村岡夏希

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
村岡 夏希 Football pictogram.svg
名前
カタカナ ムラオカ ナツキ
ラテン文字 MURAOKA Natsuki
基本情報
国籍 日本の旗 日本
生年月日 (1981-06-08) 1981年6月8日(36歳)
出身地 東京都目黒区
身長 158cm
体重 54kg
選手情報
ポジション FW
ユース
村田女子高等学校
日本体育大学
クラブ1
クラブ 出場 (得点)
2004-2009
2010-2013
伊賀FCくノ一
ASエルフェン狭山FC
102 (44)
55 (7)
1. 国内リーグ戦に限る。2013年9月22日現在。
■テンプレート■ノート ■解説■サッカー選手pj

村岡 夏希(むらおか なつき、1981年6月8日 - )は、東京都目黒区出身の日本の元女子サッカー選手日本体育大学卒。現役時代のポジションはフォワード。2004年日本女子サッカーリーグの新人賞受賞者。高校、大学ともに1年後輩の丸山桂里奈とは、中学時代から親交が深い[1]。  プレースタイルは、オフ・ザ・ボールでの動きのあるプレーにこだわっている[2]。  2013年シーズン終了をもって現役引退、大学卒業後10年間のLリーガーとしての経歴を残した[2]

経歴[編集]

小学2年生の時に兄のやっていたサッカーに感化され、向原SC(現:碑文谷フットボールクラブ)に入部。女子チームでプレーをするほか、男子に混じって試合にも出場。中学時代は、駒沢FC、読売メニーナ(現:日テレ・ベレーザの下部チーム)に所属。読売メニーナでは丸山桂里奈と学年は村岡の方がひとつ上だが、同期入団である[3]
1997年、女子サッカー創部2年目[4]の東京経営短大村田女子高等学校(現、村田女子高等学校)に入学、同部の強化に後輩の丸山桂里奈とともに尽くしている。丸山によると、同校に進学したのは偶然ではなく、村岡と一緒にサッカーがしたくて進学したと公式ブログで発言している[3]
高校最後の1999年にはU-18日本女子代表としてフロリダ州オーランドのディズニーランドに行って戦っている[5]
2000年、日本体育大学入学、同校女子サッカー部に所属した。また、2001年には第21回ユニバーシアード北京大会に招集され、得点を上げている[6]
2004年、同校卒業後すぐに、伊賀FCくノ一に所属、同年の新人賞を受賞している。ちなみに前年の受賞者近賀ゆかり(ただし所属は大学チームではなく、現:日テレ・ベレーザ[7])、翌年の受賞者丸山桂里奈と3年続けて、日本体育大学出身者の受賞であった。
2006年、第1回のなでしこリーグオールスターにFWとして出場を果たす[8]
2010年、ASエルフェン狭山FCに移籍、2012年には同チームのキャプテンを務めている[9]。2013年からはDFなどのポジションも務めている[10]。2013年シーズン終了をもって現役引退[11]

個人成績[編集]

国内大会個人成績
年度 クラブ 背番号 リーグ リーグ戦 リーグ杯 オープン杯 期間通算
出場 得点 出場 得点 出場 得点 出場 得点
日本 リーグ戦 リーグ杯 皇后杯 期間通算
2004 伊賀FCくノ一 21 L・リーグ1部 (L1) 14 7 - 14 7
2005 11 20 7 - 3 3 23 10
2006 なでしこ Div.1 12 1 - 2 1 14 2
2007 20 5 3 4 0 0 23 9
2008 15 3 - 0 0 15 3
2009 9 なでしこ Div.2 21 21 - 3 1 24 22
2010 ASエルフェン狭山FC 14 なでしこ 18 0 4 1 1 0 23 1
2011 12 4 - 3 2 15 6
2012 17 2 4 0 3 0 24 2
2013 チャレンジ 8 1 - 1 1 9 2
通算 日本 1部 128 29 11 5 12 6 151 40
日本 2部 29 22 - 4 2 33 24
総通算 157 51 11 5 16 8 184 64

タイトル[編集]

代表・選抜歴[編集]

  • 1999年 U-18日本女子代表 アディダスカップ (アメリカ)[5]
  • 2001年 第21回ユニバーシアード北京大会[6]
  • 2004年 日本女子代表合宿招集[13]

脚注[編集]

外部リンク[編集]