井坂美都

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動

井坂美都(いさかみと、1976年1月25日 - )は埼玉県出身の女子サッカー選手である。ポジションはFW。

人物[編集]

1994年浦和レディースFCに入団[1]、その年第6回日本女子サッカーリーグで新人賞を受賞。1995年にプリマハムFCくノ一(現・伊賀フットボールクラブくノ一)に移籍[1]

1997年6月15日にサッカー女子日本代表に初選出[2]。1999年にサッカー女子ワールドカップに出場、決勝トーナメントに進出して、2000年のシドニーオリンピックに切符を目指したものの、グループリーグ敗退となった[3]第11回日本女子サッカーリーグで最優秀選手と最多得点を獲得した[4]

アジア競技大会1998年[5]2002年に出場。2002年の最終戦の試合に、ゴール前に相手選手から足を狙われてしまい右膝靱帯断裂という全治3か月の怪我となった。交代したのは丸山桂里奈だった[2]

引退後はクーパーコーチングスクール橋本校でサブマスターとして担当している[2]。2018年10月21日にTBSのバラエティ番組「消えた天才」で丸山桂里奈と16年ぶりに再会した[2]

脚注[編集]

  1. ^ a b サッカー女子日本代表 世界大会への出場時間(129位)
  2. ^ a b c d 凌さんの部屋
  3. ^ 日本サッカー協会(2016年2月25日)
  4. ^ ゲキサカ
  5. ^ 新時々日記