小林弥生

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
小林弥生 Football pictogram.svg
名前
愛称 やよい、やゆよ
カタカナ コバヤシ ヤヨイ
ラテン文字 KOBAYASHI Yayoi
基本情報
国籍 日本の旗 日本
生年月日 (1981-09-18) 1981年9月18日(36歳)
出身地 東京都多摩市
身長 157cm
体重 52kg
選手情報
ポジション MF
利き足 右足
クラブ1
クラブ 出場 (得点)
1997
1998
1999
2000-2014
読売西友ベレーザ
読売ベレーザ
NTVベレーザ
日テレ・ベレーザ
9 (0)
17 (4)
14 (7)
182 (39)
代表歴2
1999-2004 日本の旗 日本 54 (12)
1. 国内リーグ戦に限る。2014年11月24日現在。
2. 2004年8月14日現在。
■テンプレート■ノート ■解説■サッカー選手pj

小林 弥生(こばやし やよい、1981年9月18日 - )は、東京都多摩市出身の元女子サッカー選手。

経歴・人物[編集]

東京都立南野高等学校卒業[1]

ポジションはミッドフィールダーだが、FW、トップ下からボランチまでこなせるユーティリティープレイヤーである。

中学生のころ読売日本SCメニーナに入団し、高校生となった1997年にベレーザへ昇格した。ちなみに荒川恵理子中地舞柳田美幸ら、のちに日本女子代表となる選手も一緒に昇格している。

2002年には中国南京のチームに3ヶ月ほどレンタル移籍。翌2003年には当時、澤穂希が在籍するアメリカ女子サッカーリーグ(WUSA)のAtlanta Beatと契約したが外国人枠の関係で保留となり、その後リーグの休止により移籍は実現しなかった。

なでしこジャパンとしてはアテネオリンピック本戦においてスウェーデン戦で澤穂希に送ったパスが話題になった。

2012年10月21日、リーグ通算200試合出場を達成した[2]

2014年12月26日、2014年シーズン限りで現役を引退すると発表された[3]

なお選手へのコールは通常だと苗字を用いるが、彼女の場合は「やよい」で呼ばれるため、オフィシャルグッズの「選手名入りコンフィットシャツ」も「YAYOI」となっている。

個人成績[編集]

国内大会個人成績
年度 クラブ 背番号 リーグ リーグ戦 リーグ杯 オープン杯 期間通算
出場 得点 出場 得点 出場 得点 出場 得点
日本 リーグ戦 リーグ杯 皇后杯 期間通算
1997 読売西友ベレーザ 23 L・リーグ 9 0
1998 読売ベレーザ 20 17 4
1999 NTVベレーザ 14 14 7
2000 日テレ・ベレーザ 8 11 4 -
2001 13 8 -
2002 10 6 1 -
2003 18 2 - 4 0 22 2
2004 8 L・リーグ1部 (L1) 14 2 -
2005 7 0 - 5 1 12 1
2006 なでしこ Div.1 0 0 - 0 0 0 0
2007 19 6 5 4 4 1 28 11
2008 19 4 - 4 1 23 5
2009 14 2 - 3 0 17 2
2010 なでしこ 14 0 6 0 1 0 21 0
2011 14 5 - 2 0 16 5
2012 14 1 6 4 0 0 20 5
2013 0 0 0 0 0 0 0 0
2014 20 4 - 2 0 22 4
通算 日本 1部 223 51
総通算 223 51

※2002年は夏場3ヶ月間を中国リーグ・ジャンスウでプレー (期限付き移籍)

タイトル[編集]

  • ベストイレブン 2回 (2000年2001年)
  • 年間最多得点 1回 (2000年)

代表歴[編集]

選出歴等[編集]

試合数[編集]


日本代表 国際Aマッチ
出場 得点
1999 8 2
2000 1 0
2001 12 2
2002 11 1
2003 14 6
2004 8 1
通算 54 12

(2004年8月14日現在)

ゴール[編集]

# 開催年月日 開催地 対戦国 勝敗 試合概要
1. 1999年3月24日 フランスサン=カンタン フランスの旗 フランス ○ 1-0 親善試合
2. 1999年6月3日 日本東京 大韓民国の旗 韓国 ○ 3-2 キリンカップ
3. 2001年8月3日 韓国蔚山 大韓民国の旗 韓国 △ 1-1 4ヶ国対抗戦
4. 2001年12月14日 チャイニーズタイペイ台北 大韓民国の旗 韓国 ○ 2-1 2001 AFC女子選手権
5. 2002年10月11日 韓国馬山 チャイニーズタイペイの旗 チャイニーズタイペイ ○ 2-0 第14回アジア競技大会
6. 2003年6月9日 タイバンコク フィリピンの旗 フィリピン ○ 15-0 2003 AFC女子選手権
7.
8. 2003年6月13日 ミャンマーの旗 ミャンマー ○ 7-0
9.
10. 2003年6月15日 チャイニーズタイペイの旗 チャイニーズタイペイ ○ 5-0
11. 2003年7月5日 メキシコメキシコシティ メキシコの旗 メキシコ △ 2-2 2003 FIFA女子ワールドカップ予選プレーオフ
12. 2004年4月22日 日本東京 タイ王国の旗 タイ ○ 6-0 アテネオリンピックアジア最終予選

エピソード[編集]

  • 2005年シーズン、小林の背番号は8であったが、兄妹チームにあたる東京ヴェルディ1969の8番は小林大悟という同姓の選手であった。また同じL・リーグで宝塚バニーズ(現・バニーズ京都SC)の背番号8番も小林恵という同姓の選手であった。しかし翌2006年に小林大悟は大宮アルディージャに移籍したため別チームとなり(背番号は同じく8番)、小林恵は伊賀フットボールクラブくノ一に移籍にともない2番になったため、偶然性は薄くなった。
  • 日テレ・ベレーザや日本女子代表での先輩である澤穂希は、都立南野高校の同窓生でもある。小林は澤の3年後輩で、澤の同校卒業と入れ替わりで小林が入学している。

脚注[編集]

  1. ^ アテネ2004 日本代表選手団 JOC公式サイト
  2. ^ [1] ケガを乗り越え涙の200試合出場、ベレーザMF小林弥「仲間やライバル、サポーターに感謝」
  3. ^ 日テレ・ベレーザ小林弥生選手現役引退のお知らせ日テレ・ベレーザ公式サイト 2014年12月26日

外部リンク[編集]