遠藤純 (サッカー選手)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
遠藤 純 Football pictogram.svg
名前
カタカナ エンドウ ジュン
ラテン文字 ENDO Jun
基本情報
国籍 日本の旗 日本
生年月日 (2000-05-24) 2000年5月24日(18歳)
出身地 福島県白河市
身長 166㎝
体重 55kg
選手情報
在籍チーム JFAアカデミー福島
ポジション MF, FW
背番号 10
■テンプレート■ノート ■解説■サッカー選手pj

遠藤 純(えんどう じゅん、2000年5月24日 - )は、日本の女子サッカー選手。JFAアカデミー福島所属。登録ポジションはミッドフィールダーまたはフォワード

経歴・人物[編集]

福島県白河市出身。白河市立白河第一小学校3年生の時、自身の父が代表を務める地元スポーツクラブ『Vamos福島』の下部組織であるホワイトリバーフットボールクラブでサッカーを始める[1]。小学校6年の時、日本マクドナルドホールディングスが募集した『マクドナルド チャンピオンキッズ』に応募して選出され[2]2012年ロンドンオリンピック女子サッカー決勝戦のアメリカ合衆国 vs 日本戦をウェンブリー・スタジアムで直接観戦した経験も持つ[3]

JFAアカデミー福島セレクションに合格したことにより、2013年4月に同校へ入学[4]。同校は福島第一原発事故の影響で静岡県御殿場市に拠点を一時的に移しているため、中学校は御殿場市立富士岡中学校に入学した[4]

2015年、中学3年次の時に飛び級の形でU-16日本女子代表に抜擢され、チーム最年少として同年のAFC U-16女子選手権に出場。本戦では1次リーグの台湾[5]、準決勝のタイ王国[6]でゴールを挙げるなどの活躍を見せた。

2016年、静岡県立三島長陵高等学校へ進学。同年のFIFA U-17女子ワールドカップに出場するU-17日本女子代表に選出される。本戦では一次リーグのガーナ戦で先発出場して2得点を挙げる[7]。この他にも準決勝のスペイン戦に先発出場するなど日本の準優勝に汗をかく形となった。

2017年、本来はU-18カテゴリーのところを再び飛び級でU-19日本女子代表に抜擢された。同年のAFC U-19女子選手権ではグループリーグのベトナム戦で先発出場し、先制点を挙げている[8]

2018年、JFA・なでしこリーグ特別指定選手として、なでしこリーグ日テレ・ベレーザに登録されたことが発表された[9]。同年のFIFA U-20女子ワールドカップではU-20日本女子代表に最年少・唯一の高校生として選出された[10]。準々決勝・ドイツ戦では先制点を決めて3-1で勝利、プレーヤー・オブ・ザ・マッチに選ばれた[11]。定位置を掴んだ左サイドから攻撃を活性化させ2得点5アシストを記録し、日本の初優勝に貢献した[12]

個人成績[編集]

国内大会個人成績
年度クラブ背番号リーグ リーグ戦 リーグ杯オープン杯 期間通算
出場得点 出場得点出場得点 出場得点
日本 リーグ戦 リーグ杯 皇后杯 期間通算
2013 ac福島 33 チャレンジ 3 0 - 0 0 3 0
2014 28 2 3 - 2 0 4 3
2015 22 チャレンジWEST 5 0 - 0 0 5 0
2016 14 17 10 - 1 0 18 10
2017 11 16 9 - 1 0 17 9
2018 10 13 7 - 2 2 15 9
日テレ 31 なでしこ1部 0 0 1 0 - 1 0
通算 日本 1部 0 0 1 0 - 1 0
日本 2部 5 3 - 2 0 7 3
日本 3部 51 26 - 4 2 55 28
総通算 56 29 1 0 6 2 63 31

脚注[編集]

  1. ^ HAND IN HAND (PDF) Voms福島会報誌 2018年7月
  2. ^ 日本の次世代のスポーツ界を担うスポーツキッズをロンドンオリンピックに派遣 「マクドナルド チャンピオンキッズ」5名決定 日本マクドナルドホールディングス 2012年6月25日
  3. ^ 笑顔で銀メダルの表彰台 読売新聞 ロンドンオリンピック『なでしこおっかけ日記』 2012年8月10日
  4. ^ a b 8期生 入寮 JFA News 2013年4月8日
  5. ^ チャイニーズ・タイペイ - 日本 日本サッカー協会
  6. ^ 日本 - タイ AFC U-16女子選手権2015 日本サッカー協会
  7. ^ ガーナ - 日本 2016 FIFA U-17女子ワールドカップ 日本サッカー協会
  8. ^ 日本 - ベトナム AFC U-19女子選手権2017 日本サッカー協会
  9. ^ 2018年JFA・なでしこリーグ特別指定選手に千葉玲海菜選手、遠藤純選手を承認 日本サッカー協会 2018年4月11日
  10. ^ U-20女子選手情報”. 日本サッカー協会. 2018年10月13日閲覧。
  11. ^ 馬見新拓郎 (2018年8月18日). “ヤングなでしこ最年少18歳・遠藤純が勢いづける 「心から嬉しい」先制点で優勝候補ドイツ撃破”. サッカーキング (フロムワン). https://www.soccer-king.jp/news/japan/nadeshiko/20180818/814808.html 2018年10月13日閲覧。 
  12. ^ “U-20女子W杯V貢献!18歳の遠藤はまだまだ「成長」中/東北スポーツ”. SANSPO.COM. (2018年8月30日). https://www.sanspo.com/soccer/news/20180830/jpn18083010000002-n1.html 2018年10月13日閲覧。 

外部リンク[編集]