鈴木良平

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索

鈴木 良平(すずき りょうへい 1949年6月12日 - )はサッカー指導者、解説者。ドイツサッカー協会(DFB)の公認S級ライセンスを取得している。

プロフィール[編集]

東海大学卒業後、1973年に西ドイツ(当時)のボルシア・メンヒェングラートバッハへ留学し、名将ヘネス・ヴァイスヴァイラー監督の下でコーチ修業。また同時にケルン体育大学にも通い、S級ライセンスを取得した。

1975年10月に帰国して三菱養和に所属し、サッカー日本ユース代表監督などを務めたのち、1984-85年シーズンには西ドイツ・ドイツ・ブンデスリーガ1部のアルミニア・ビーレフェルトのヘッドコーチ兼ユース監督を35歳という若さで務めたが、チーム事情の関係もあり、年間順位16位となって翌年の2部リーグ落ちさせてしまった。

1986年日本女子代表(現・なでしこジャパン)では初の専任監督に就任。合宿や海外遠征の費用を工面しインドネシアイタリア遠征を実現させるなどの強化に取り組み[1]、とくに1986年12月に香港で開催された第6回AFC女子選手権(現・女子アジアカップ)では2位という好成績を収めた。当時、男子代表でも採用されていなかったフラット4を日本代表として最初に採用(このため、DF経験のなかった野田朱美をコンバートした)したのは彼である。

1989年L・リーグ日興證券ドリームレディース監督に就任。1998年にはJリーグアビスパ福岡でコーチを務めたが年間順位最下位に終わり、シーズン後に行われたJ1参入決定戦では初戦に(旧)JFL所属の川崎フロンターレ戦で薄氷の勝利を収める(J1参入決定予備戦)など、かろうじてJ1残留を遂げた。

2006-07シーズンまでJ SPORTSでブンデスリーガの解説を担当。実況の谷口広明からは「ミスター・ブンデスリーガ」と紹介されていた。2008年現在は、スカパー!UEFAチャンピオンズリーグの解説(ブンデスリーガ所属チームの対戦時)を担当している。

日刊ゲンダイにサッカーコラムを寄稿し、2010 FIFAワールドカップ前には一貫して岡田武史監督の解任を訴えた。2015年2015 FIFA女子ワールドカップの決勝戦でアメリカと戦った試合に対して、『日刊ゲンダイ』の記事において佐々木則夫監督の作戦を「不可解」で「目を疑う」と辛辣に批判し、監督としての力量に疑問を投げかけた。そして、日本代表の戦いぶりに対しては「これが欧州リーグだったら、試合後の記者会見で佐々木監督は厳しい質問にさらされ、火だるまになることだろう」と厳しい評価を下した[2]

出演番組[編集]

脚注[編集]

[ヘルプ]

関連項目[編集]