日韓女子リーグチャンピオンシップ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
日韓女子リーグチャンピオンシップ
開始年 2010年
主催 日本の旗 JFA
大韓民国の旗 KFA
参加チーム数 2
前回優勝 日本の旗 INAC神戸レオネッサ(1回目)
テンプレートを表示

日韓女子リーグチャンピオンシップは、2010年に創設されたクラブチームによる女子サッカーの国際大会である。

概要[編集]

前年度のなでしこリーグ日本)とWKリーグ韓国)の優勝チームが対戦する。尚、この大会は1年毎に日本と韓国で交互に開催される。近い将来アジア諸国が参加するAFCチャンピオンズリーグ(ACL)の女子版へ発展していくことを目標としている[1]

なお2013年は公式には大会を行なわず、INAC神戸レオネッサ(前年度なでしこリーグ優勝)、高陽大教ヌンノピ(前年度WKリーグ優勝)、サッカーチャイニーズタイペイ女子代表による「日韓台3カ国女子サッカー親善交流戦」が日本で開催された[2][3]

結果[編集]

開催日 日本の旗 なでしこリーグ優勝 結果 大韓民国の旗 WKリーグ優勝 会場
2010年 3月27日 浦和レッズ・レディース 4 - 2 大教カンガルーズ 日本の旗 駒場スタジアム
2011年 3月13日 日テレ・ベレーザ 2 - 0 水原FMC(水原市施設管理公団) 大韓民国の旗 蔚山総合運動場
2012年 3月15日 INAC神戸レオネッサ 3 - 0 高陽大教ヌンノピ 日本の旗 ホームズスタジアム神戸

2010年大会[編集]

第1回大会では、中盤まで大教カンガルーズが2-1とリードしていたものの、最後の5分で浦和が3ゴールを決め、逆転勝利でタイトルを獲得した[4]



2011年大会[編集]

日テレ・ベレーザの選手が試合のため韓国に向かってまもなく、東北地方太平洋沖地震が発生。帰国後小林弥生選手は、「本当にショックでした。何とか気持ちを切り替えて試合に集中しようと必死に頑張ったのですが、やっぱりそう簡単に切り替わるものではないというのが正直なところでした」と語っている[5]



2012年大会[編集]



統計[編集]

クラブ別成績[編集]

クラブ名 優勝年度 準優勝年度
日本の旗 浦和レッズ・レディース 1 0 2010
日本の旗 日テレ・ベレーザ 1 0 2011
日本の旗 INAC神戸レオネッサ 1 0 2012
大韓民国の旗 高陽大教ヌンノピ 0 2 2010,2012
大韓民国の旗 水原FMC 0 1 2011

クラブ所在国別成績[編集]

国名
日本の旗 日本 3 0
大韓民国の旗 韓国 0 3

脚注[編集]

関連項目[編集]

外部リンク[編集]