この記事は半保護されています。(半保護の方針による半保護)

矢野喬子

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
矢野喬子 Football pictogram.svg
名前
愛称 きょんちゃん
カタカナ ヤノ キョウコ
ラテン文字 YANO Kyoko
基本情報
国籍 日本の旗 日本
生年月日 (1984-06-03) 1984年6月3日(32歳)
出身地 神奈川県
身長 164cm
体重 55kg
選手情報
ポジション DF
利き足 右足
代表歴2
2003-2012 日本の旗 日本 74 (1)
2. 2012年7月31日現在。
■テンプレート■ノート ■解説■サッカー選手pj

矢野 喬子(やの きょうこ、1984年6月3日 - )は、神奈川県横浜市金沢区出身の元女子サッカー選手、サッカー指導者。神奈川大学卒業。ポジションはディフェンダー

来歴

アローズSCでサッカーを始め、横須賀シーガルズから湘南学院高等学校を経て神奈川大学に進む。 大学ではミッドフィールダーで、トップ下でプレーすることもあった。

大学在籍時に日本女子代表に選出され、2003年女子ワールドカップアメリカ大会に出場。2004年アテネオリンピックではアジア予選のときにはレギュラーであったが、本戦前の合宿で負傷し、決勝トーナメント・アメリカ戦で先発復帰。当時、日本体育大学に在籍していた丸山桂里奈とともに大学チーム在籍の代表選手として注目され、翌年に行われた第13回全日本大学女子サッカー選手権大会の公式プログラムにも2人の対談が掲載された。

2007年に大学を卒業し、浦和レッドダイヤモンズ・レディースに正式入団。同チームでは4人目のプロ契約選手であり、試合のほか「ハートフルクラブ」での活動も行っていた。

2011年、彩の国功労賞を受賞。 2013年1月に現役引退を表明[1]。母校神奈川大の職員に転身し、女子サッカー部の指導に携わった後[2]、2016年より帝京平成大学女子サッカー部監督に就任[3]。その傍ら女子サッカー解説者としてテレビ出演も行っている。

個人成績

国内大会個人成績
年度 クラブ 背番号 リーグ リーグ戦 リーグ杯 オープン杯 期間通算
出場 得点 出場 得点 出場 得点 出場 得点
日本 リーグ戦 リーグ杯 皇后杯 期間通算
2007 浦和レッドダイヤモンズ・レディース 26 なでしこ Div.1 21 2 2 0 3 0 26 2
2008 3 21 0 - 2 0 23 0
2009 21 0 - 4 0 25 0
2010 なでしこ 18 0 6 0 4 0 28 0
2011 13 0 - 2 0 15 0
2012 17 1 4 0 3 0 24 1
通算 日本 1部 111 3 12 0 18 0 141 3
総通算 111 3 12 0 18 0 141 3

代表歴

選出歴等

試合数


日本代表 国際Aマッチ
出場 得点
2003 9 1
2004 5 0
2005 5 0
2006 16 0
2007 6 0
2008 10 0
2009 1 0
2010 13 0
2011 4 0
2012 5 0
通算 74 1

(2012年7月31日現在)

ゴール

# 開催年月日 開催地 対戦国 勝敗 試合概要
1. 2003年6月11日 タイバンコク グアムの旗 グアム ○ 7-0 2003 AFC女子選手権

タイトル

  • なでしこリーグベストイレブン:6回 (2007年、2008年、2009年、2010年、2011年、2012年)
  • なでしこリーグ新人賞 (2007年)

関連項目

脚注


外部リンク