上田栄治

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
上田 栄治 Football pictogram.svg
名前
カタカナ ウエダ エイジ
ラテン文字 UEDA Eiji
基本情報
国籍 日本の旗 日本
生年月日 (1953-12-22) 1953年12月22日(63歳)
出身地 千葉県館山市
身長 176cm
体重 68kg
選手情報
ポジション FW
ユース
青山学院大学
クラブ1
クラブ 出場 (得点)
1976-1982 フジタ工業 88 (20)
監督歴
1999 ベルマーレ平塚
2000-2002 マカオの旗 マカオ
2003-2004  日本女子
2004-2006 湘南ベルマーレ
1. 国内リーグ戦に限る。
■テンプレート■ノート ■解説■サッカー選手pj

上田 栄治(うえだ えいじ、1953年12月22日 - )は、千葉県館山市出身の元サッカー選手、サッカー指導者。現在は日本サッカー協会特任理事、女子委員長を務めている。

略歴[編集]

千葉県立薬園台高等学校から青山学院大学を経て、1976年からフジタ工業クラブサッカー部(現、湘南ベルマーレ)に加入。選手時代はフォワードとして8年間プレーし、日本サッカーリーグ(JSL)優勝3回、天皇杯優勝2回に貢献。20得点を挙げた。

選手引退後もフジタのコーチを担当。1993年にフジタを退社し日本サッカー協会のナショナルトレーニングコーチ北海道地区担当、強化(技術)委員などを経て、1999年にベルマーレ平塚の監督に就任。しかし、前年度までの中心選手だった中田英寿の抜けたチームは開幕から最下位を独走し、シーズン途中で不振の責任を取り辞任した(その後平塚は最下位でJ2降格)。2000年から約2年半の間、アジアサッカー連盟の発展途上25カ国の一つであるマカオから、コーチの派遣要請を受け入れてマカオ代表、ユース代表チームで監督を務めた。2000年にAFCアジアカップ2000 (予選)日本代表と対戦した。

2002年8月から日本女子代表の監督に就任。2003 FIFA女子ワールドカップアテネオリンピック (2004年)出場に導いた。

2004年9月、低迷の続いていた湘南ベルマーレ監督に復帰。2005年の前半は昇格争いにも絡んだが徐々に失速して結局7位に終わる。2006年は第15節までの14試合で6勝4敗4分けとまずまずの成績を残していたがそこから5連敗を喫し、6月8日に成績不振の責任を取り辞任した。

2006年9月に日本サッカー協会女子委員長に就任[1]

2013年7月にJヴィレッジを運営する株式会社日本フットボールヴィレッジの代表取締役副社長に就任した[2]

所属クラブ[編集]

選手歴[編集]

指導歴[編集]

個人成績[編集]

国内大会個人成績
年度 クラブ 背番号 リーグ リーグ戦 リーグ杯 オープン杯 期間通算
出場 得点 出場 得点 出場 得点 出場 得点
日本 リーグ戦 JSL杯 天皇杯 期間通算
1976 フジタ JSL1部
1977 4
1978
1979 18
1980
1981 16 5
1982
通算 日本 JSL1部 88 20
総通算 88 20

監督成績[編集]

年度 所属 クラブ リーグ戦 カップ戦
順位 試合 勝点 勝利 引分 敗戦 ナビスコ杯 天皇杯
1999 J1 平塚 16位 15 3 0 12 1回戦敗退 -
2004 J2 湘南 10位 11 8 1 5 5 - 5回戦敗退
2005 7位 44 54 13 15 16 - 3回戦敗退
2006 - 19 22 6 4 9 - -
J1通算 - 15 - 3 0 12
J2通算 - 74 - 20 24 30
  • 1999年はファーストステージのみ(順位はステージ順位)。
  • 2004年は9月より(順位は最終順位)。
  • 2006年は途中解任。

脚注[編集]

[ヘルプ]

関連項目[編集]

参考文献[編集]