第10回日本女子サッカーリーグ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索

第10回日本女子サッカーリーグ(L・リーグ)は、1998年4月から11月までの半年に渡って開催。前年同様、L・リーグ OKIカップ’98(1998年3月7日~4月12日)のあとに2ステージ制(前期・後期)で実施された。

概略[編集]

L・リーグにとって、このシーズンは大変にショッキングな出来事が続いた年となった。

まず、シーズン中にフジタサッカークラブ・マーキュリーがメインスポンサーであるフジタの業績不振により、続いて日興證券ドリームレディースがメインスポンサーの日興證券における証券取引法に関する違反などによる業績の悪化により、ともに今シーズンかぎりでの廃部を発表。シーズン終了後には鈴与清水FCラブリーレディースシロキFCセレーナが相次いで脱退を表明。これによりL・リーグは存続の危機と直面することになった。

このようなシーズンを戦い抜いた日興證券ドリームレディースが前後期ともに1位となり、3年連続の優勝で「有終の美」を飾った。

ちなみにこの年は日本プロサッカーリーグ(Jリーグ)でも横浜フリューゲルス横浜マリノスとの合併(実際にはフリューゲルスがマリノスに吸収合併により消滅)に関する騒動をはじめ、いくつものクラブに経営の危機が表面化し、またワールドカップ・フランス大会で日本が初出場を果たすも3戦全敗に終わるなど、日本サッカー全体にとっても節目の年であった。

競技方法[編集]

  • 開催期間:1998年4月25日‐11月8日
  • 試合時間:以下の順で決着がつくまで行う
1.90分(45分ハーフ)
2.Vゴール方式の延長戦(最長20分(10分ハーフ))
3.PK戦で決着
  • 順位:1.各ステージ優勝チーム同士による「優勝決定戦」(前後期が同一チームの場合は実施せず)
2.全試合の得失点差(延長戦の得点を含む)
3.全試合の総得点数(延長戦の得点を含む)
4.直接対決の成績(1.勝利数、2.得失点差3.総得点数)
5.順位決定戦:90分(45分ハーフ)で決着しないときは20分(10分ハーフ)を行い、それでも決まらないときは再延長
  • 選手登録:外国籍選手は5名までとする。ただし、各試合への出場登録については交代要員を含めて3名までとする。

参加チーム[編集]

成績[編集]

○:90分勝 △:延長勝 ☆:PK勝 ★:PK敗 ▲:延長敗 ●:90分敗

前期リーグ[編集]

  • 開催期間:1998年4月25日‐8月9日
順位 チーム 日興
証券
読売 プリマ 宝塚 鈴与
清水
松下 田崎 シロキ OKI フジタ 勝利 (90分勝) 敗戦
1位 日興證券
ドリームレディース
---- 5-4
3-1
2-0
0-0
(4☆1)
4-1
3-0
2-0
5-1
2-0
9 (8) 0
2位 読売ベレーザ 4-5
---- 5-0
3-1
2-1
6-1
2-0
1-0
5-0
6-0
8 (8) 1
3位 プリマハムFCくノ一 1-3
0-5
---- 2-0
2-4
3-2
2-1
6-0
5-0
1-0
6 (6) 3
4位 宝塚バニーズ 0-2
1-3
0-2
---- 3-0
1-0
4-2
1-0
1-0
3-1
6 (6) 3
5位 鈴与清水FC
ラブリーレディース
0-0
(1★4)
1-2
4-2
0-3
---- 5-6v
3-1
4-2
2-0
3-0
5 (5) 4
6位 松下電器パナソニック
バンビーナ
1-4
1-6
2-3
0-1
6v-5
---- 2-2
(5☆3)
2-3
2-0
5-2
4 (2) 5
7位 田崎ペルーレFC 0-3
0-2
1-2
2-4
1-3
2-2
(3★5)
---- 3-0
1-2
4-2
2 (2) 7
8位 シロキFCセレーナ 0-2
0-1
0-6
0-1
2-4
3-2
0-3
---- 0-0
(3★4)
4-0
2 (2) 7
9位 OKI FC Winds 1-5
0-5
0-5
0-1
0-2
0-2
2-1
0-0
(4☆3)
---- 0-2
2 (1) 7
10位 フジタSC
マーキュリー
0-2
0-6
0-1
1-3
0-3
2-5
2-4
0-4
2-0
---- 1 (1) 8

後期リーグ[編集]

  • 開催期間:1998年9月6日‐11月8日
順位 チーム 日興
証券
鈴与
清水
松下 読売 プリマ 宝塚 田崎 フジタ OKI シロキ 勝利 (90分勝) 敗戦
1位 日興證券
ドリームレディース
---- 1-2v
3-0
2-0
3-1
2-1
3-0
3-1
6-1
5-0
8 (8) 1
2位 鈴与清水FC
ラブリーレディース
2v-1
---- 2-3
3-0
3-2
1-0
2-0
2-0
5-0
7-1
8 (7) 1
3位 松下電器パナソニック
バンビーナ
0-3
3-2
---- 1-2
2-1
3-2
5-2
2-0
1-0
5-2
7 (7) 2
4位 読売ベレーザ 0-2
0-3
2-1
---- 1-3
3-2
1-1
(5☆3)
2v-1
2-0
4-0
6 (4) 3
5位 プリマハムFCくノ一 1-3
2-3
1-2
3-1
---- 1-5
4-1
6-1
2-1
4-0
5 (5) 4
6位 宝塚バニーズ 1-2
0-1
2-3
2-3
5-1
---- 2-0
2-0
2-2
(4★5)
8-1
4 (4) 5
7位 田崎ペルーレ 0-3
0-2
2-5
1-1
(3★5)
1-4
0-2
---- 2-1
1-0
3-0
3 (3) 6
8位 フジタSC
マーキュリー
1-3
0-2
0-2
1-2v
1-6
0-2
1-2
---- 1-0
4-3
2 (2) 7
9位 OKI FC Winds 1-6
0-5
0-1
0-2
1-2
2-2
(5☆4)
0-1
0-1
---- 2-1
2 (1) 7
10位 シロキFCセレーナ 0-5
1-7
2-5
0-4
0-4
1-8
0-3
3-4
1-2
---- 0 (0) 9

優勝決定戦[編集]

※日興證券ドリームレディースが前後期とも1位のため行わず。

年間順位[編集]

順位 チーム 勝利 (90分勝) 敗戦
1位 日興證券ドリームレディース 17 (16) 1
2位 読売ベレーザ 14 (12) 4
3位 鈴与清水FCラブリーレディース 13 (12) 5
4位 プリマハムFCくノ一 11 (11) 7
5位 松下電器パナソニック バンビーナ 11 (9) 7
6位 宝塚バニーズ 10 (10) 8
7位 田崎ペルーレFC 5 (5) 13
8位 OKI FC Winds 4 (2) 14
9位 フジタSCマーキュリー 3 (3) 15
10位 シロキFCセレーナ 2 (2) 16

個人成績[編集]

  • 最優秀選手:アグネッテ・カールセン(日興證券ドリームレディース)
  • 最多得点:泉美幸(鈴与清水FCラブリーレディース)21点
  • 最多アシスト:澤穂希(読売ベレーザ)15点
  • ベストイレブン
    • GK:西貝尚子(日興證券ドリームレディース)
    • DF:大部由美(日興證券ドリームレディース)、酒井與恵(読売ベレーザ)、仁科賀恵(プリマハムFCくノ一)、埴田真紀(松下電器パナソニック バンビーナ)
    • MF:アグネッテ・カールセン(日興證券ドリームレディース)、澤穂希(読売ベレーザ)、高倉麻子(読売ベレーザ)
    • FW:泉美幸(鈴与清水FCラブリーレディース)、大松真由美(日興證券ドリームレディース)、パレホ(宝塚バニーズ)
  • 敢闘賞:中地舞(読売ベレーザ)
  • 新人賞:津波子友美子(鈴与清水FCラブリーレディース)
  • 優秀監督賞:鈴木保(日興證券ドリームレディース)
  • フェアプレー賞:宝塚バニーズレディースサッカークラブ

関連項目[編集]