半保護されたページ

スフィーダ世田谷FC

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動

スフィーダ世田谷FC
原語表記 スフィーダ世田谷FC[1]
呼称 スフィーダ世田谷FC
愛称 S世田谷
スフィーダ
クラブカラー     [1]
    [1]
創設年 2001年
所属リーグ 日本女子サッカーリーグ
所属ディビジョン なでしこリーグ1部
ホームタウン 東京都世田谷区[1]
ホームスタジアム 味の素フィールド西が丘
武蔵野市立武蔵野陸上競技場
AGFフィールド
収容人数 7,258(味フィ西)
5,192(武蔵野陸)
2,800(AGFフィ)
運営法人 特定非営利活動法人スフィーダ[1]
代表者 稲田能彦[1]
監督 日本の旗 川邊健一
公式サイト 公式サイト
テンプレート(ノート)サッカークラブPJ
特定非営利活動法人スフィーダ
NPO SFIDA
国籍 日本の旗 日本
格付 特定非営利活動法人
コード 2010905001791
専門分野 学術・文化・芸術・スポーツ、子どもの健全育成
設立日 2007年8月17日
代表者 古谷真一郎
主な事業 サッカークラブの運営、アカデミー部門の運営
郵便番号 157-0073
事務所 東京都世田谷区七丁目9番13号 グランシャリオ砧1F
座標
北緯35度38分11.3秒 東経139度36分26秒 / 北緯35.636472度 東経139.60722度 / 35.636472; 139.60722座標: 北緯35度38分11.3秒 東経139度36分26秒 / 北緯35.636472度 東経139.60722度 / 35.636472; 139.60722
外部リンク http://www.sfida.or.jp
テンプレートを表示

スフィーダ世田谷FC(スフィーダせたがやエフシー、SFIDA SETAGAYA FC)は、 東京都世田谷区をホームタウンとする日本女子サッカーリーグに所属する女子サッカークラブ[1]

「スフィーダ」 (SFIDA) とはイタリア語で「挑戦」という意味で、「『今の自分』に満足をすることなく、更なる高みに挑み続けられるチームであることを目標」に名付けられた[1]

概要

2001年、初代監督の川邊健一が地元の女子中学生に「サッカーを続けられる場所を提供したい」との思いから、女子サッカークラブを設立したのが始まりである。トップチームの他に下部養成組織やママさんチームも存在している[1]

2010年、なでしこチャレンジリーグ入れ替え戦で益城ルネサンス熊本フットボールクラブに勝利。これにより2011年は「なでしこチャレンジリーグEAST」へ参戦することとなった。

2012年3月、なでしこリーグ準加盟が認められた。

2013年シーズンは3位となり、なでしこリーグ9位のFC吉備国際大学Charmeとの入替戦に進出したが、なでしこリーグ昇格はならなかった。

2020年はなでしこリーグ2部は初優勝を果たした[2]

年度別成績・歴代監督

年度 リーグ 試合 勝点 順位 得点 失点 得失点差 リーグ杯 皇后杯 監督
2011 (23) チャレンジリーグEAST 15 27 8 3 4 3位 35 22 +13 - - 日本の旗 川邊健一
2012 (24) チャレンジリーグ 22 43 14 1 7 3位 59 37 +22 - -
2013 (25) 22 51 17 0 5 3位 86 28 +58 - 3回戦敗退
2014 (26) 22 38 11 5 6 6位 45 30 +15 - 2回戦敗退
2015 (27) なでしこリーグ2部 27 40 12 4 11 4位 45 40 +5 2回戦敗退
2016 (28) 18 23 6 5 7 5位 24 25 −1 グループリーグ敗退 3回戦敗退 日本の旗 川辺学
2017 (29) 18 23 6 5 7 6位 30 27 +3 グループリーグ敗退 2回戦敗退 日本の旗 川邊健一
2018 (30) 18 18 5 3 10 8位 20 28 -3 準優勝 2回戦敗退
2019 (31) 18 25 7 4 7 7位 22 19 +3 グループリーグ敗退 2回戦敗退
2020 (32) 18 37 11 4 3 優勝 34 18 +16 (中止)[3] 3回戦敗退

所属選手・スタッフ

2021年

選手

ポジション 背番号 選手名 生年月日 (年齢) 前所属 備考
GK 1 日本の旗 石野妃芽佳 (1997-01-06) 1997年1月6日(24歳) スフィーダ世田谷FCユース
21 日本の旗 岸星美 (1986-04-22) 1986年4月22日(34歳) ASハリマアルビオン
25 日本の旗 野村智美 (1995-04-10) 1995年4月10日(25歳) 慶應義塾体育会ソッカー部女子 主将
DF 2 日本の旗 根本彩夏 (1995-08-12) 1995年8月12日(25歳) 神奈川大学女子サッカー部
3 日本の旗 柏原美羽 (1999-01-28) 1999年1月28日(22歳) スフィーダ世田谷FCユース
4 日本の旗 戸田歩 (1998-04-02) 1998年4月2日(22歳) スフィーダ世田谷FCユース
5 日本の旗 渡辺瑞稀 (1994-09-07) 1994年9月7日(26歳) 国士舘大学女子サッカー部
16 日本の旗 奈良美沙季 (1992-04-22) 1992年4月22日(28歳) マイナビベガルタ仙台レディース 副将
MF 6 日本の旗 下山田志帆 (1994-12-25) 1994年12月25日(26歳) ドイツの旗 SVメッペンドイツ語版
11 日本の旗 長崎茜 (1994-09-08) 1994年9月8日(26歳) スフィーダ世田谷FCユース
13 日本の旗 金子ゆい (1996-04-14) 1996年4月14日(24歳) 山梨学院大学女子サッカー部
15 日本の旗 三本紗矢香 (1997-09-24) 1997年9月24日(23歳) 武蔵丘短期大学シエンシア 副将
17 日本の旗 竹島加奈子 (1995-12-18) 1995年12月18日(25歳) 伊賀FCくノ一三重 新加入
20 日本の旗 樫本芹菜 (1993-01-09) 1993年1月9日(28歳) マイナビベガルタ仙台レディース
24 日本の旗 白﨑暉 (2002-04-14) 2002年4月14日(18歳) スフィーダ世田谷FCユース 新加入
FW 7 日本の旗 中山さつき (1996-05-10) 1996年5月10日(24歳) 尚美学園大学女子サッカー部
8 日本の旗 熊谷汐華 (1996-05-24) 1996年5月24日(24歳) 早稲田大学ア式蹴球部女子
9 日本の旗 堀江美月 (1997-12-07) 1997年12月7日(23歳) 静岡産業大学磐田ボニータ
10 日本の旗 大竹麻友 (1997-01-30) 1997年1月30日(24歳) 帝京平成大学女子サッカー部 副将
14 日本の旗 瀧下まひる (2001-09-17) 2001年9月17日(19歳) スフィーダ世田谷FCユース
19 日本の旗 安田祐美乃 (1998-11-13) 1998年11月13日(22歳) スフィーダ世田谷FCユース
22 日本の旗 村上真生 (2000-03-22) 2000年3月22日(20歳) 武蔵丘短期大学シエンシア
23 日本の旗 伊藤綾花 (2000-10-10) 2000年10月10日(20歳) スフィーダ世田谷FCユース

スタッフ

役職 氏名 生年月日 (年齢) 前職 備考
監督 日本の旗 神川明彦 (1966-07-09) 1966年7月9日(54歳) 明治大学付属明治高等学校・中学校 監督 新任
コーチ 日本の旗 石田美穂子 (1982-06-19) 1982年6月19日(38歳) 東京国際大学女子サッカー部 コーチ
GKコーチ 日本の旗 廣瀬義貴 (1992-01-04) 1992年1月4日(29歳) SOCIOS.FCトップチーム コーチ兼U-15 監督
FCトレーロス GKコーチ
渋谷東部JFC U-8監督

過去所属していた選手

スタジアム

2020シーズンのホームゲームを開催するスタジアムは、味の素フィールド西が丘AGFフィールド武蔵野市立武蔵野陸上競技場である。過去には、駒沢オリンピック公園総合運動場陸上競技場世田谷区立大蔵運動公園陸上競技場江東区夢の島陸上競技場江戸川区陸上競技場、世田谷区と群馬県川場村の提携関係の縁で川場村スポーツ広場でも年1回試合が開催されていた。武蔵野市立武蔵野陸上競技場で開催の際は同地をホームとする東京武蔵野シティFCと提携、直近の同クラブのホームゲームで告知活動を行い、その試合の観戦者及び同クラブの後援会員を無料招待する。

ユニフォーム

ユニフォームの色
カラー シャツ パンツ ストッキング
FP(1st) グレー
FP(2nd) グレー
GK(1st) ピンク ピンク ピンク
GK(2nd) 水色 水色 水色
FP 1st
FP 2nd
GK 1st
GK 2nd

クラブカラー

  •      青、    

ユニフォームスポンサー

掲出箇所 スポンサー名 表記 掲出年 備考
サミット サミット 2017年 - 2017年はパンツ
鎖骨 トモズ +Tomod's 2018年 - 左側に表記
ブレイブ BRΛVE 2020年 - 右側に表記
背中上部 東邦ホールディングス 共創未来 2013年 - 2013年はパンツ
2014年は背中上部
2015年 - 2017年は胸
2013年 - 2014年は「東邦ホールディングス株式会社」表記
背中下部 金冠堂 キンカン 2017年4月 -
ドトールコーヒー DOUTOR 2020年 -
パンツ ジェイコムイースト世田谷局 J:COM 2013年5月 - 2013年5月 - 同年12月は背中上部(FPのみ)と背中下部(GKのみ)
2014年 - 2019年は袖

歴代ユニフォームサプライヤー

歴代ユニフォームスポンサー年表

年度 鎖骨左 鎖骨右 背中上部 背中下部 パンツ サプライヤー
2009 ウルトラマン商店街 解禁前 sfida - - - sfida
2010
2011 - VINCERE
2012
2013 TOKYO GUMI
spazio ambiente
-/
J:COM(FPのみ)
-/
J:COM(GKのみ)
Children's World 東邦ホールディングス株式会社
2014 東邦ホールディングス株式会社 - J:COM Housingplaza
2015 共創未来 TOKYO GUMI
spazio ambiente
CORE
CORE GROUP
2016
2017 -/
キンカン
サミット
2018 サミット +Tomod's TOKYO GUMI
spazio ambiente
共創未来 キンカン -
2019
2020 BRΛVE DOUTOR J:COM

脚注

  1. ^ a b c d e f g h i クラブ紹介”. 特定非営利活動法人スフィーダ. 2019年3月6日閲覧。
  2. ^ 2020プレナスなでしこリーグ2部 スフィーダ世田谷FC 優勝決定 - 日本女子サッカーリーグ、2020年11月15日(2020年11月28日閲覧)
  3. ^ 2020プレナスなでしこリーグ1部/2部リーグ開催延期 および 2020プレナスなでしこリーグカップ中止のお知らせ”. 2021年2月28日閲覧。

外部リンク