第8回日本女子サッカーリーグ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索

第8回日本女子サッカーリーグ(L・リーグ)は、1996年7月にアトランタオリンピックが開催された関係で、そのあとの8月から12月まで短期集中開催となった。

概略[編集]

この回も2ステージ制(前期・後期)で実施したが、日興證券ドリームレディースが前後期とも1位となり初優勝を果たした。しかしオリンピックでのグループリーグ3戦全敗が影響したのか、このシーズンから観客の激減が起こり、「L・リーグ冬の時代」が始まることになる。

JLSLチャレンジリーグからはOKI FC Winds(OKIレディーサンダース改め)が、TOKYO SHiDAX LSCの廃部により参入。入れ替え戦を経ないで参入したためか他チームとの差は大きく、前後期とも最下位となったため「チャレンジマッチ'96」の勝者となった浦和レディースFCとの入れ替え戦に参加したが、2戦とも勝利して残留をきめた。

なおOKI FC WINDSのスポンサーである沖電気工業はL・リーグの特別協賛となり、また6月には1st OKI・Lリーグカップ’96を開催した。またシーズンオフに行われていたJLSL東西対抗戦は1997年2月に予定されていたが、諸般の事情により中止となった。

競技方法[編集]

  • 開催期間:1996年8月18日‐12月22日
  • 試合時間:以下の順で決着がつくまで行う
1.90分(45分ハーフ)
2.Vゴール方式の延長戦(最長20分(10分ハーフ))
3.PK戦で決着
  • 順位:1.各ステージ優勝チーム同士による「優勝決定戦」(前後期が同一チームの場合は実施せず)
2.全試合の得失点差(延長戦の得点を含む)
3.全試合の総得点数(延長戦の得点を含む)
4.直接対決の成績(1.勝利数、2.得失点差3.総得点数)
5.順位決定戦:90分(45分ハーフ)で決着しないときは20分(10分ハーフ)を行い、それでも決まらないときは再延長
  • 選手登録:外国籍選手は5名までとする。ただし、各試合への出場登録については交代要員を含めて3名までとする。

参加チーム[編集]

成績[編集]

○:90分勝 △:延長勝 ☆:PK勝 ★:PK敗 ▲:延長敗 ●:90分敗

前期リーグ[編集]

  • 開催期間:1996年8月18日‐10月13日
順位 チーム 日興
証券
プリマ 読売
西友
宝塚 鈴与
清水
松下 田崎 フジタ シロキ OKI 勝利 (90分勝) 敗戦
1位 日興證券
ドリームレディース
---- 3-1
3-1
7-1
1-0
3-0
1v-0
3-1
4-0
16-1
9 (8) 0
2位 プリマハムFCくノ一 1-3
---- 2-1
3-0
3-0
5-1
4-1
4-1
5-2
9-0
8 (8) 1
3位 読売西友ベレーザ 1-3
1-2
---- 7-0
2-1
3-0
7-2
3-0
1-0
5-0
7 (7) 2
4位 宝塚バニーズ 1-7
0-3
0-7
---- 3-3
(4☆3)
4-0
1-0
2-0
3-1
6-2
6 (5) 3
5位 鈴与清水FC
ラブリーレディース
0-1
0-3
1-2
3-3
(3★4)
---- 0-2
1-1
(3☆2)
1-0
1-1
(3☆1)
2-1
4 (2) 5
6位 松下電器パナソニック
バンビーナ
0-3
1-5
0-3
0-4
2-0
---- 2-3v
1-1
(5★6)
2-0
3-0
3 (3) 6
7位 田崎ペルーレFC 0-1v
1-4
2-7
0-1
1-1
(2★3)
3v-2
---- 2-0
1-2
6-0
3 (2) 6
8位 フジタSC
マーキュリー
1-3
1-4
0-3
0-2
0-1
1-1
(6☆5)
0-2
---- 2-0
3-0
3 (2) 6
9位 シロキFCセレーナ 0-4
2-5
0-1
1-3
1-1
(1★3)
0-2
2-1
0-2
---- 6-3
2 (2) 7
10位 OKI FC Winds 1-16
0-9
0-5
2-6
1-2
0-3
0-6
0-3
3-6
---- 0 (0) 9

後期リーグ[編集]

  • 開催期間:1996年10月27日‐12月22日
順位 チーム 日興
証券
プリマ 松下 読売
西友
鈴与
清水
シロキ 田崎 フジタ 宝塚 OKI 勝利 (90分勝) 敗戦
1位 日興證券
ドリームレディース
---- 1-2
1-0
2v-1
4-2
4-1
2-0
4-0
9-0
7-0
8 (7) 1
2位 プリマハムFCくノ一 2-1
---- 2-1
1-1
(5☆4)
2-1
2-1
1-2v
5-1
4-0
4-0
8 (7) 1
3位 松下電器パナソニック
バンビーナ
0-1
1-2
---- 2-2
(3☆2)
4-2
1-2
3v-2
1v-0
3-0
3-1
6 (3) 3
4位 読売西友ベレーザ 1-2v
1-1
(4★5)
2-2
(2★3)
---- 1-4
5-2
6-0
2-0
4-1
7-0
5 (5) 4
5位 鈴与清水FC
ラブリーレディース
2-4
1-2
2-4
4-1
---- 4-1
2-3
2-0
6-1
9-0
5 (5) 4
6位 シロキFCセレーナ 1-4
1-2
2-1
2-5
1-4
---- 3-0
1-2
4-1
3-1
4 (4) 5
7位 田崎ペルーレFC 0-2
2v-1
2-3v
0-6
3-2
0-3
---- 2-1
2-1
2-2
(2★4)
4 (3) 5
8位 フジタSC
マーキュリー
0-4
1-5
0-1v
0-2
0-2
2-1
1-2
---- 0-3
2-1
2 (2) 7
9位 宝塚バニーズ 0-9
0-4
0-3
1-4
1-6
1-4
1-2
3-0
---- 1-1
(5☆4)
2 (1) 7
10位 OKI FC Winds 0-7
0-4
1-3
0-7
0-9
1-3
2-2
(4☆2)
1-2
1-1
(4★5)
---- 1 (0) 8

優勝決定戦[編集]

  • 名称:1996チャンピオンシップ
  • 開催日:1996年12月29日
  • 会場:国立西が丘サッカー場

※日興證券ドリームレディースが前後期とも1位のため行われず。

年間順位[編集]

順位 チーム 勝利 (90分勝) 敗戦
1位 日興證券ドリームレディース 17 (15) 1
2位 プリマハムFCくノ一 16 (15) 2
3位 読売西友ベレーザ 12 (12) 6
4位 鈴与清水FCラブリーレディース 9 (7) 9
5位 松下電器パナソニック バンビーナ 9 (6) 9
6位 宝塚バニーズ 8 (6) 10
7位 田崎ペルーレFC 7 (5) 11
8位 シロキFCセレーナ 6 (6) 12
9位 フジタSCマーキュリー 5 (4) 13
10位 OKI FC Winds 1 (0) 17

1996-97入替戦[編集]

L・リーグ最下位 結果 チャレンジマッチ勝利チーム
OKI FC Winds 1回戦3-1
2回戦3-0
浦和レディースFC

※OKI FC WindsのL・リーグ残留決定

個人成績[編集]

  • 最優秀選手:リンダ・メダレン(日興證券ドリームレディース)
  • 最多得点:リンダ・メダレン(日興證券ドリームレディース)29点
  • 最多アシスト:ヘーゲ・リサ(日興證券ドリームレディース)25点
  • ベストイレブン
  • 敢闘賞:温莉蓉(プリマハムFCくノ一)
  • 新人賞:ナタリー・ニートン(読売西友ベレーザ)
  • 特別賞:リンダ・メダレン(日興證券ドリームレディース)
  • 監督賞:鈴木保(日興證券ドリームレディース)
  • フェアプレー賞:OKI FC Winds

関連項目[編集]