菅野将晃

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
Jump to navigation Jump to search
菅野 将晃 Football pictogram.svg
名前
カタカナ カンノ マサアキ
ラテン文字 KANNO Masaaki
基本情報
国籍 日本の旗 日本
生年月日 (1960-08-15) 1960年8月15日(57歳)
出身地 神奈川県
身長 175cm
体重 71kg
選手情報
ポジション MF/FW
利き足 右足
クラブ1
クラブ 出場 (得点)
1979-92 古河電工 210 (35)
1992-1994 ジェフユナイテッド市原 2 (0)
1995 京都パープルサンガ 8 (1)
監督歴
2001-2002 水戸ホーリーホック
2003 大宮アルディージャ
2004 浦和レッズユース
2006-2008 湘南ベルマーレ
2009-2011 TEPCOマリーゼ
2012- ノジマステラ神奈川相模原
1. 国内リーグ戦に限る。2009年9月6日現在。
■テンプレート■ノート ■解説■サッカー選手pj

菅野 将晃(かんの まさあき、1960年8月15日 - )は、神奈川県出身の元サッカー選手、サッカー指導者。

息子は元サッカー選手でサッカー指導者の菅野将太

経歴[編集]

選手時代[編集]

神奈川県立旭高等学校卒業後、古河電気工業入社。

現役時代は古河電工サッカー部ジェフユナイテッド市原、当時ジャパンフットボールリーグ所属の京都パープルサンガを最後に現役引退

指導者時代[編集]

Jリーグ[編集]

現役引退後の1995年から京都パープルサンガのユースチームコーチに就任、1998年からはトップチームコーチ兼サテライト監督、1999年からはジュニアユースの監督を務めた。この間、1997年にJFA公認S級コーチライセンス研修を受講し合格している。

2001年からは水戸ホーリーホックのヘッドコーチとなっていたが、7月に小林寛監督がゼネラルマネージャーに転身したのに伴い監督に昇格、2002年まで務めた。

2003年、大宮アルディージャの監督を務めたものの、成績不振で10月に解任された。

2004年、浦和レッドダイヤモンズユースチームの監督に就任した[1]

2005年からは湘南ベルマーレのコーチに就任。2006年6月8日には上田栄治監督の辞任に伴い、監督に昇格。2007年、2008年と続けてJ1昇格争いを繰り広げたが、それぞれ6位、5位と昇格を逃し、責任を取る形で2008年限りで退任した[2]

東京電力女子サッカー部マリーゼ[編集]

2009年からは福島県楢葉町広野町を本拠地とするなでしこリーグ所属の東京電力女子サッカー部マリーゼ監督に就任した。リーグ戦での2年連続3位をはじめ[3]、好成績を挙げたが、2011年東日本大震災によってチームが休部となった[4]。当時、菅野は「震災後、1カ月は何もする気が起きなかった」状態だったという[5]。同年7月にドイツで行われた2011 FIFA女子ワールドカップで優勝したサッカー日本女子代表のメンバーには、マリーゼで指導した鮫島彩丸山桂里奈がいた[6]

ノジマステラ神奈川相模原[編集]

2012年、ノジマが立ち上げた「ノジマステラ神奈川」の初代監督兼GMに就任[7]。活動初年度には神奈川県3部リーグ優勝、皇后杯本選出場(最終的には3回戦進出)、さらにプレナスチャレンジリーグ参入決定戦を2連勝し、2013年からのチャレンジリーグ昇格を勝ち取った。

2015年シーズンはなでしこリーグ2部で2位となり、スペランツァFC大阪高槻との1、2部入れ替え戦に挑んだが、2戦合計2-2ながらアウェーゴール数で下回り、1部昇格を逃した[8]

2016年シーズン、なでしこリーグ2部で優勝を果たし、チームを1部昇格に導いた[9]

所属クラブ[編集]

個人成績[編集]

国内大会個人成績
年度 クラブ 背番号 リーグ リーグ戦 リーグ杯 オープン杯 期間通算
出場 得点 出場 得点 出場 得点 出場 得点
日本 リーグ戦 JSL杯/ナビスコ杯 天皇杯 期間通算
1979 古河 28 JSL1部 11 1
1980 古河 17 JSL1部 8 0
1981 古河 17 JSL1部 15 1
1982 古河 17 JSL1部 10 1
1983 古河 17 JSL1部 16 2
1984 古河 12 JSL1部 15 5
1985 古河 12 JSL1部 16 4
1986-87 古河 12 JSL1部 16 1
1987-88 古河 12 JSL1部 20 5
1988-89 古河 12 JSL1部 19 6
1989-90 古河 12 JSL1部 21 3 2 0
1990-91 古河 12 JSL1部 22 4 5 1
1991-92 JR古河 12 JSL1部 21 2 1 0
1992 市原 - J - 7 0
1993 市原 - J 2 0 1 0 0 0 3 0
1994 京都 旧JFL 8 1 0 0 0 0 8 1
通算 日本 J 2 0 8 0
日本 JSL1部 210 35
日本 旧JFL 8 1 0 0 0 0 8 1
総通算 220 36

その他の公式戦

指導歴[編集]

監督成績[編集]

年度 所属 クラブ リーグ戦 カップ戦
順位 試合 勝点 勝利 引分 敗戦 ナビスコ杯/なでしこ杯 天皇杯/皇后杯
2001 J2 水戸 11位 24 22 7 1 16 - 3回戦
2002 J2 水戸 10位 44 40 11 7 26 - 3回戦
2003 J2 大宮 - 38 39 14 7 17 - -
2006 J2 湘南 11位 29 27 7 6 16 - 4回戦
2007 J2 湘南 6位 48 77 23 8 17 - 4回戦
2008 J2 湘南 5位 42 65 19 8 15 - 3回戦
2009 なでしこ1部 マリーゼ 3位 21 38 12 2 7 - 準決勝
  • 2001年は21節から。
  • 2003年は38節まで。
  • 2006年は20節から。

関連項目[編集]

脚注[編集]

  1. ^ ユース監督に、菅野将晃が就任 Jリーグ.jp(2004.1.9)、2017年9月20日閲覧。
  2. ^ 菅野将晃監督 退任のお知らせ Jリーグ.jp(2008.12.8)、2017年9月19日閲覧。
  3. ^ マリーゼがチーム最高3位/なでしこ ニッカンスポーツ.2009.11.2付、2017年9月21日閲覧。
  4. ^ 東電マリーゼが無期限休部へ ニッカンスポーツ.2011.4.9付、2017年9月21日閲覧。
  5. ^ ノジマステラ菅野監督 震災から5年…サッカーできる重みかみしめる日々 スポニチアネックス.2016.3.13付、2017年9月21日閲覧。
  6. ^ 東電菅野監督が鮫島に「攻撃でも貢献を」 ニッカンスポーツ.2011.7.13付、2017年9月20日閲覧。
  7. ^ 女子サッカー参入のノジマ、初代監督に菅野将晃氏 カナコロ.2011.12.12付、2017年9月19日閲覧。
  8. ^ ノジマステラ神奈川相模原、なでしこ1部昇格逃す ニッカンスポーツ.2015.12.12、2017年9月21日閲覧。
  9. ^ 【なでしこL2部】ノジマ初優勝!1部昇格決定! スポーツ報知.2016.10.8付、2017年9月21日閲覧。

外部リンク[編集]