鮫島彩

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
鮫島 彩 Football pictogram.svg
名前
カタカナ サメシマ アヤ
ラテン文字 SAMESHIMA Aya
基本情報
国籍 日本の旗 日本
生年月日 1987年6月16日(28歳)
出身地 栃木県河内郡河内町(現・宇都宮市
身長 163cm
体重 53kg
選手情報
在籍チーム INAC神戸レオネッサ
ポジション MFDF
背番号 3
利き足 右足
ユース
1995-2002
2003-2005
日本の旗 河内SCジュベニール
日本の旗 常盤木学園高等学校
クラブ1
クラブ 出場 (得点)
2006-2011
2011
2011-2012
2012-2014
2015-
日本の旗 TEPCOマリーゼ
アメリカ合衆国の旗 ボストン・ブレイカーズ
フランスの旗 モンペリエHSC
日本の旗 ベガルタ仙台レディース
日本の旗 INAC神戸レオネッサ
98 (18)
5 (00)
18 (00)
21 (03)
代表歴2
2008- 日本の旗 日本 68 (04)
1. 国内リーグ戦に限る。2014年11月1日現在。
2. 2015年7月5日現在。
■テンプレート■ノート ■解説■サッカー選手pj

鮫島 彩(さめしま あや、1987年6月16日 - )は、栃木県河内郡河内町(現・宇都宮市)出身[1]女子サッカー選手。なでしこリーグINAC神戸レオネッサ所属。ポジションはMFDF(サイドバック)。

経歴

ユース時代

小学1年生のとき、たまたま近所に女子サッカー・チームがあり、その「サッカーというより鬼ごっこ」のような雰囲気に惹かれてサッカーを始める。中学校の部活ではテニス部に所属し、「絶対にサッカー選手になりたい」という気持ちはなかった[2]

ところが、安藤梢も在籍する地元クラブの河内SCジュベニールに所属すると、阿満憲幸監督の熱心な指導のもと、めきめきと頭角をあらわす[3]。その後U-15の全国大会に出場。実力を認められ、女子サッカー界の名門である常盤木学園高等学校宮城県仙台市)にサッカー留学した。1年からレギュラーに起用され、第14回全日本高等学校女子サッカー選手権大会では背番号10を背負い準優勝した。高校時代は攻撃的MFのポジションでスピードに乗ったドリブルを得意とした[4]。8度の全国大会出場、3度の準優勝を経験した鮫島は一躍注目を集め、U-18で初めて日本代表に選ばれる。しかし、母親と同じく「看護師になりたいという気持ちがあった」鮫島は、「代表練習に行くのはもう嫌で、嫌で」、また「欲がなくて、そういう高いレベルでプレーすることを望んでいなかった。」[5]

東京電力マリーゼ時代

なでしこリーグのYKK AP東北女子サッカー部フラッパーズ(宮城県志田郡三本木町、現・大崎市)が東京電力女子サッカー部マリーゼ福島県双葉郡広野町)になる際、高校卒業後の進路に悩む鮫島に誘いをかけたところ、高校の部活や代表合宿を通して「YKKの楽しい雰囲気」を知っていた鮫島はこれを承諾し、高校卒業後の2006年にマリーゼに入団[6]。プロ契約ではないため、東京電力福島第一原発で事務員の仕事をするかたわら、練習や試合に臨んだ[7]。レギュラーを獲得するとU-20日本女子代表に選出され、AFC U-19女子選手権2006マレーシアでは、韓国戦、インド戦、中国戦でゴールを決めた。

2007年、シーズンにチームはディビジョン2に降格したが、鮫島はmocなでしこリーグ2007ディビジョン2シーズン最優秀選手賞(MVP)を受賞し、チームも優勝して1年での一部復帰を果たした。

2007年以降なでしこチャレンジプロジェクトに参加すると、2008年にはなでしこジャパンに初選出された。代表ではサイドの突破力を買われ、ミッドフィールダーから左サイドバックにコンバートされた。2009年シーズンではマリーゼでも左サイドバックとして出場している。

ボストン/モンペリエ時代

2011年3月11日に発生した東北地方太平洋沖地震東日本大震災)によって引き起こされた福島第一原子力発電所事故の影響を受け、マリーゼが活動を自粛すると「このままサッカーを続けていいのか」と思い悩んだが、サッカーを続けることを選び[8]、マリーゼの練習に参加していたアメリカ人選手の誘いもあってWPSボストン・ブレイカーズに移籍した[9][10]。マリーゼの菅野将晃監督は「海外移籍には相当な不安感があったはず」と話している。米国への移籍は、東京電力でプレーしていたということで、国内移籍では受け入れ先に迷惑がかかるのではないか、という配慮もあった[11]。6月12日のスカイ・ブルーFC戦で後半はじめから途中出場したのがWPSデビューとなった。

6月に開催された2011 FIFA女子ワールドカップにおいても左サイドバックとして全試合でスタメンとしてプレーし、7月17日(日本時間18日未明)に行われた決勝戦でもアメリカ代表に勝利し優勝を決めたチームに貢献した[12]8月10日、これまでのスポーツ界の貢献に対して、同じく栃木県出身の安藤梢選手とともに栃木県県民栄誉賞を授与された[13]。ロンドン・オリンピック最終予選でもチームで唯一5試合フル出場した[14]

9月12日モンペリエHSC[15]と2年契約を結んだと発表。9月22日に正式契約し、監督のサラ・ムバレクは、「フランスとヨーロッパでは、サイドバックを任せられる選手が稀少であり求められている。だからわれわれは一歩先んじたわけだ。『サメ』は、サイドバックだけでなくもっと前の位置もこなす多機能の選手である。われわれの考える試合運びでは、サイドの役割が重要になってくる。彼女のようなタイプの選手を、まさにわれわれは待望していたのである」[16]との発言を残している。

12月22日、なでしこジャパン海外組の熊谷紗希(常盤木高の後輩)および大儀見優季とともに、大儀見の同級生が勤務する東松島市立矢本西小学校(宮城県東松島市)を訪問し、サッカー教室などで被災地の児童たちと交流した[17]。2012年6月をもってモンペリエHSCを退団。

ベガルタ仙台時代

2012年7月9日ベガルタ仙台レディースに移籍[18]。チーム初のプロ契約選手となる[19]

同年8月21日、仙台市から賛辞の楯が贈呈されることとなった[20]

日本代表としてロンドンオリンピックでは6試合中5試合に出場し、銀メダルを獲得した。

2013年3月20日仙台市内で常盤木学園高校と練習試合中、後半に右足の違和感を訴えて途中交代[21]、その後リハビリで様子を見ていたが5月23日に痛みが引かないため精密検査を行った結果、右太腿の肉離れと腱損傷で全治約3カ月と診断されたと発表[22]。その後もリハビリを続けて、そのリハビリ中に同じ施設に通っていた冬季オリンピックスノーボード女子パラレル大回転代表の竹内智香選手と交流を持ち、その後、竹内選手はソチオリンピックで銀メダルを獲得したことに刺激を受けた[23]。2014年2月28日にヒューストン・ダッシュへ半年間の完全移籍(9月にベガルタ仙台に戻る予定だった)[24]が決まったものの、2月の日本代表合宿中に再び負傷し、結局ヒューストン・ダッシュとの契約はできず[25]、7月下旬までリハビリを行っていた。2014年7月29日にベガルタ仙台レディースへ復帰が発表された[26]

INAC神戸レオネッサ時代

2015年1月、INAC神戸レオネッサにプロ契約での移籍を発表した[27]

所属クラブ

プレースタイル

語録

  • 「悲しい思いをし、辛い日々を送っている人がたくさんいる。少しでも元気づけられるプレーをするために、私はドイツに来た」… 2011年のW杯を前にしてジャーナリストの日々野真理に語った言葉 [30]
  • 「今回、優勝できたのも福島県の皆様の応援があってのことと思っており、福島県には大変お世話になりました。震災でご苦労されている福島県にせめて優勝のユニフォームをお贈りして、少しでも元気をだしていただければ幸いです」… 福島県庁の知事室にユニフォームを贈った時の添付メッセージ[31]

個人成績

国内大会個人成績
年度 クラブ 背番号 リーグ リーグ戦 リーグ杯 オープン杯 期間通算
出場 得点 出場 得点 出場 得点 出場 得点
日本 リーグ戦 リーグ杯 皇后杯 期間通算
2006 TEPCOマリーゼ 25 なでしこ Div.1 17 1 - 2 0 19 1
2007 21 なでしこ Div.2 21 8 4 3 3 0 28 11
2008 9 なでしこ Div.1 21 5 - 3 0 24 5
2009 21 1 - 3 1 24 2
2010 なでしこ 18 3 5 3 2 0 25 6
2011 8 活動自粛
アメリカ リーグ戦 リーグ杯 オープン杯 期間通算
2011 ボストン 28 WPS 5 0 - - 5 0
フランス リーグ戦 リーグ杯 オープン杯 期間通算
2011-12 モンペリエ 8 ディビジョン1 18 0 - 5 0 23 0
日本 リーグ戦 リーグ杯 皇后杯 期間通算
2012 ベガルタ仙台レディース 9 チャレンジ 6 3 - 2 1 8 4
2013 なでしこ 9 0 0 0 2 2 11 2
2014 6 0 - 3 1 9 1
2015 INAC神戸 3 -
通算 日本 1部 92 10 5 3 15 4 112 17
日本 2部 27 11 4 3 5 1 36 15
アメリカ WPS 5 0 - - 5 0
フランス 1部 18 0 - 5 0 23 0
総通算 142 21 9 6 25 5 176 32

獲得タイトル

日本代表

代表歴

出場大会

試合数


日本代表 国際Aマッチ
出場 得点
2008 2 1
2009 3 0
2010 15 1
2011 18 0
2012 14 0
2013 3 0
2014 2 1
2015 11 1
通算 68 4

(2015年7月5日現在)

ゴール

# 開催年月日 開催地 対戦国 勝敗 試合概要
1. 2008年5月31日 ベトナムの旗 ホーチミン チャイニーズタイペイの旗 チャイニーズタイペイ ○ 11-0 2008 AFC女子アジアカップ
2. 2010年5月20日 中華人民共和国の旗 成都 ミャンマーの旗 ミャンマー ○ 8-0 2010 AFC女子アジアカップ
3. 2014年10月28日 カナダの旗 バンクーバー カナダの旗 カナダ ○ 3-2 親善試合
4. 2015年6月12日 カナダの旗 バンクーバー カメルーンの旗 カメルーン ○ 2-1 2015 FIFA女子ワールドカップ

タイトル

  • なでしこリーグ ディビジョン2 最優秀選手:(2007年
  • なでしこリーグベストイレブン:1回(2010年
  • なでしこリーグサポーターが選ぶMVP:(2010年)

主なメディア出演

CM

脚注

[ヘルプ]
  1. ^ “ロンドン五輪特集 五輪選手名鑑・サッカー DF・鮫島彩”. デイリースポーツ online. (2012年). http://www.daily.co.jp/olympic/london/meikan/soccer/samejima.shtml 2015年7月2日閲覧。 
  2. ^ 弓削高志「なでしこ鮫島が初めて語る『震災』と『五輪』」『文藝春秋』2011年11月、151頁。
  3. ^ 『なでしこの誓い 世界一の心のきずな物語』ISBN:9784052035203、学研教育出版、2012年10月16日、41-68頁
  4. ^ 朝日新聞』、2011年7月16日付。
  5. ^ 弓削高志「なでしこ鮫島が初めて語る『震災』と『五輪』」『文藝春秋』2011年11月、151頁。
  6. ^ 週刊サッカーマガジン』2011年10月11日号
  7. ^ 週刊現代』、2011年7月25日号。
  8. ^ 朝日新聞』、2011年7月16日付。
  9. ^ “Breakers Add Japanese International Aya Sameshima To Roster” WPS公式サイト 2011年6月13日付
  10. ^ 鮫島 東京電力からブレーカーズへ移籍完了スポーツニッポン』 2011年6月17日付
  11. ^ 朝日新聞』、2011年7月16日付
  12. ^ FIFA女子ワールドカップ ドイツ 2011 特設ページ 日本サッカー協会 2011年7月18日付
  13. ^ 栃木県庁ホームページ(2011年8月8日発表)
  14. ^ 『サッカーマガジン』2011年10月11日号。
  15. ^ cf. “Equipe Féminine - Saison 2011-2012” (MHSC)
  16. ^ “Signature d'Aya Sameshima” (MHSC), le jeudi 22 septembre 2011
  17. ^ cf. 「なでしこ・鮫島&永里&熊谷、被災地小学校で雪合戦」、『スポーツ報知』2011年12月22日付。
  18. ^ <レディース> 鮫島彩選手完全移籍加入のお知らせ - 2012年7月9日ベガルタ仙台HP
  19. ^ 鮫島 希望でプロ契約「女子サッカー発展のために…」
  20. ^ ロンドンオリンピックのメダリストに「賛辞の楯」を贈ります(発表内容) - 仙台市公式HP(2012年8月21日発表)
  21. ^ [1]
  22. ^ [2]
  23. ^ [3]
  24. ^ 鮫島彩選手 ヒューストン・ダッシュへ完全移籍のお知らせ - 2014年1月31日ベガルタ仙台HP
  25. ^ 鮫島、仙台L復帰 公式戦出場は8月以降 - 2014年7月30日 河北新報(2014年8月28日閲覧)
  26. ^ 鮫島彩選手 ベガルタ仙台レディースへ復帰のお知らせ - 2014年7月29日ベガルタ仙台HP
  27. ^ 鮫島彩選手、チャンスルギ選手 2015シーズン加入のお知らせ - 2015年1月16日INAC神戸レオネッサHP
  28. ^ 朝日新聞』、2011年7月16日付。
  29. ^ スポーツニッポン』、2011年7月14日
  30. ^ 日々野真理『凜と咲く -- なでしこジャパン30年目の歓喜と挑戦』KKベストセラーズ、2011年、162頁。
  31. ^ 弓削高志「なでしこ鮫島が初めて語る『震災』と『五輪』」『文藝春秋』2011年11月、153頁。
  32. ^ JALの新CMになでしこが登場…空港で華麗な“見えない”パス回し披露”. サッカーキング (2015年5月2日). 2015年5月8日閲覧。

関連項目

外部リンク