2012 日本女子サッカーリーグ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
プレナスなでしこリーグ
シーズン 2012
優勝 INAC神戸レオネッサ
降格 ASエルフェン狭山FC
福岡J・アンクラス
試合数 90
ゴール数 299 (1試合平均3.32)
得点王 高瀬愛実(I神戸・20点)
最大差勝利ホーム試合
I神戸 7-0 大阪高槻(第1節・4月15日)
最大差勝利アウェー試合
AS狭山 1-9 I神戸(第12節・9月30日)
最多得点試合
AS狭山 1-9 I神戸(第12節・9月30日)
最多連勝記録
11 - I神戸(第8節-第18節)
最多連続負け無し記録
18 - I神戸(第1節-第18節)
最多連続勝ち無し記録
16 - 福岡AN(第1節-第16節)
最多連敗記録
5 - 福岡AN(第4節-第8節)、
AS狭山(第14節-第18節)
2011
2013
プレナスチャレンジリーグ
シーズン 2012
優勝 ベガルタ仙台レディース
昇格 ベガルタ仙台レディース
FC高梁吉備国際大学Charme
降格 なし
試合数 132
ゴール数 532 (1試合平均4.03)
得点王 道上彩花常盤木高・30点)
最大差勝利ホーム試合
ベガルタ 11-1 バニーズ(第7節・5月20日)
最大差勝利アウェー試合
バニーズ 0-12 FC高梁(第16節・7月22日)
最多得点試合
ベガルタ 11-1 バニーズ(第7節・5月20日)
バニーズ 0-12 FC高梁(第16節・7月22日)
最多連勝記録
11 - ベガルタ(第3節-第13節)
最多連続負け無し記録
22 - ベガルタ(第1節-第22節)
最多連続勝ち無し記録
15 - JSCL(第1節-第15節)
最多連敗記録
9 - AC長野(第9節-第17節)
2011
2013

2012 日本女子サッカーリーグは、2012年4月から11月まで開催された第24回の日本女子サッカーリーグである。この年も「なでしこリーグ」(1部)と「チャレンジリーグ」(2部)に分かれて開催した。

大会概要[編集]

2012年1月に概要が発表された[1]

  • 開催期間:2011年4月7日・または8日‐11月11日
  • なでしこリーグ(1部)
    • 2011年4月14日・または15日-11月11日
    • 10チーム2回総当り。
  • チャレンジリーグ(2部)
    • 2011年4月7日・または8日-11月4日
    • 12チーム2回戦総当たり。
  • 試合時間
    • 90分(45分ハーフ)。90分以内で勝敗が決しない場合は引き分けとする。
  • 順位
    • 勝ち点(勝利3点、引分1点、敗戦0点)の多いチームを上位とし、勝ち点の合計が同じ場合は以下の順序で順位を決める。
      1. 全試合の得失点差
      2. 全試合の総得点数
      3. 直接対決の成績(1.勝ち点 2.得失点差)
      4. 順位決定戦(必要な場合のみ)

ロンドンオリンピック開催期間、およびそれに参戦する女子日本代表強化期間中の6月下旬-9月上旬は、なでしこリーグは開催休止とする(この間なでしこリーグカップ2012を開催するが、ロンドン五輪期間中はなでしこリーグカップも休止。またチャレンジリーグについては同期間も試合を開催するものの、試合数が少なくなる)。

参加チーム[編集]

なでしこリーグ(1部)[編集]

☆-新規昇格

チャレンジリーグ(2部)[編集]

太字のチームが「なでしこリーグ準加盟チーム」。
☆-新規昇格
★-2011年まで(実質的には2010年まで)活動していた東京電力マリーゼから事業譲渡。規定によりチャレンジリーグに降格の上参入。
※-活動拠点を御殿場高原時之栖静岡県御殿場市)に一時移転中。ホームゲームの大半を時之栖で開催。

大会方式[編集]

なでしこリーグ[編集]

2011年東日本大震災のため出場辞退となった東京電力マリーゼを除く9チームで行ったが、2012年は10チームに戻る。なお当初の計画では2013年から12チームで行う方針だったが、チャレンジリーグを含めた下位チームとの実力の差が大きいため、当面10チーム制を維持することが確認された。[2]

なおこの年から国際女子サッカークラブ選手権が設立されたため、本大会優勝クラブは国際女子サッカークラブ選手権2012の出場権が与えられることになった。

チャレンジリーグ[編集]

2011年に引き続き12チームで行うが、前年までの東西2リーグ制による分割開催をやめて、12チームによる1リーグ制2回戦総当り方式を行う。これはスポーツ振興くじ収益金による助成を受けることによるもの。

なお、2013年からチャレンジリーグは16チームで行うことも確認された[3](詳細は後述)。

成績[編集]

なでしこリーグ[編集]

チーム名 備考
1 INAC神戸レオネッサ 52 18 17 1 0 69 12 +57
2 日テレ・ベレーザ 37 18 11 4 3 44 17 +27
3 岡山湯郷Belle 32 18 10 2 6 36 22 +14
4 浦和レッズレディース 28 18 8 4 6 31 22 +9
5 アルビレックス新潟レディース 23 18 6 5 7 26 28 -2
6 ジェフ千葉レディース 22 18 6 4 8 25 36 -11
7 伊賀フットボールクラブくノ一 21 18 5 6 7 20 26 -6
8 スペランツァFC大阪高槻 16 18 4 4 10 18 44 -26
9 ASエルフェン狭山FC 11 18 3 2 13 19 50 -31 なでしこ・チャレンジ入替戦
10 福岡J・アンクラス 10 18 2 4 12 11 42 -31 チャレンジリーグ降格

チャレンジリーグ[編集]

チーム名 備考
1 ベガルタ仙台レディース 62 22 20 2 0 88 12 +76 なでしこリーグ昇格
2 FC高梁吉備国際大学Charme 50 22 16 2 4 75 26 +49 なでしこ・チャレンジ入替戦
3 スフィーダ世田谷FC 43 22 14 1 7 59 37 +22
4 日本体育大学女子サッカー部 43 22 14 1 7 45 23 +22
5 JFAアカデミー福島 41 22 13 2 7 52 20 +32
6 常盤木学園高等学校サッカー部 38 22 12 2 8 59 37 +22
7 愛媛FCレディース 26 22 7 5 10 43 49 -6
8 静岡産業大学磐田ボニータ 26 22 7 5 10 29 51 -22
9 ジュ ブリーレ 鹿児島 18 22 5 3 14 24 52 -28
10 バニーズ京都SC 12 22 3 3 16 18 78 -60
11 AC長野パルセイロ・レディース 10 22 2 4 16 14 63 -49 チャレンジリーグ入替戦
12 JAPANサッカーカレッジレディース 10 22 2 4 16 26 84 -58 チャレンジリーグ入替戦

表彰[編集]

個人賞[編集]

受賞者(所属)[4]
最優秀選手賞 高瀬愛実(I神戸)
得点王 高瀬愛実(I神戸)
新人賞 高畑志帆(浦和)
敢闘賞 永里亜紗乃(日テレ)
優勝監督賞 星川敬(I神戸)

ベストイレブン[編集]

ポジション 選手名(所属) 受賞回数
GK 福元美穂(湯郷ベル) 2回目
DF 岩清水梓(日テレ) 7回目
近賀ゆかり(I神戸) 6回目
矢野喬子(浦和) 6回目
田中明日菜(I神戸) 2回目
MF 宮間あや(湯郷ベル) 4回目
チ・ソヨン(I神戸)
澤穂希(I神戸) 11回目
FW 高瀬愛実(I神戸)
永里亜紗乃(日テレ)
川澄奈穂美(I神戸) 3回目

得点ランキング[編集]

順位 選手(所属) 得点
1 高瀬愛実(I神戸) 20
2 永里亜紗乃(日テレ) 19
3 大野忍(I神戸) 13
4 吉良知夏(浦和) 10
5 川澄奈穂美(I神戸) 8
山崎円美(新潟)

昇降格[編集]

チャレンジリーグからなでしこリーグへの昇格方法[編集]

チャレンジリーグからなでしこリーグへ昇格するにあたり、なでしこリーグ準加盟(上記太字で示したチーム)でなければならないことはこれまでと同様である。ただし、昇格の権利を得られる条件は以下の通りに変更されている[5]

  • チャレンジリーグで4位以内に入ったチームのうち、さらに準加盟のチームのみで順位を付け、
    • 準加盟のチーム中で1位のチームは、なでしこリーグ10位チームと自動入れ替え。
    • 準加盟のチーム中で2位のチームは、なでしこリーグ9位チームとの入れ替え戦(ホーム・アンド・アウェー方式)を行う。
  • なお上位4チーム中準加盟当該チームが1チームのみである場合、なでしこリーグ9位チームの入れ替え戦出場は行わない。また該当無しの場合は入れ替えは一切ない。

なお最終的に、チャレンジリーグの1位および2位はともに準加盟チームとなったため、1位のベガルタ仙台レディースが自動昇格、2位のFC高梁吉備国際大学Charmeが入れ替え戦出場となった。またなでしこリーグからは、10位の福岡J・アンクラスが自動降格、9位のASエルフェン狭山FCが入れ替え戦出場となった[6]

入れ替え戦は以下の通り[7]


この結果FC高梁吉備国際大学Charmeの2勝となり、FC高梁吉備国際大学Charmeがなでしこリーグに昇格することが決定。


リーグ外からチャレンジリーグへの昇格方法[編集]

上記の通り、2013年よりチャレンジリーグを16チームとするため、以下の方法で入れ替えを行う[5]

  • 地域リーグの成績上位チーム、かつチャレンジリーグ参加希望チームで争う「チャレンジリーグ入れ替え戦予備戦」の成績上位4チームまでを自動昇格とする(但し4チーム以下の場合は予備戦なしとして、そのまま昇格とみなす)。
  • チャレンジリーグの参加希望チームが5チーム以上あった場合、その5位・6位とチャレンジリーグの11・12位とで入れ替え戦を行う(5チームのみの場合はチャレンジリーグ側の入れ替え戦出場は12位のみ)。
  • 地域リーグからの昇格については「2012年度新加盟チーム決定方法」に基づいて決定する。

チャレンジリーグ入替戦予選大会[編集]

チャレンジリーグ参入チーム決定(チャレンジリーグ入替戦予選大会)の方式は以下の通り[8]

11月2日
出場7チームのうち、1チームを除いた6チームが2チームずつに分かれて対戦し、勝者がチャレンジリーグに自動昇格する。
11月3日
11月2日の試合に敗れた3チームと、11月2日の試合に出場しなかった1チームを加えた4チームが2チームずつに分かれて対戦する。
11月4日
11月3日の勝者同士が対戦し、勝利したチームはチャレンジリーグに自動昇格、敗れたチームは入れ替え戦でチャレンジリーグの12位と対戦する。また11月3日の敗者同士が対戦し、勝利したチームは入れ替え戦でチャレンジリーグの11位と対戦、敗れたチームは所属のリーグに残留となる。
11月2日 11月3日 11月4日
                   
【1】勝者は自動昇格
 清水第八プレアデス 3
【4】
 益城ルネサンス熊本FC 2
 益城ルネサンス熊本FC 0
【2】勝者は自動昇格
 ノルディーア北海道 1
 セレッソ大阪レディース 2
【7】勝者は自動昇格
 ノルディーア北海道 1
 ノルディーア北海道 0
【3】勝者は自動昇格
 ノジマステラ神奈川 4
 HOYOスカラブFC (aet) 2
【5】
 NGU名古屋FCレディース 1
 NGU名古屋FCレディース 1
【6】敗者は残留
 ノジマステラ神奈川 5
   益城ルネサンス熊本FC 0 (8)
   NGU名古屋FCレディース (PK) 0 (9)

#1
清水第八プレアデス 3 - 2 益城ルネサンス熊本FC
谷口絵美 6分にゴール 6分
濱中沙希 50分にゴール 50分
宮川朋子 74分にゴール 74分
公式記録 (PDF) 塚本舞 35分にゴール 35分
寺澤希 85分にゴール 85分

#2
セレッソ大阪レディース 2 - 1 ノルディーア北海道
林穂之香 15分にゴール 15分
80分にゴール 80分 (OG)
公式記録 (PDF) 田畑沙由理 42分にゴール 42分

#3
HOYOスカラブFC 2 - 1
(延長)
NGU名古屋FCレディース
松本芽依 90分にゴール 90分
清末千尋 98分にゴール 98分
公式記録 (PDF) 市原理奈 69分にゴール 69分

#4
益城ルネサンス熊本FC 0 - 1 ノルディーア北海道
公式記録 (PDF) 神成美紀 60分にゴール 60分

#5
NGU名古屋FCレディース 1 - 5 ノジマステラ神奈川
山田仁衣奈 42分にゴール 42分 公式記録 (PDF) 後藤麻衣香 40分にゴール 40分
吉見夏稀 50分にゴール 50分 (PK)
金井奈苗 55分にゴール 55分63分
長澤まどか 70分にゴール 70分

#7
ノルディーア北海道 0 - 4 ノジマステラ神奈川
公式記録 (PDF) 井上友利恵 21分にゴール 21分
52分にゴール 52分 (o.g.)
河原﨑希 55分にゴール 55分
金井奈苗 63分にゴール 63分

結果

チャレンジリーグ自動昇格
清水第八プレアデス、セレッソ大阪レディース、HOYOスカラブFC、ノジマステラ神奈川
入れ替え戦進出
NGU名古屋FCレディース、ノルディーア北海道

チャレンジリーグ入替戦[編集]

チャレンジリーグ11位・12位のチームと、入替戦予選大会の2チームがホーム&アウェーアウェーゴールルール採用)で対戦する[9]

チーム #1 合計 チーム #2 第1戦 第2戦
ノルディーア北海道 0 - 4 JAPANサッカーカレッジレディース 0 - 3 0 - 1
NGU名古屋FCレディース 1 - 7 AC長野パルセイロ・レディース 1 - 2 0 - 5

合計得点4-0でJAPANサッカーカレッジレディースが勝利


合計得点7-1でAC長野パルセイロ・レディースが勝利


結果、JAPANサッカーカレッジレディースおよびAC長野パルセイロ・レディースがチャレンジリーグに残留、ノルディーア北海道およびNGU名古屋FCレディースが地域リーグに残留。

出典[編集]

  1. ^ 2012年1月24日・日本女子サッカーリーグリリース
  2. ^ 時事通信・2012年1月24日
  3. ^ 日刊スポーツ・2012年1月25日付同・2011年12月1日付
  4. ^ プレナスなでしこリーグ2012/プレナスチャレンジリーグ2012 表彰式受賞者発表
  5. ^ a b リーグ概要”. 日本女子サッカーリーグオフィシャルサイト. 2012年4月17日時点のオリジナルよりアーカイブ。2012年4月17日閲覧。
  6. ^ プレナスなでしこリーグ2012 終了について”. 日本女子サッカーリーグオフィシャルサイト (2012年11月11日). 2012年11月14日閲覧。
  7. ^ なでしこリーグ&チャレンジリーグ入替戦 対戦カード、会場等決定の件”. 日本女子サッカーリーグオフィシャルサイト (2012年11月13日). 2012年11月14日閲覧。
  8. ^ 2012チャレンジリーグ入替戦予選大会”. 日本女子サッカーリーグオフィシャルサイト. 2012年10月23日閲覧。
  9. ^ 2012チャレンジリーグ入替戦について”. 日本女子サッカーリーグオフィシャルサイト (2012年11月6日). 2012年11月6日閲覧。

関連項目[編集]