日本フットサル連盟

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
日本フットサル連盟
Japan Futsal Fedaration
JFAハウス(東京都文京区サッカー通り)
JFAハウス(東京都文京区サッカー通り)
団体種類 一般財団法人[1]
設立 1977年
所在地 東京都文京区本郷3-10-15
JFAハウス7F(財)日本サッカー協会内[1]
法人番号 8010005015191
主要人物 会長 小倉純二
活動地域 日本の旗 日本
活動内容 フットサル競技の統括
ウェブサイト www.jff-futsal.or.jp
テンプレートを表示

一般財団法人 日本フットサル連盟(にほんフットサルれんめい、Japan Futsal Federation)は、日本サッカー協会 (JFA) とともに日本におけるフットサルを統括するJFA傘下の組織である。1977年に日本ミニサッカー連盟として設立され、1995年に現在の名称になった。

歴史[編集]

1977年11月12日に日本サッカー協会の下部組織として日本ミニサッカー連盟として設立され、初代会長には竹腰重丸が就任した[2]

日本ミニサッカー連盟は1979年に第1回全国小学生総合ミニサッカー大会を開催した。これは5人制の室内サッカー(サロンフットボール)、6人制の屋外サッカー(ガーデンフットボール)、8人制のミニサッカーという3種類のサッカーを扱う大会だった[2]。この大会は10年続いた後、JFAに主催を移して全日本少年フットサル大会(バーモントカップ)として再出発した[2]。1985年からは主催大会として全日本ミニサッカー選手権大会という成年を対象とした大会が始まった。1996年にJFAの主催により全日本フットサル選手権大会が始まると、この大会は全国選抜フットサル大会に名称を変え、現在も行われている[2]

1985年にサロンフットボール(室内サッカー)の統括権をめぐって国際サロンフットボール連盟 (FIFUSA) と国際サッカー連盟 (FIFA) の間で対立が起きると、その国際紛争から距離をとるためにサロンフットボールを組織から切り離し、いずれ問題が解決した際には再度合体するという合意の上で、1988年6月に日本サロンフットボール協会を独立させた[2]。同協会のメンバーの多くはやがて連盟に復帰したが、ごく一部はその後も北海道だけで活動を続けている[2]

1990年代に入るとフットサルをとりまく環境は急速に整備されていった[2]。1994年7月にJFA内にフットサル委員会が設置された[2]。全国47都道府県のサッカー協会にもフットサル委員会が設置されていった[2]。FIFAによって1994年に室内5人制ミニサッカーの競技名が「フットサル」に統一された後、1995年4月に日本ミニサッカー連盟は日本フットサル連盟に改称された[3]

2007年、日本フットサル連盟の主催により、日本初の全国フットサルリーグとなるFリーグが始まった。

主な大会[編集]

主催大会[編集]

主管大会[編集]

後援大会[編集]

歴代会長[編集]

参考文献[編集]

  1. ^ a b c 一般財団法人日本フットサル連盟オフィシャルホームページ | プロフィール/役員紹介
  2. ^ a b c d e f g h i j k l m n 榮 隆男「フットサル 魅力あふれる21世紀のスポーツ」『最新 サッカー百科大事典』 大修館書店、402-403頁。
  3. ^ 沿革・歴史|JFA|日本サッカー協会

関連項目[編集]

外部リンク[編集]