)は、財団法人日本サッカー協会が主催する18歳以下のチームによる女子サッカー大会である。JOCジュニアオリンピックカップの一環として行われている。

概要[編集]

1997年全日本女子ユースサッカー選手権大会(ぜんにほんじょしユースサッカーせんしゅけんたいかい)として第1回大会が開催された。当初は都道府県選抜チームによる対抗戦であったが、第9回大会より単独チームによる大会となった。

各年の国民体育大会開催都道府県にて、国体開催の翌年に開催される[2]

2012年大会より、全日本高等学校女子サッカー選手権大会の開催時期が1月に変更されることに[3]伴い、大会名を「全日本女子ユース (U-18)サッカー選手権大会」から「全日本女子ユースサッカー選手権大会」に変更したが、2014年に戻した。

2017年11月1日に日本サッカー協会 (JFA) が発表した「JFAブランディング」の一環としてJFA主催の2018年以降全ての大会名称に "JFA" の文字を加えること、全ての育成年代の大会表記を「全日本U-○○大会」に統一すること[4]から、現在の大会名となっている。

参加資格は18歳以下で、高校・大学チームの選手は参加不可となった。尚、開催地も前年度の国民体育大会開催都道府県より大阪府堺市J-GREEN堺となる[5]

出場枠[編集]

2017年度の出場16チームは以下の通り、()内は前年比。

  • 北海道:1
  • 東北:1
  • 関東:3(-1)
  • 北信越:1
  • 東海:2(+1)
  • 関西:2
  • 中国:1
  • 四国:1
  • 九州:2
  • 前回大会の優勝・準優勝の所属地域より各1チーム

結果[編集]

年度 優勝 結果 準優勝 開催地
1 1997年 埼玉県選抜 静岡県選抜
2 1998年 湘南女子 大阪府選抜
3 1999年 NTVメニーナ 静岡県選抜
4 2000年 兵庫県選抜 3 - 1 栃木県選抜
5 2001年 東京都選抜 7 - 1 宮城県選抜
6 2002年 東京都選抜 2 - 1 静岡県選抜
7 2003年 静岡県選抜 0 - 0 aet
(PK 5 - 4)
大阪府選抜 高知
8 2004年 静岡県選抜 2 - 1 大阪府選抜 静岡
9 2005年 日テレ・メニーナ 2 - 0 神村学園 埼玉
10 2006年 常盤木学園 3 - 1 神村学園 岡山
11 2007年 常盤木学園 2 - 1 日テレ・メニーナ 兵庫
12 2008年 常盤木学園 2 - 0 浦和レッズジュニアユースレディース 宮崎
13 2009年 浦和レッズジュニアユースレディース 1 - 0 常盤木学園 大分
14 2010年 日テレ・メニーナ 1 - 0 藤枝順心 熊本
15 2011年 日テレ・メニーナ 1 - 0 aet 常盤木学園 千葉
16 2012年 日テレ・メニーナ 4 - 1 ジェフ千葉レディースU-18 堺市
17 2013年 日テレ・メニーナ 4 - 0 浦和レッズレディースユース
18 2014年 日テレ・メニーナ 5 - 2 浦和レッズレディースユース
19 2015年 セレッソ大阪堺ガールズ 0 - 0
(PK 5 - 4)
日テレ・メニーナ
20 2016年 セレッソ大阪堺ガールズ 4 - 0 浦和レッズレディースユース
21 2017年 ジェフ千葉レディースU-18 1 - 0 セレッソ大阪堺ガールズ

チーム別成績[編集]

チーム名 優勝年度 準優勝年度
日テレ・メニーナ1 7 2 1999,2005,2010,2011,2012,2013,2014 2007,2015
常盤木学園 3 2 2006,2007,2008 2009,2011
静岡県選抜 2 3 2003,2004 1997,1999,2002
セレッソ大阪堺ガールズ 2 1 2015,2016 2017
東京都選抜 2 0 2001,2002
浦和レッズレディースユース2 1 4 2009 2008,2013,2014,2016
ジェフ千葉レディースU-18 1 1 2017 2012
埼玉県選抜 1 0 1997
湘南学院 1 0 1998
兵庫県選抜 1 0 2000
大阪府選抜 0 3 1998,2003,2004
神村学園 0 2 2005,2006
栃木県選抜 0 1 2000
宮城県選抜 0 1 2001
藤枝順心 0 1 2010

1NTVメニーナ時代を含む。 2浦和レッズジュニアユースレディース時代を含む。

得点王[編集]

選手名(学年) 得点数 試合数 所属校 成績 進路
13 瀬口七海(2年) 7 3 日ノ本学園 グループD 2位 早稲田大学
14 梅木絢(3年) 7 3 神村学園 グループB 2位 広島大学
15 川原奈央(2年) 10 4 日ノ本学園 4位 早稲田大学
選手名(年齢) 得点数 試合数 所属チーム 成績 進路
16 鳥海由佳(16歳)
長谷川唯(15歳)
6 4 日テレ・メニーナ 優勝 日テレ・ベレーザ
17 籾木結花(17歳) 13 4 日テレ・メニーナ 優勝 日テレ・ベレーザ
18 安齋結花(18歳) 7 4 ジェフユナイテッド市原
・千葉レディースU-18
3位 ジェフユナイテッド市原
・千葉レディース
19 植木理子(16歳) 7 4 日テレ・メニーナ 準優勝 日テレ・ベレーザ
20 宝田沙織(17歳) 11 4 セレッソ大阪堺ガールズ 優勝 セレッソ大阪堺レディース
21 植木理子(18歳) 5 4 日テレ・メニーナ 3位 日テレ・ベレーザ

脚注[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ NTVメニーナ時代を含む。
  2. ^ ただし2008年度大会は秋田県での、2010年度大会は新潟県ではなく、宮崎県および熊本県で代替開催された。
  3. ^ “第21回全日本高等学校女子サッカー選手権大会 大会概要 ~今年度より冬開催が決定~”. JFA. (2012年9月27日). http://www.jfa.or.jp/match/topics/2012/92.html 2012年12月9日閲覧。 
  4. ^ JFAブランディング概要資料 (PDF) - 日本サッカー協会、2018年1月3日閲覧。
  5. ^ “JOCジュニアオリンピックカップ 第16回全日本女子ユースサッカー選手権大会”. JFA. (2012年12月3日). http://www.jfa.or.jp/match/matches/2013/0107joc_cup_u22_w/info.html 2012年12月9日閲覧。 

関連項目[編集]

外部リンク[編集]