小林里歌子

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
Jump to navigation Jump to search
小林 里歌子 Football pictogram.svg
名前
カタカナ コバヤシ リカコ
ラテン文字 KOBAYASHI Rikako
基本情報
国籍 日本の旗 日本
生年月日 (1997-07-21) 1997年7月21日(21歳)
出身地 兵庫県神戸市
身長 160cm
体重 52kg
選手情報
在籍チーム 日テレ・ベレーザ
ポジション FWMF
背番号 18
利き足 右足
ユース
若草少年サッカークラブ
2010- アギラス神戸ジュニアユース
2011-2012 プラセル神戸
2013-2015 常盤木学園高校
クラブ1
クラブ 出場 (得点)
2016- 日テレ・ベレーザ 0 (0)
代表歴2
2013-2014 日本の旗 日本 U-17[1] 15 (12)
2014-2015 日本の旗 日本 U-19[2] 8 (7)
1. 国内リーグ戦に限る。2017年10月7日現在。
2. 2016年8月3日現在。
■テンプレート■ノート ■解説■サッカー選手pj

小林 里歌子(こばやし りかこ、1997年7月21日 - )は、兵庫県神戸市出身の女子サッカー選手。常盤木学園高等学校サッカー部を経て日テレ・ベレーザ所属[3]。ポジションはFWMF。兄はヴィッセル神戸小林成豪

経歴[編集]

小学校時代に兄の小林成豪も所属していた地元の若草少年サッカークラブでサッカーを始める。神戸市立小束山小学校出身。小学6年生の時には4x100mリレーの選手として神戸女子選抜長距離大会に参加して3位になる[4]。10歳で神戸市女子トレセンU-11、12歳でナショナルトレセンU-12関西を経て、U-13日本女子選抜に選ばれた。神戸市立多聞東中学校に進学すると同時にアギラス神戸に入団、12歳でなでしこチャレンジリーグの試合に出場するようになった。

2011年、創立したばかりのプラセル神戸に入団し、背番号10をつけた。

2013年、高校女子サッカー界の名門常盤木学園高等学校へ進学。同年9月にはAFC U-16女子選手権中華人民共和国南京市)に出場し、得点王に輝く活躍でチームに優勝に導く。

2014年、2014 FIFA U-17女子ワールドカップコスタリカ)に出場、大会を通して2得点にとどまったものの、スペインとの決勝で試合を決定づける児野楓香の2点目をアシストをするなど攻守にわたって躍動し、日本の初優勝に大きく貢献した。

2015年、AFC U-19女子選手権中華人民共和国南京市)に出場、準決勝まで出場したすべての試合でゴールする活躍を見せる。翌年のU-20W杯の出場権がかかった準決勝の韓国戦では、日本が試合の主導権を握りながら攻めあぐねる中、82分に値千金の決勝点をあげた。また国内リーグでも、チャレンジリーグで13試合13得点の活躍で自身初となるリーグ得点王、リーグMVPに輝いた。9月30日、宮城県代表として出場していた第70回国民体育大会の準決勝の三重戦で負傷。前十字靱帯断裂、全治6か月と診断された[5]。2016年1月の第24回全日本高等学校女子サッカー選手権大会に出場出来なかった。

2016年、法政大学に進学。1月19日、かねてから内定が報道されていた[6]日テレ・ベレーザへの入団が発表された。しかしシーズン大半を前年負った怪我のリハビリに当てることとなる。7月にはパプアニューギニアで11月に開幕するU-20杯での活躍が期待される選手としてFIFAのインタビュー内で大会への抱負を語り[7]、9月にはチーム練習に参加している旨が公表されるなど[8]、AFC U-19選手権MVPでU-19代表チーム得点王である小林の復帰への期待は自然と高まったが、ホーム戦の第15節と17節のベンチ入りのみにとどまり、10月24日に発表されたU-20女子日本代表からは選外となった。結局リーグ終了まで実戦復帰は叶わず、11月には今度は右膝半月板を損傷し手術していた事が発表された[9]

2017年、公表されていた2度目の怪我の全治予定時期を過ぎてもベンチ入りする事はなく、公式戦に出場せずにシーズンを終えた。

2018年、4月1日のリーグカップ戦第1節ジェフ千葉戦で実に2年6ヶ月ぶりに公式戦復帰を果たした[10]。同月15日には復帰3試合目となるリーグカップ戦第3節でリーグ公式戦初ゴールをあげた[11]

プレースタイル[編集]

運動量が豊富で[12][13]確かなテクニックと状況判断能力に優れる[14]。小学校時に短距離の選手だったこともあり[4]、裏への瞬間的な飛び出しや[15]DFを振り切るドリブルも武器としている[16]。AFC U-16やAFC U-19でチーム得点王に輝くなど、生粋の点取り屋のイメージが強いが、視野が広く[17]、サイドでの起点作りや、ドリブルからのチャンスメイクも得意としている[18]。 反面、ゴールが近くても味方へのパスを選択する事があり[19]、2015年に放送された『めざせ!2020年のオリンピアン〜東京五輪の原石たち〜』(NHK総合テレビ) では、元日本代表の前園真聖にその点を改善すべき点として挙げられていた[20]

個人成績[編集]

国内大会個人成績
年度クラブ背番号リーグ リーグ戦 リーグ杯オープン杯 期間通算
出場得点 出場得点出場得点 出場得点
日本 リーグ戦 リーグ杯 皇后杯 期間通算
2010 アギラス神戸 22 チャレンジ WEST 11 2 - - 11 2
2011 プラセル神戸 10 関西2部A 7 8 - - 7 8
2012 関西1部 9 6 - - 9 6
2013 常盤木学園高校 30 チャレンジ 13 4 - 1 0 14 4
2014 9 19 14 - 2 0 21 14
2015 10 チャレンジ EAST 13 13 - 0 0 13 13
2016 日テレ・ベレーザ 18 なでしこ1部 0 0 0 0 0 0 0 0
2017 0 0 0 0 0 0 0 0
通算 日本 1部 0 0 0 0 0 0 0 0
日本 2部 43 20 - 3 0 46 20
日本 3部 13 13 - 0 0 13 13
日本 その他 16 14 - - 16 14
総通算 72 47 - 3 0 75 47

タイトル[編集]

個人
代表
常盤木学園高等学校サッカー部
日テレ・ベレーザ

脚注[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ チーム立ち上げ時はU-16。
  2. ^ チーム立ち上げ時はU-18。
  3. ^ 小林里歌子選手新加入のお知らせ 日テレ・ベレーザプレスリリース 2016年1月19日付
  4. ^ a b 2009 第17回 神戸女子選抜長距離大会 成績一覧”. 兵庫陸上競技協会. 2016年1月8日閲覧。
  5. ^ 常盤木学園・小林 前十字靱帯断裂で全治6カ月 日刊スポーツ 2015年12月7日閲覧
  6. ^ 常盤木学園FW小林里が日テレ入団へ”. 河北新報社. 2016年1月8日閲覧。
  7. ^ Japan's Kobayashi eyeing U-20 World Cup success FIFA 2016年7月14日
  8. ^ 公式インスタグラムの投稿東京ヴェルディ 2016年9月10日
  9. ^ 小林里歌子選手の怪我について 日テレ・ベレーザ 2016年11月16日
  10. ^ 2018プレナスなでしこリーグカップ1部 Aグループ 第1節 【公式記録】 (PDF) なでしこリーグ 2018年4月1日
  11. ^ 2018プレナスなでしこリーグカップ1部 Aグループ 第3節 【公式記録】 (PDF) なでしこリーグ 2018年4月15日
  12. ^ U-17女子W杯 決勝 日本 vs スペイン”. 超ワールドサッカー. 2016年1月14日閲覧。
  13. ^ 小林2発ヤングなでしこ白星発進 U19アジア選手権”. 日刊スポーツ. 2016年1月14日閲覧。
  14. ^ アジア制覇のヤングなでしこ高倉監督「勝負に対する気持ちに満足」”. サッカーキング. 2016年1月14日閲覧。
  15. ^ FIFA U-17女子ワールドカップ コスタリカ 2014(3/15~4/4)招集メンバー 小林里歌子”. JFA. 2016年1月14日閲覧。
  16. ^ [チャレンジリーグ]EAST|第3節 小林里歌子の2試合連続ゴールで常盤木学園が首位浮上”. minasaka.net. 2016年1月14日閲覧。
  17. ^ 未来のなでしこ2人優勝に貢献、手応えつかむ”. 河北新報. 2016年1月14日閲覧。
  18. ^ U-17女子W杯で決勝進出…“リトルなでしこ”快進撃の理由”. サッカーキング. 2016年1月14日閲覧。
  19. ^ めざせ! 2020年のオリンピアン サッカー前園復活!? 未来のエースに喝!”. gooテレビ番組. 2016年1月14日閲覧。
  20. ^ めざせ!2020年のオリンピアン”. TVでた蔵. 2016年1月14日閲覧。

関連項目[編集]

外部リンク[編集]