ノジマステラ神奈川相模原

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
Jump to navigation Jump to search
ノジマステラ神奈川相模原
原語表記 ノジマステラ神奈川相模原
呼称 ノジマステラ神奈川相模原
愛称 ステラ
クラブカラー    赤、   [1]
創設年 2012年
所属リーグ 日本女子サッカーリーグ
所属ディビジョン 1部
ホームタウン 神奈川県相模原市[2]
ホームスタジアム Asamizopark-4.JPG 相模原ギオンスタジアムほか
収容人数 15300
監督 菅野将晃
公式サイト 公式サイト
テンプレート(ノート)サッカークラブPJ

ノジマステラ神奈川相模原(ノジマステラかながわさがみはら)とは、神奈川県相模原市をホームタウンとする女子サッカーチームである。

概要[編集]

相模原市に本店を置く(本社は横浜市)家電量販店ノジマ2012年に『ノジマステラ神奈川』として設立したチームである[3][4]。チーム設立時にはノジマが全額を拠出し、選手はプロ契約選手を除きノジマの社員として社業と並行してサッカー選手としての活動を行う[5]など、女子サッカー界では数少ない実業団チーム[注 1]ではあるが、クラブチームと同様にテレビ神奈川エポスカードなど他社のスポンサードも受けている。[注 2]監督兼GMには元TEPCOマリーゼ監督の菅野将晃を招聘し、コーチには同じくマリーゼ出身の三壁雄介とAC長野パルセイロレディース前監督の椚陽介が就任した。なお、チーム愛称である「ステラ(イタリア語で星)」という名は家電量販店ノジマのスローガン「デジタル一番星」にちなみ監督の菅野が名付けた。

ノジマステラは純然たる新規チームとして設立されたため、通常であれば日本女子サッカーリーグ加入には都道府県リーグの最下部(神奈川県の場合は3部)から昇格を繰り返す必要があったが、2012年のレギュレーションでは、オープントーナメントである皇后杯全日本女子サッカー選手権大会本大会出場権獲得の場合は、都道府県リーグ所属でも地域リーグを経ずに直接チャレンジリーグ(当時は日本女子サッカーリーグ2部相当)への参入戦へ出場できる[4]ことから、設立3年目でのなでしこリーグ(日本女子サッカーリーグ1部)入りを目指すとした[3][注 3]

2014年2月、チームの運営法人を、ノジマ本体から子会社の「株式会社ノジマステラスポーツクラブ」に移管した[6]。また、相模原市及び地域との連携強化のためチーム名を「ノジマステラ神奈川相模原」と改め、ホームタウンとした[7]。この連携強化に伴い、2014年3月7日に相模原市より「相模原市ホームタウンチーム」に認定された[8]。これはノジマ相模原ライズ三菱重工相模原ダイナボアーズSC相模原に続き4チーム目である。

沿革[編集]

2012年(神奈川県リーグ3部)[編集]

新設初年度である2012年伊賀FCくノ一からの移籍2名、ジェフユナイテッド市原・千葉レディースからの移籍1名を含む16人の選手で発足[3][5]した。神奈川県女子サッカーリーグ3部に参戦、対戦した全試合で5得点以上かつ無失点での勝利と他チームを圧倒して優勝する。

一方、昇格へ向けては第34回皇后杯に参加、10月8日に関東大会準決勝で勝利して皇后杯本大会への出場権とチャレンジリーグ入替戦予選大会への出場権を獲得[9]した。チャレンジリーグ入替戦予選大会では、組み合わせ抽選で唯一2連勝が必要となる[10]ものの、NGU名古屋FCレディース東海)とノルディーア北海道(北海道)を破り、チャレンジリーグ昇格を決めた[11]。なお、皇后杯本大会では3回戦まで進んだが、なでしこリーグの岡山湯郷Belleに敗れた。

2013年 - 2014年(旧:チャレンジリーグ)[編集]

2013年
初の全国リーグ参戦となった2年目、新戦力としてFW金城愛理、GK小林詩織が加入した。開幕戦で昇格候補筆頭だったASエルフェン狭山を下すと第1クールは6勝1分の快進撃を続けた。そのAS狭山には第8節でリーグ戦初黒星を喫したものの、10勝2敗2分の成績でAブロックとの対戦を終えた。夏場以降疲労や相手チームの研究もあり第17節でバニーズ京都SCと引き分けると、第19節・第20節で優勝争いをしていた常盤木学園高校スフィーダ世田谷FCに2戦続けて大敗したことが響き、最終順位は14勝4敗3分で常磐木高・AS狭山・S世田谷に次ぐ4位に終わった。
第35回皇后杯には関東予選を優勝して2年連続出場を果たしたが、初戦で日ノ本学園に敗れた。
シーズンオフを持って、MF片岡沙希、MF山根ひかりが現役を退いた(山根は社業専念、片岡は翌年南葛SCで現役復帰した)[12]
2014年
チーム名が変更になった3年目、新戦力としてDF瀬戸口菜、MF大宮玲央奈、FW南野亜里沙が加入した。開幕戦では南野のハットトリックでセレッソ大阪堺レディースに勝利したものの、その後ホームで3連敗を喫するなど第1クール4勝3敗と大きく出遅れた。交流戦となった第2クールを8戦全勝で乗り切り一時は自力優勝も復活したが、第21節のアンジュヴィオレ広島戦にホームで敗れ、最終節のスペランツァFC大阪高槻に引き分けたことで最終順位は16勝4敗2分の3位に終わった。リーグ表彰では南野亜里沙が新人賞を受賞した。
第36回皇后杯には予選免除で登場、初戦で作陽高校を、2回戦で大商学園高校を下したが、3回戦で浦和レッズレディースに敗れた。
シーズンオフを持って、GK南条真沙代が現役を退き、コーチ三壁雄介が退団(→名古屋経済大学女子サッカー部監督に就任)、FW金城愛理、FW齋藤春菜が南葛SCウイングスへ、MF西村温美が大和シルフィードに移籍した。

2015年 - 2016年(なでしこリーグ2部)[編集]

2015年
昨年の3位という成績を元になでしこリーグ2部として戦うこととなった4年目、新戦力としてDF石田みなみ、DF小林海青、DF平野優花、MF川島はるな、MF田中陽子、MF/FW権野貴子、FW工藤麻未、シーズン途中にGKリチャード・ジェネヴィーヴの8名が選手として、コーチしてFC吉備国際大学Charmeから遠藤省太が加入した。リーグ戦は終始優勝争いを繰り広げたものの、優勝したAC長野パルセイロに大差で3連敗したことが最後まで響き21勝5敗1分の2位で1部2部入替戦へと回った。入替戦は1部9位のスペランツァFC大阪高槻と対戦、結果は2試合合計で2-2(2-2,0-0)だったもののアウェーゴールの差で1部昇格を逃した[13]。リーグ表彰ではMF/FW権野貴子が新人賞を、チームがフェアプレー賞を受賞した。
第37回皇后杯は本戦2回戦から出場、3回戦でアルビレックス新潟レディースに善戦したが延長戦で敗れた。
第3クールを前にMF大宮玲央奈がAC長野パルセイロへ移籍、シーズンオフをもってDF後藤麻衣香、DF瀬戸口菜が引退、DF吉田彩香がノジマステラ神奈川相模原アヴェニーレコーチに就任、GK小林詩織が大和シルフィードへ、FW金井奈苗が愛媛FCレディースへ、FW古市美里はフットサルのBallena Blanca城北レディースへ移籍した。
2016年
ユニフォームデザインと在籍選手の背番号が変更となった5年目、新戦力としてGK田尻有美、DF和田奈央子、MF高木ひかり、MF正野可菜子、MF甲斐そらみ、FWミッシェル・パオの6人を獲得、ドゥーエ (U-18) 監督の福田あやが遠藤省太と入れ替わりトップチームコーチとなった[14]。チームは開幕から安定した守備力で勝ち点を積み上げ、リーグ中断まで首位を快走した。リーグ戦中断中に2部で初めて実施されたなでしこリーグカップも予選リーグを無敗で首位通過したが、準決勝でASハリマアルビオンにPK戦で敗退した。リーグ再開後は他チームからの研究されることで苦戦をしたが、10月8日になでしこリーグ2部優勝と2017年シーズンからのなでしこリーグ1部昇格が決まり[15]、最終的には14勝4分と無敗での優勝となった。リーグ表彰ではMF高木ひかりが新人賞、FW南野亜里沙とFWミッシェル・パオが11得点で得点王、MF尾山沙希が2部MVPとなった。また、2部所属ながらDF高木ひかりがなでしこジャパンに、FWミッシェル・パオが台湾女子代表に選出され、それぞれ公式戦出場も果たしている。
第38回皇后杯は本戦2回戦から出場し、3回戦で岡山湯郷ベル戦でなでしこリーグ1部チームから初めて公式戦で勝利したが、準々決勝でベガルタ仙台レディースに敗れた。
シーズンオフを持って、DF坂本珠梨が引退、DF寺田玲子とFW河原崎希が古巣である静岡産業大学磐田ボニータへ移籍することとなった。また、ドゥーエから初のトップ昇格者としてMF田中里穂が入団することが決まった。

2017年 - (なでしこリーグ1部)[編集]

2017年
悲願の昇格を果たした5年目、新戦力として昨年発表済のMF田中里穂の他、DF臼井理恵、DF國武愛美、FW北方沙映、DF池上菜央の4名を獲得した。また、昨年結婚したMF井上友利恵が登録名を是川友利恵に変更、副キャプテンにDF石田みなみ、MF吉見夏稀が就任した。2017年4月2日にホームで行われたなでしこリーグ1部第2節でAC長野パルセイロ・レディースを3-2で下し、なでしこリーグ1部での初勝利を記録した[16][17]。リーグ中断前は3勝4分3敗、また、なでしこリーグカップでも予選上位を維持していたが、他チームの研究とGKリチャード・ジェネヴィーヴのオリンピック・マルセイユへの移籍の影響で夏以降勝ち星に恵まれなかった。最終的にカップ戦は予選リーグ4位で敗退し、リーグ戦は3勝5分10敗の勝点14で9位のちふれASエルフェン埼玉と勝点で並ばれたものの得失点差では上回り、8位で1部残留となった。
第39回皇后杯では本選2回戦から出場、NGUラブリッジ名古屋、ちふれASエルフェン埼玉、早稲田大学、ジェフユナイテッド市原・千葉レディースを破り、決勝では日テレ・ベレーザに0-3で敗れたが準優勝となった。
シーズン中には先述のリーチャドの移籍の他、ドゥーエ所属のFW廣澤真穂が二種登録され、MF正野可菜子が横浜FCシーガルズに期限付き移籍(リーグ戦終了後復帰)した。またシーズンオフを持ってMF尾山沙希、DF長澤まどか、MF是川友利恵が引退、FW権野貴子がオルカ鴨川FCへ、MF甲斐そらみが群馬FCホワイトスターへ移籍、FWミッシェル・パオ、コーチの福田あや(→東京国際大学女子サッカー部監督)、GKコーチの椚陽介(→VONDS市原育成部統括部長)、ドゥーエ監督の遠藤省太(→ヴェルディ小山サッカースクールコーチ)が退団することとなった。
2018年
再びユニフォームデザインと在籍選手の背番号が変更となったシーズン6年目、創成期を支えた選手・スタッフが大きく入れ替わったこともあり、スローガンとして「変革」を掲げた。昨年中に発表されたDF/MF松原有紗、MF田中萌に加え、GK久野吹雪、FW/MF大野忍を獲得した。また、コーチとして福島ユナイテッドFCから江沢慶が、GKコーチとしてヴァンフォーレ甲府から吉本哲朗が、ドゥーエ監督として伊賀FCくノ一から野田朱美が加入した。2代目キャプテンにはチーム創設時からの唯一の選手となった吉見夏稀が、副キャプテンは石田みなみ・小林海青が就任した。

組織[編集]

体系[編集]

ノジマステラ神奈川相模原
トップチーム。なでしこリーグ1部(2018年度)参加。社会人(ノジマ社員)およびプロ契約選手により構成されている。
ノジマステラ神奈川相模原ドゥーエ
U-18(18歳以下)のチーム。2017年度は関東U-18サッカーリーグ(プリンセスリーグ)および神奈川県1部リーグに所属。
2016年以降、チャレンジリーグ(3部)への参入を目指している。
2012年12月セレクションを行い2013年「ノジマステラ神奈川U-15」として活動開始。2014年4月1日に現在の名称変更しU-18のチームとなる。
2013年 神奈川県3部リーグ優勝
2014年 神奈川県2部リーグ優勝、関東U-18サッカーリーグ7位
2015年 神奈川県1部リーグ5位、関東U-18サッカーリーグ5位、第14回神奈川県女子ユースサッカー選手権大会3位
2016年 神奈川県1部リーグ4位、関東U-18サッカーリーグ6位、第38回神奈川県女子サッカー選手権(皇后杯神奈川県予選)3位、第15回神奈川県女子ユースサッカー選手権大会優勝、第20回関東女子ユースサッカー選手権大会6位
2017年 神奈川県1部リーグ5位、関東U-18サッカーリーグ7位、第16回神奈川県女子ユースサッカー選手権大会優勝
監督:野田朱美
ノジマステラ神奈川相模原アヴェニーレ
U-15(15歳以下)のチーム。2017年度は関東女子U-15サッカーリーグ、および神奈川県2部リーグに所属。
2014年4月1日にU-15のチームとして創立した。
2014年 神奈川県3部リーグ優勝、相模原市リーグ優勝
2015年 U-15プレナスなでしこアカデミーカップ準優勝、神奈川県2部リーグ3位、神奈川県U-15リーグ1部優勝
2016年 第21回全日本女子ユース(U-15)サッカー選手権大会4位、関東女子U-15プレリーグ5位、神奈川県グループリーグ2位
2017年 第22回全日本女子ユース(U-15)サッカー選手権大会4位、U-15プレナスなでしこアカデミーカップ3位、関東女子U-15プレリーグ*位、神奈川県2部リーグ3位
監督:長谷川歩
12歳以下
ノジマステラU-12スクール2013年4月開校。現在はU-12、U-9、U-6が活動中。

成績[編集]

年度 リーグ チーム数 試合 勝点 勝利 引分 敗戦 順位 得点 失点 得失点差 リーグ杯 皇后杯 監督
2012 - 神奈川県3部 8 7 18 6 11 0 優勝 92 0 +92 3回戦 日本の旗 菅野将晃
2013 (25) チャレンジリーグ 16 22 48 15 3 4 4位 81 23 +58 1回戦
2014 (26) 16 22 50 16 2 4 3位 54 26 +28 3回戦
2015 (27) なでしこリーグ2部 10 27 64 21 1 5 2位 91 33 +58 3回戦
2016 (28) 10 18 46 14 4 0 優勝 47 6 +41 ベスト4 ベスト8
2017 (29) なでしこリーグ1部 10 18 14 3 5 10 8位 17 32 -15 予選敗退 準優勝
2018 (30) 10 18

1FCすすき野レディース戦の日程があわず没収試合(0対0の引分扱い)となった。さらに勝ち点を1剥奪されている。

本拠地[編集]

2017年度のホームゲームは全試合有料試合として相模原ギオンスタジアムで11試合、ニッパツ三ツ沢競技場[注 4]Shonan BMW スタジアム平塚でナイトゲーム[注 5]が1試合ずつ開催された。過去(なでしこリーグ2部昇格以降)には厚木市荻野運動公園競技場大和市営大和スポーツセンター競技場愛川町三増公園陸上競技場、町田市立陸上競技場でも開催された。試合開催時はメインスタンド左側をホームとしているため、相模原ギオンスタジアムではSC相模原と、町田市立陸上競技場ではFC町田ゼルビアとホームの位置が反対となっている。

チャレンジリーグ時代には、2013年に完成した「ノジマフットボールパーク(略称:NFP)」[18]をメインスタジアム兼練習場としていた。当所は相模原市南区新戸の昭和コンクリート工業相模工場の跡地をノジマが整備したもので、仮設スタンド付き人工芝グランド1面、人工芝フットサルコート1面を有する施設であり、アメリカンフットボールXリーグノジマ相模原ライズと共用している。現在も練習はNFPで行っている。

所属選手・スタッフ[編集]

2017年

スタッフ[編集]

役職 氏名 年齢 出身地 前職 備考
GM 日本の旗 菅野将晃 (1960-08-15) 1960年8月15日(57歳) 神奈川県 TEPCOマリーゼ 監督 GM兼監督
監督
コーチ 日本の旗 江澤 慶 (1979-04-12) 1979年4月12日(39歳) 東京都 福島ユナイテッドFC
GKコーチ 日本の旗 吉本哲朗 (1984-12-19) 1984年12月19日(33歳) 大阪府 ヴァンフォーレ甲府 監督U-12/U-15GKコーチ
トレーナー 日本の旗 熊谷一郎 (1980-11-17) 1980年11月17日(37歳) 埼玉県 富士大学サッカー部トレーナー

選手[編集]

Pos No. 選手名 年齢 出身地 前所属 役職 備考
GK 1 日本の旗 田尻有美 (1993-08-04) 1993年8月4日(24歳) 埼玉県 日本の旗 浦和レッズ・レディース
21 日本の旗 久野吹雪 (1989-12-27) 1989年12月27日(28歳) 神奈川県 日本の旗 伊賀FCくノ一 元U-17日本代表、なでしこジャパン
DF 2 日本の旗 和田奈央子 (1993-05-24) 1993年5月24日(25歳) 東京都 日本の旗 浦和レッズ・レディース U-17U-20日本代表
3 日本の旗 石田みなみ (1991-05-14) 1991年5月14日(27歳) 静岡県 日本の旗 ルクレMYFC 副キャプテン 元U-17日本代表
4 日本の旗 臼井理恵 (1989-12-28) 1989年12月28日(28歳) 東京都 日本の旗 浦和レッズ・レディース 元ユニバーシアード日本代表(2009/2011)、なでしこジャパン
5 日本の旗 國武愛美 (1997-01-10) 1997年1月10日(21歳) 熊本県 武蔵丘短期大学シエンシア 元U-17日本代表
6 日本の旗 平野優花 (1997-01-27) 1997年1月27日(21歳) 埼玉県 十文字高校
15 日本の旗 松原有沙 (1995-05-01) 1995年5月1日(23歳) 大阪府 早大サッカー部 元U-17・ユニバーシアード日本代表(2017)
17 日本の旗 小林海青 (1992-10-12) 1992年10月12日(25歳) 神奈川県 日本の旗 日テレ・ベレーザ 副キャプテン 元U-19・U-23日本代表
24 日本の旗 池上菜央 (1994-11-23) 1994年11月23日(23歳) 熊本県 東京国際大学
MF 7 日本の旗 川島はるな (1993-04-12) 1993年4月12日(25歳) 静岡県 日本の旗 ベガルタ仙台レディース 元U-16・U-17・U-19・U-20日本代表
8 日本の旗 田中陽子 (1993-07-30) 1993年7月30日(24歳) 山口県 日本の旗 INAC神戸レオネッサ 元U-17・U-20・U-23日本代表・なでしこジャパン
10 日本の旗 吉見夏稀キャプテン (1993-08-05) 1993年8月5日(24歳) 神奈川県 JFAアカデミー福島女子 キャプテン 元U-23日本代表・なでしこジャパン
14 日本の旗 田中萌 (1995-12-19) 1995年12月19日(22歳) 東京都 神奈川大学 元U-23日本代表
19 日本の旗 高木ひかり (1993-05-21) 1993年5月21日(25歳) 静岡県 早大サッカー部 元U-17・U-20・U-23・ユニバーシアード日本代表(2013/2015)・なでしこジャパン

なでしこリーグ2部新人賞(2016)

20 日本の旗 正野可菜子 (1994-02-06) 1994年2月6日(24歳) 大阪府 早大サッカー部
25 日本の旗 田中里穂 (1998-12-06) 1998年12月6日(19歳) 神奈川県 ノジマステラ神奈川相模原ドゥーエ 相模原市出身
FW 11 日本の旗 南野亜里沙 (1991-11-26) 1991年11月26日(26歳) 徳島県 関東学園大学 ユニバーシアード日本代表(2013)

なでしこリーグ2部新人賞(2014)・得点王(2016)

13 日本の旗 北方沙映 (1998-08-27) 1998年8月27日(19歳) 大阪府 岡山県作陽高校
18 日本の旗 工藤麻未 (1991-04-17) 1991年4月17日(27歳) 青森県 JAPANサッカーカレッジレディース
22 日本の旗 大野忍 (1984-01-23) 1984年1月23日(34歳) 神奈川県 日本の旗 INAC神戸レオネッサ 元なでしこジャパン

なでしこリーグMVP(2005,2007,2010)、得点王(2007,2008,2010,2011)

背番号変遷[編集]

2012年 -[編集]

No. 2012 2013 2014 2015 2016 2017 2018
1 南条真沙代 R・ジェネヴィーヴ 田尻有美
2 吉見夏稀 和田奈央子
3 後藤麻衣香 石田みなみ
4 寺田玲子 臼井理恵
5 吉田彩香 坂本珠梨 國武愛美
6 片岡沙希 瀬戸口菜 平野優花
7 西村温美 石田みなみ 川島はるな
8 坂本珠梨 田中陽子
9 尾山沙希
10 山根ひかり 大宮玲央奈 吉見夏稀
11 古市美里 南野亜里沙
12 サポーターズナンバー
13 河原﨑希 北方沙映
14 金井奈苗 権野貴子 田中萌
15 長澤まどか 松原有沙
16 井上友利恵→是川友利恵
17 齋藤春菜 小林海青
18 - 金城愛理 川島はるな 工藤麻未
19 - 南野亜里沙 高木ひかり
20 - 田中陽子 正野可菜子
21 - 小林詩織 田尻有美 久野吹雪
22 - 権野貴子 甲斐そらみ 大野忍
23 - 工藤麻未 M・パオ
24 - 平野優花 - 池上菜央
25 - 田中里穂
26 - 廣澤真穂

かつて在籍した選手[編集]

引退[編集]

Pos 氏名 退団シーズン 現在
MF 日本の旗 山根ひかり 2013年シーズン後
GK 日本の旗 南条真沙代 2014年シーズン後
DF 日本の旗 後藤麻衣香 2015年シーズン後
DF 日本の旗 吉田彩香 2015年シーズン後 ノジマステラ神奈川相模原アヴェニーレ(U-15)及びスクールコーチ
MF 日本の旗 瀬戸口菜 2015年シーズン後
DF 日本の旗 坂本珠梨 2016年シーズン後
DF 日本の旗 長澤まどか 2017年シーズン後
MF 日本の旗 尾山沙希 2017年シーズン後
MF 日本の旗 是川友利恵 2017年シーズン後
FW 中華民国の旗 ミッシェル・パオ 2017年シーズン後

移籍[編集]

Pos 氏名 退団シーズン 現在(最終在籍チーム)
MF 日本の旗 片岡沙希 2013年シーズン後 日本の旗 南葛SC WINGS
MF 日本の旗 西村温美 2014年シーズン後 日本の旗 大和シルフィード
FW 日本の旗 齋藤春菜 2014年シーズン後 日本の旗 群馬FCホワイトスター
DF 日本の旗 金城愛理 2014年シーズン後 日本の旗 琉球デイゴス
MF 日本の旗 大宮玲央奈 2015年シーズン中 日本の旗 AC長野パルセイロ・レディース
GK 日本の旗 小林詩織 2015年シーズン後 日本の旗 大和シルフィード
FW 日本の旗 金井奈苗 2015年シーズン後 日本の旗 愛媛FCレディース
FW 日本の旗 古市美里 2015年シーズン後 日本の旗 Ballena Blanca城北レディース(フットサル)
DF 日本の旗 寺田玲子 2016年シーズン後 日本の旗 静岡産業大学磐田ボニータ
FW 日本の旗 河原崎希 2016年シーズン後 日本の旗 静岡産業大学磐田ボニータ
GK カナダの旗 リチャード・ジェネヴィーヴ 2017年シーズン中 フランスの旗 オリンピック・マルセイユ
FW 日本の旗 権野貴子 2017年シーズン後 日本の旗 オルカ鴨川FC
MF 日本の旗 甲斐そらみ 2017年シーズン後 日本の旗 群馬FCホワイトスター

ユニフォーム[編集]

ユニフォームの色
カラー シャツ パンツ ストッキング
FP(1st) 赤×紺
FP(2nd) 白×紺
GK(1st)
GK(2nd) 水色 水色 水色
FP 1st
FP 2nd
GK 1st
GK 2nd

チームカラー[編集]

  •    赤、   

ユニフォームスポンサー[編集]

掲出箇所 スポンサー名 表記 備考
テレビ神奈川 tvk 2012-
エポスカード EPOS CARD 2016(2012-2015:背中)
ニフティ @nifty 2018-
大和証券 大和証券 2016-
パンツ エレコム ELECOM 2016-

ユニフォームサプライヤー[編集]

脚注[編集]

  1. ^ なでしこリーグ・チャレンジリーグには、2010年シーズンを最後に活動を休止したTEPCOマリーゼを最後に実業団チームが存在しない。
  2. ^ 同様のサッカーチームに、男子の三菱水島FC中国サッカーリーグ所属、三菱自動車工業水島製作所の実業団チーム)が挙げられる。
  3. ^ ただしチャレンジリーグ昇格初年度(2013年度)はなでしこリーグ準加盟資格を得られない規定であったため、最短昇格は4年目となる。
  4. ^ 町田市立陸上競技場での開催分が荒天延期となったため。
  5. ^ 相模原ギオンスタジアムは夜間照明が設定されていなかったため

出典[編集]

  1. ^ 「ノジマステラ」ユニデザイン画”. コンさるブログ(ノジマ公式ブログ) (2012年2月22日). 2012年11月4日閲覧。
  2. ^ チーム/選手”. ノジマステラ神奈川公式サイト. 2012年11月4日時点のオリジナルよりアーカイブ。2012年11月4日閲覧。
  3. ^ a b c ノジマ、「なでしこ」目指しサッカーチーム発足-相模川沿いに練習場新設”. 町田経済新聞 (2012年2月1日). 2012年11月4日閲覧。
  4. ^ a b ノジマが女子サッカー参入へ、本拠地は相模原有力”. 神奈川新聞 (2011年12月3日). 2012年11月4日閲覧。[リンク切れ]
  5. ^ a b 「ノジマステラ神奈川」創設、女子サッカーなでしこL目指し”. 神奈川新聞 (2012年2月2日). 2012年11月4日閲覧。
  6. ^ “子会社設立に関するお知らせ” (PDF) (プレスリリース), ノジマ, (2013年12月17日), http://www.nojima.co.jp/ir/docs/finance/2013121701.pdf 2014年1月6日閲覧。 
  7. ^ チーム名変更のお知らせ”. ノジマステラ神奈川相模原公式サイト (2014年1月29日). 2014年2月6日閲覧。
  8. ^ 市内4チーム目のホームタウンチーム誕生! がんばれ!ノジマステラ神奈川相模原!!”. 相模原市公式サイト (2014年3月8日). 2016年11月19日閲覧。
  9. ^ サッカー女子関東選手権:ノジマ決勝進出「なでしこ2部」入り条件満たす”. 神奈川新聞 (2012年10月9日). 2012年11月4日閲覧。
  10. ^ チャレンジリーグ入替戦予選大会”. コンさるブログ(ノジマ公式ブログ) (2012年10月23日). 2012年11月4日閲覧。
  11. ^ 2012年 チャレンジリーグ入替戦 日程・結果なでしこリーグ公式サイト.2017年4月28日閲覧。
  12. ^ マイナビ2016 (株)ノジマ - 最終更新日2015年1月9日
  13. ^ 経営難の大阪高槻、1部残留決定!アウェー得点で辛くも上回る - 2015年12月12日 スポーツニッポン
  14. ^ 「絶対優勝」ノジマステラ相模原、インカレ優勝メンバーら獲得 - 2016年2月3日 町田経済新聞
  15. ^ 【なでしこL2部】ノジマ初優勝!1部昇格決定! - 2016年10月8日 スポーツ報知
  16. ^ ステラ、1部で初勝利 ホーム開幕戦で新たな歴史タウンニュース.2017.4.6付、2017年4月28日閲覧。
  17. ^ 2017プレナスなでしこリーグ1部 第2節 公式記録【8】なでしこリーグ公式サイト.2017.4.2付、2017年4月28日閲覧。
  18. ^ ノジマステラ神奈川クラブハウス・練習場について - ノジマステラ神奈川公式サイト内2013年3月9日閲覧

外部リンク[編集]