佐藤春詠

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
佐藤春詠 Football pictogram.svg
名前
愛称 はるゴン
カタカナ サトウ ハルエ
ラテン文字 SATOH Harue
基本情報
国籍 日本の旗 日本
生年月日 (1976-01-01) 1976年1月1日(42歳)
出身地 群馬県
身長 170cm
選手情報
在籍チーム ボノス
ポジション フォワード
背番号 9
クラブ1
クラブ 出場 (得点)
0000-1993
1994-1998
1999
2000-2005
2006
FCすばる
日興證券ドリームレディース
OKI FC Winds
YKK/YKK AP東北フラッパーズ
TEPCOマリーゼ
ボノス (フットサル)
nd (nd)
22 (2)
14 (2)
x (38)
37 (6)
代表歴
2000-2002 日本の旗 日本 17 (4)
1. 国内リーグ戦に限る。
■テンプレート■ノート ■解説■サッカー選手pj

佐藤春詠(さとう はるえ、1976年1月1日 - )は、群馬県伊勢崎市出身の元女子サッカー選手で現在は会社員[1]。現役時代のポジションはフォワード

来歴[編集]

高校時代まで、出身地である群馬県のクラブチームであるFCすばる (現ジェラルド・すばる・伊勢崎)でプレーし、高校卒業後の1994年に日興證券ドリームレディースに入団した。1年上に大部由美、1年下に高橋彩子がいる。

1998年、日興證券が廃部となったことにより退職・退団し、大部・高橋とともにOKI FC Windsに入団したが1999年度シーズン終了後にはOKIも廃部となったため退団。大部とともに宮城県に渡り、YKK東北女子サッカー部フラッパーズとに入団し、リーグ戦や皇后杯全日本女子サッカー選手権大会国民体育大会などの大会に出場した。2000年には日本代表にも選出され、オーストラリアで開催されたパンパシフィックカップに出場。キャンベラで開催されたオーストラリア戦で初出場した他、ニューキャッスルで行われたカナダ戦で初得点を挙げた。翌2001年には台湾で開催された2001 AFC女子選手権にも出場した[2]

2005年、YKK AP東北フラッパーズが東京電力に移管されたのにともない、YKK東北を退職して福島県に渡り、同社に入社してサッカー部 (TEPCOマリーゼ) に入部した。翌2006年のシーズン終了後に退団および現役引退が発表された[3]が、引き続き東京電力社員として福島県にとどまり、福島第二原子力発電所にて技術職として勤務するようになった[1]。またJヴィレッジにてボランティアコーチとして指導するようにもなった[1]

個人成績[編集]

国内大会個人成績
年度クラブ背番号リーグ リーグ戦 リーグ杯オープン杯 期間通算
出場得点 出場得点出場得点 出場得点
日本 リーグ戦 リーグ杯 皇后杯 期間通算
1994 日興證券ドリームレディース 19 L・リーグ 6 0
1995 15 3 0
1996 3 1
1997 6 1
1998 4 0
1999 OKI FC Winds 14 2
2000 YKK東北女子サッカー部フラッパーズ 9 12 12
2001 14 7
2002 10 6
2003 22 8
2004 YKK AP東北女子サッカー部フラッパーズ L・リーグ1部 (L1) 14 5
2005 東京電力女子サッカー部マリーゼ 21 6
2006 なでしこリーグディビジョン1 16 0
通算 日本 1部
総通算

タイトル[編集]

代表・選抜歴[編集]

なでしこジャパン

16試合4得点

  • 初出場 2000年5月31日 パンパシフィックカップ・オーストラリア戦 (オーストラリア・キャンベラ)
  • 初得点 2000年6月10日 パンパシフィックカップ・カナダ戦 (オーストラリア・ニューキャッスル)

脚注[編集]

  1. ^ a b c スペシャルレポート 佐藤春詠さんインタビュー 新たなチャレンジ、新たな熱意”. TEPCOマリーゼ公式サイト. 2010.6.5 07:20 (UTC)閲覧。
  2. ^ [日本女子代表 試合別出場記録] (PDF) JFA公式サイト 2010.6.5 07:53 (UTC) 閲覧
  3. ^ 選手の退団について TEPCOマリーゼ公式サイト 2007.2.5付ニュースリリース