山本絵美

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
山本 絵美
名前
愛称 えみーにょ[1]、えみさん、えみこ[2]
カタカナ ヤマモト エミ
ラテン文字 YAMAMOTO Emi
基本情報
国籍 日本の旗 日本
生年月日 (1982-03-09) 1982年3月9日(41歳)
出身地 神奈川県三浦市
身長 157cm[2]
体重 51kg[2]
選手情報
ポジション MF
利き足 右足[1]
ユース
1988-1994 上宮田少年SC
1994-1997 横須賀シーガルズFC
1997-2000 湘南女子高等学校
クラブ1
クラブ 出場 (得点)
2000-2008 日本の旗 田崎ペルーレFC
0/0TASAKIペルーレFC
145 (62)
2009-2010 アメリカ合衆国の旗 シカゴ・レッドイレブン 4 (0)
2010-2012 アメリカ合衆国の旗 LA・パリ・ブルーズ 2 (0)
2012-2013 イタリアの旗 ASDナポリ・カルチョ・フェンミニーレ 18 (9)
2014-2020 日本の旗 横浜FCシーガルズ
0/0ニッパツ横浜FCシーガルズ
104 (15)
2021-2023 日本の旗 ちふれASエルフェン埼玉 11 (0)
代表歴
2003-2004 日本の旗 日本 22 (4)
1. 国内リーグ戦に限る。2023年6月14日現在。
■テンプレート■ノート ■解説■サッカー選手pj

山本 絵美(やまもと えみ、1982年3月9日 - )は、神奈川県三浦市出身の元女子サッカー選手。サッカー指導者。現役時代のポジションはミッドフィールダー

人物・来歴[編集]

上宮田小学校のころ、兄の影響で小学1年より上宮田少年サッカークラブでサッカーを始め、南下浦中学校のころには横須賀シーガルズFCの女子チームに所属。湘南女子高校を経て田崎真珠に就職し、同時に田崎ペルーレFCへ入団した。

初シーズンの第12回日本女子サッカーリーグ2000年)で10試合7得点の活躍により新人賞を獲得した。

小柄だがキック力があり、2004年のアテネオリンピックではアメリカ戦において直接フリーキックにより同点ゴールを奪っている。

そのプレースタイルや風貌から俗に「女ロナウジーニョ」と呼ばれることもある。本人もブラジル代表ロナウジーニョのファンであることは有名。また他人から(風貌については)このように呼ばれるのは不本意だと語っているが、2006年なでしこリーグオールスターでは選手入場の際に "RONALDINHO" とネームを入れたFCバルセロナのユニフォームと長髪のカツラをかぶって登場し、観衆を沸かせた。

2007年からペルーレの主将を務めていたが、2008年限りで休部となり、2009年からはアメリカ合衆国USL Wリーグシカゴ・レッドイレブンでプレーする。

2010年からカリフォルニア州にあるUSL Wリーグチーム、LA Pali Bluesでプレー[3]2012年からはイタリアセリエAナポリでプレー。加入からわずか3ヶ月の間に、12試合で6ゴールを決める活躍で、リーグ最優秀選手賞に相当する2013年「アーリ・デッラ・ヴィットーリア(勝利の翼)」賞を受賞。

2014年3月に、選手兼コーチとして横浜FCシーガルズに加入[4]

2021年ちふれASエルフェン埼玉へ移籍[5]

2023年5月16日2022-23シーズン限りで引退することが発表された[6]。同年7月19日にエルフェントップチームのコーチに就任した[7]

個人成績[編集]

クラブ[編集]

国内大会個人成績
年度クラブ背番号リーグ リーグ戦 リーグ杯オープン杯 期間通算
出場得点 出場得点出場得点 出場得点
日本 リーグ戦 リーグ杯 皇后杯 期間通算
2000 田崎ペルーレFC 14 L・リーグ 10 7 -
2001 13 3 -
2002 7 10 5 -
2003 20 17 - 4 2 24 19
2004 TASAKIペルーレFC L・リーグ1部(L1) 14 3 - 3 1 17 4
2005 21 13 - 5 5 26 18
2006 なでしこDiv.1 17 3 - 4 0 21 3
2007 21 6 3 3 4 2 28 11
2008 19 5 - 3 2 22 7
アメリカ リーグ戦 リーグ杯 オープン杯 期間通算
2009 シカゴ・レッドイレブン USL Wリーグ 4 0 4 0
2010 LA・パリ・ブルーズ 2 0 2 0
イタリア リーグ戦 リーグ杯 オープン杯 期間通算
2012-13 ASDナポリ・カルチョ・フェンミニーレ セリエA 18 9 0 0 18 9
日本 リーグ戦 リーグ杯 皇后杯 期間通算
2014 横浜FCシーガルズ 7 関東2部 4 - - 4
2015 チャレンジEAST 18 4 - 2 0 20 4
2016 ニッパツ横浜FCシーガルズ なでしこ2部 16 2 7 2 3 0 26 4
2017 18 0 8 1 1 0 27 1
2018 17 3 8 1 1 0 26 4
2019 18 1 8 1 2 0 28 2
2020 17 1 - 2 0 2 0
2021-22 ちふれASエルフェン埼玉 WE 10 0 - 1 0 11 0
2022-23 1 0 - - 1 0 2 0
通算 日本 1部 156 62 3 3 25 12 184 77
日本 2部 86 7 31 5 9 0 126 12
日本 3部 18 4 - 2 0 20 4
日本 関東2部 4 - - 4
アメリカ 2部 6 0 - - 6 0
イタリア 1部 18 9 - 0 0 18 9
総通算 284 86 34 8 36 12 354 106

代表[編集]

出場大会[編集]

試合数[編集]


日本代表国際Aマッチ
出場得点
2003 14 1
2004 8 3
通算 22 4
  • 出典: なでしこジャパン(日本女子代表)試合別出場記録[8]
  • 出典: なでしこジャパン(日本女子代表)選手個人記録(出場試合数ランキング)[9]

ゴール[編集]

# 開催日 開催都市 スタジアム 対戦国 結果 監督 大会 出典
1 2003年9月21日 アメリカ合衆国の旗 コロンバス コロンバス・クルー・スタジアム アルゼンチンの旗 アルゼンチン ○ 6-0 上田栄治 2003 FIFA女子ワールドカップ [10]
2 2004年4月18日 日本の旗 東京都 駒沢陸上競技場 ベトナムの旗 ベトナム ○ 7-0 2004年アテネオリンピック・アジア予選 [11]
3 2004年4月22日 国立霞ヶ丘競技場陸上競技場 タイ王国の旗 タイ ○ 6-0 [12]
4 2004年8月20日 ギリシャの旗 テッサロニキ カフタンゾグリオ・スタジアム英語版 アメリカ合衆国の旗 アメリカ合衆国 ● 1-2 2004年アテネオリンピック [13]

タイトル[編集]

個人[編集]

ユース[編集]

脚注[編集]

  1. ^ a b 『PlenusなでしこリーグPlenusチャレンジリーグオフィシャルガイドブック2017』ぴあ、2017年、72頁。ISBN 978-4-8356-3249-0 
  2. ^ a b c 山本 絵美 | ちふれASエルフェン埼玉”. ちふれASエルフェン埼玉 オフィシャルサイト CHIFURE ELFEN SAITAMA. 2021年5月3日閲覧。
  3. ^ TASAKIペルーレFC 阪口夢穂・山本絵美 移籍先チーム決定のお知らせ (PDF) 田崎真珠 2009年2月20日付プレスリリース[リンク切れ]
  4. ^ 横浜FCシーガルズ 山本絵美選手兼コーチ加入決定のお知らせ横浜FC 2014年3月11日付報道提供[リンク切れ]
  5. ^ 山本 絵美 選手 移籍加入のお知らせ”. ちふれASエルフェン埼玉 オフィシャルサイト CHIFURE AS ELFEN SAITAMA (2021年1月13日). 2021年5月3日閲覧。
  6. ^ 山本絵美選手 現役引退のお知らせ”. ちふれASエルフェン埼玉 オフィシャルサイト (2023年5月16日). 2023年5月16日閲覧。
  7. ^ トップチームコーチに山本絵美氏が就任”. ちふれASエルフェン埼玉 オフィシャルサイト (2023年7月19日). 2024年2月23日閲覧。
  8. ^ なでしこジャパン(日本女子代表) 試合別出場記録”. 日本サッカー協会 (2008年7月29日). 2021年6月12日閲覧。
  9. ^ なでしこジャパン(日本女子代表)選手個人記録(出場試合数ランキング)”. 日本サッカー協会 (2008年7月29日). 2021年6月12日閲覧。
  10. ^ FIFA Women's World Cup USA 2003 - Matches - Japan-Argentina”. FIFA.com (2019年6月8日). 2015年9月27日時点のオリジナルよりアーカイブ。2024年2月23日閲覧。
  11. ^ 公式記録” (PDF). 日本サッカー協会. 2004年7月28日時点のオリジナルよりアーカイブ。2024年2月23日閲覧。
  12. ^ 公式記録” (PDF). 日本サッカー協会. 2004年7月28日時点のオリジナルよりアーカイブ。2024年2月23日閲覧。
  13. ^ MATCH Report”. FIFA.com (2013年3月18日). 2013年3月18日時点のオリジナルよりアーカイブ。2024年2月23日閲覧。

外部リンク[編集]