手塚貴子

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
手塚 貴子 Football pictogram.svg
名前
カタカナ テヅカ タカコ
ラテン文字 TEZUKA Takako
基本情報
国籍 日本の旗 日本
生年月日 (1970-11-06) 1970年11月6日(46歳)
出身地 栃木県宇都宮市
選手情報
ポジション FW
クラブ1
クラブ 出場 (得点)
19??-1999 読売/読売西友/NTV 118[1] (83[1])
代表歴2
1986-1991 日本の旗 日本 40 (19)
監督歴
????-2010 ブランカFC/栃木SCブランカ
2013 浦和レッズ・レディース
1. 国内リーグ戦に限る。
2. 2013年1月18日現在。
■テンプレート■ノート ■解説■サッカー選手pj

手塚 貴子(てづか たかこ、1970年11月6日 - )は、栃木県宇都宮市出身の元女子サッカー日本代表選手、サッカー指導者。元浦和レッドダイヤモンズ・レディース監督。現役時代のポジションはフォワード日本大学卒。2007年度、日本サッカー協会公認A級コーチライセンスを取得。U-20日本女子代表コーチナショナルトレセンコーチも務めた。

来歴[編集]

小学3年でサッカーを始め、10歳と12歳のときには全日本ジュニアボールリフティング大会で優勝したこともあるという。中学生のころ読売ベレーザに入団し15歳で日本女子代表に初選出された。

日本女子サッカーリーグ(JLSL→L・リーグ)では優勝3回に貢献。第1回日本女子サッカーリーグの開幕戦(1989年9月9日)では高倉麻子によるリーグ第1号ゴールを生み出すセンタリングをあげ、第3回日本女子サッカーリーグ(1991年)では最優秀選手(MVP)、最多得点(29点)、最多アシスト(31ポイント)の3部門を独占する快挙を遂げた。 また皇后杯全日本女子サッカー選手権大会では優勝4回に貢献し、第10回大会(1989年)でMVPとなった。

代表ではアジア選手権に4回に出場し、第11回アジア大会(1990年)で銀メダルを獲得。第1回FIFA女子世界選手権大会にも出場するなど40試合で19得点を挙げた[2]

1992年第4回日本女子サッカーリーグ後、就職により引退し、宇都宮市で少女チームの指導にあたっていたが、1996年第7回日本女子サッカーリーグ後期から現役に復帰した。

1999年のシーズンをもって引退後はサッカースクールなどで指導にあたり、のちにはNPO法人ブランカを結成。栃木県スポーツ振興審議会委員も務めている。2004年6月20日には日本サッカー協会特任理事に就任した。

2007年2月、代表を務める栃木県女子サッカーリーグ1部所属のブランカFCが、Jリーグ栃木SCの女子チーム「栃木SCブランカ」となった[3]。同チームでは2010年まで監督を務め、後任の監督には元浦和レッズレディース田代久美子(2009年~コーチ)が就任した。

2011年、栃木SCアカデミーセンターコーチに就任。同年11月、AFC U-16女子選手権AFC U-19女子選手権で日本を優勝に導いたことにより、アジア最優秀女子コーチに選ばれた[4]

2013年シーズンから浦和レッドダイヤモンズ・レディースの監督に就任[2]したが、同年6月、体調不良を理由に辞任した[5]

個人成績[編集]

国内大会個人成績
年度 クラブ 背番号 リーグ リーグ戦 リーグ杯 オープン杯 期間通算
出場 得点 出場 得点 出場 得点 出場 得点
日本 リーグ戦 リーグ杯 皇后杯 期間通算
1989 読売サッカークラブ女子・ベレーザ 10 JLSL 10 6
1990 15 12
1991 18 29
1992 読売日本サッカークラブ女子ベレーザ 9
1995 読売西友ベレーザ 26 L・リーグ 9 1
1996 9 18 5
1997 11 3
1998 読売ベレーザ 17 9
1999 NTVベレーザ 4 3
総通算

日本女子代表の成績[編集]

指導歴[編集]

  • 2005年・2011年 U-19日本女子代表コーチ
  • NPO法人ブランカFC監督
  • 2007年 - 2010年 栃木SCブランカ監督
  • 2010年 U-17日本女子代表コーチ
  • 2011年 U-16日本女子代表コーチ
  • 2011年 - 2012年 栃木SCアカデミーセンターコーチ
  • 2013年 浦和レッドダイヤモンズ・レディース監督

脚注[編集]