半保護されたページ

泉美幸

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動

泉 美幸 Football pictogram.svg
名前
カタカナ イズミ ミユキ
ラテン文字 IZUMI Miyuki
基本情報
国籍 日本の旗 日本
生年月日 (1975-05-31) 1975年5月31日(46歳)
出身地 日本の旗 日本東京都立川市
身長 158cm[1]
体重 50kg[1]
選手情報
ポジション FW
利き足 右足
ユース
日本の旗 FC小平
クラブ1
クラブ 出場 (得点)
1989-1992 日本の旗 新光精工FCクレール 48 (6)
1993-1995 日本の旗 TOKYO SHiDAX LSC 37 (13)
1996-1998 日本の旗 鈴与清水FCラブリーレディース 30 (22)
1999-2006 日本の旗 NTVベレーザ
0/0日テレ・ベレーザ
44 (26)
代表歴2
1996 日本の旗 日本 5 (0)
1. 国内リーグ戦に限る。2020年6月30日現在。
2. 2020年6月30日現在。
■テンプレート■ノート ■解説■サッカー選手pj

泉 美幸(いずみ みゆき、1975年5月31日 - )は、東京都立川市出身の元女子サッカー選手、サッカー指導者。東京都立秋留台高等学校卒。現役時代のポジションはフォワード

経歴

FC小平でサッカーを始める(小学生時代は大山ファニーキャッツ)。立川市立第五中学校在学中の1989年にはチームが第1回日本女子サッカーリーグ(JLSL)へ新光精工FCクレールとして参加。中心選手として10試合全てに出場し2得点をあげる。チームはその後、移管によりTOKYO SHiDAX LSCとなったが、練習場の確保ができないなどの理由により廃部となり、1996年鈴与清水FCラブリーレディースへ移籍した。

同じ年、日本女子代表に招集されるとアメリカ合衆国で行われた「US女子カップ」のアメリカ戦に途中交代で代表デビューを果たした。さらに同年のアトランタオリンピックのでもノルウェー戦に途中交代で出場した。

1997年は故障のため1試合も出場できなかったが、1998年に18試合出場21得点と華々しく復活し、ベストイレブンにも選出された。シーズン後にチームがリーグから脱退したためNTVベレーザに移籍し、1999年は14試合出場14得点と活躍した。

翌年と翌々年も主力として活躍したが、2002年は故障のため1試合も出場がなく、その後も故障の再発による離脱を繰り返し、出場はほとんど試合途中の交代によるものであった。

2006年シーズン後に引退を表明。現在は指導者としてトライフットボールスクールでコーチを務めている[2]

個人成績

国内大会個人成績
年度クラブ背番号リーグ リーグ戦 リーグ杯オープン杯 期間通算
出場得点 出場得点出場得点 出場得点
日本 リーグ戦 リーグ杯 皇后杯 期間通算
1989 新光精工FCクレール 10 JLSL 10 2 -
1990 12 0 -
1991 9 0 -
1992 17 4 -
1993 TOKYO SHiDAX LSC 17 2 -
1994 L・リーグ 3 0 -
1995 17 11 -
1996 鈴与清水FCラブリーレディース 20 12 1
1997 9 0 0
1998 18 21
1999 NTVベレーザ 23 14 14
2000 日テレ・ベレーザ 9 10 7 -
2001 10 4 -
2002 0 0 -
2003 13 8 1 -
2004 L・リーグ1部 (L1) 1 0 -
2005 1 0 -
2006 なでしこ Div.1 0 0 -
通算 日本 1部 159 67
総通算 159 67

タイトル

クラブ

個人

  • 日本女子サッカーリーグ ベストイレブン: 1回 (1998)

代表歴

主な出場歴

試合数


日本代表国際Aマッチ
出場得点
1996 5 0
通算 5 0
  • 出典: なでしこジャパン(日本女子代表)試合別出場記録[3]

脚注

[脚注の使い方]
  1. ^ a b JOC
  2. ^ コーチ陣”. トライフットボールスクール. 2020年6月30日閲覧。
  3. ^ なでしこジャパン(日本女子代表)試合別出場記録”. 日本サッカー協会 (2008年7月29日). 2021年6月12日閲覧。

外部リンク