2010 日本女子サッカーリーグ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索

2010 日本女子サッカーリーグは、2010年4月から11月までにかけて行われた第21回目の日本女子サッカーリーグである。このシーズンもプレナス株式会社が協賛し、「プレナスなでしこリーグ2010」(1部)「プレナスチャレンジリーグ2010EAST/WEST」(2部)として開催された。

概要[編集]

  • 本年度から2部リーグ(チャレンジリーグ)の試合方式を大幅に変更し、チャレンジリーグからなでしこリーグへの入れ替え方式も一部変更された。
  • 参加チームは1部リーグ(なでしこリーグ)に10チーム、2部リーグ(チャレンジリーグ)に12チーム。チャレンジリーグはこれまでの1リーグ制から東西2地区制になった。

大会概要[編集]

  • 開催期間:2010年4月4日‐10月31日
  • なでしこリーグ(1部)
2010年4月4日-10月31日
10チーム2回総当り。
  • チャレンジリーグEAST(2部/東地区)・チャレンジリーグWEST(2部/西地区)
2010年4月4日-9月15日
それぞれの地区8チームによる3回戦総当たり。
  • なでしこリーグ/チャレンジリーグ入れ替え戦出場チーム決定戦
2010年10月11日-10月23日
「なでしこリーグ準加盟」のチャレンジリーグ参加チームの成績での上位2チームずつによる1回戦総当り
※但し、その地区の準加盟が2チーム以下であった場合でも、最下位のチームは「チャレンジリーグ入れ替え戦」に回るため出場不可
  • なでしこリーグ/チャレンジリーグ入れ替え戦
2010年11月3日・11月7日
前述の「入れ替え戦出場チーム決定戦」を勝ち抜いたチームと、なでしこリーグ10位のチームによる2試合制の入れ替え戦
  • チャレンジリーグ入れ替え戦出場チーム決定戦
2010年11月5日-11月7日
チャレンジリーグ参入を希望するチームのうち、チャレンジリーグ加盟に相当すると認められた4チームによる1回総当り
  • チャレンジリーグ入れ替え戦
2010年11月14日・11月21日
チャレンジリーグ東西最下位チーム(なでしこリーグ準加盟のチームも含む)と、前述「入れ替え戦出場チーム決定戦」を勝ち抜いた上位2チームによる2試合制の入れ替え戦
  • 試合時間
90分(45分ハーフ)。90分以内で勝敗が決しない場合は引き分けとする。
  • 順位
勝ち点(勝利3点、引分1点、敗戦0点)の多いチームを上位とし、勝ち点の合計が同じ場合は以下の順序で順位を決める。
  1. 全試合の得失点差
  2. 全試合の総得点数
  3. 直接対決の成績(1.勝ち点2.得失点差)
  4. 順位決定戦(必要な場合のみ)

参加チーム[編集]

なでしこリーグ(1部)[編集]

このうち、☆をつけたチームは前年度(2009ディビジョン2)の上位2チームとして自動昇格する権利を得た。また◎のチームは2009ディビジョン1・最下位のスペランツァF.C.高槻との入れ替え戦を制しての昇格権利獲得である

チャレンジリーグ(2部)[編集]

チャレンジリーグ/EAST(東地区)[編集]

チャレンジリーグ/WEST(西地区)[編集]

太字のチームが「なでしこリーグ準加盟チーム」。次項詳述参照。#印は準加盟申請をしており、現在承認待ちを受けている段階のチーム。
☆をつけたチームは2010年からチャレンジリーグ新参入、★をつけたチームは前年度(2009ディビジョン1)最下位で、2009ディビジョン2で3位に入った福岡J・アンクラスとの入れ替え戦に敗れたため、チャレンジリーグ降格となった

チャレンジリーグからなでしこリーグへの昇格方法[編集]

  • 本年度より「なでしこリーグ準加盟」制度(上表の太字のチーム)が取り入れられ、チャレンジリーグからなでしこリーグへの参加はなでしこリーグ準加盟のチームのみに認められる方式となった。
  • チャレンジリーグの成績において、準加盟チームの中での成績上位2チームずつの4チームがなでしこリーグ/チャレンジリーグ入れ替え戦に出場チーム決定戦に出場(但し、その地区に2チーム以下しかない場合でも最下位となった場合は「チャレンジリーグ入れ替え戦」に回るため出場不可)。そこで優勝すれば、なでしこリーグ最下位チームとの入れ替え戦に出場し、なでしこリーグ参入を目指す方式となった。

成績[編集]

なでしこリーグ[編集]

順位 チーム名 勝点 得点 失点
1 日テレベレーザ 49 18 16 1 1 48 14 +34
2 浦和レッズレディース 43 18 14 1 3 45 11 +34
3 TEPCOマリーゼ 34 18 11 1 6 35 20 +15
4 INAC神戸レオネッサ 34 18 11 1 6 32 22 +11
5 岡山湯郷Belle 29 18 9 2 7 32 30 +2
6 アルビレックス新潟レディース 28 18 9 1 8 36 24 +12
7 ジェフ千葉レディース 25 18 8 1 9 30 36 -6
8 福岡J・アンクラス 8 18 2 2 14 15 41 -26
9 ASエルフェン狭山FC 7 18 2 1 15 9 56 -47
10 伊賀フットボールクラブくノ一 6 18 1 3 14 10 39 -29

チャレンジリーグ/EAST[編集]

順位 チーム名 勝点 得点 失点
1 常盤木学園高等学校サッカー部 38 15 15 2 1 63 18 +45
2 JFAアカデミー福島 34 15 11 1 3 46 26 +20
3 日本体育大学女子サッカー部 26 15 8 2 5 29 19 +10
4 AC長野パルセイロ・レディース 15 15 4 3 8 23 38 -15
5 ノルディーア北海道 8 15 2 2 11 10 36 -26
6 清水第八プレアデス 8 15 2 2 11 14 48 -34

チャレンジリーグ/WEST[編集]

順位 チーム名 勝点 得点 失点
1 スペランツァF.C.高槻 42 15 14 0 1 63 14 +49
2 バニーズ京都SC 26 15 8 2 5 32 23 +9
3 静岡産業大学磐田ボニータ 24 15 7 3 5 29 24 +5
4 アギラス神戸 20 15 5 5 5 21 24 -3
5 ジュ ブリーレ 鹿児島 16 15 5 1 9 18 33 -15
6 ルネサンス熊本フットボールクラブ 1 15 0 1 14 10 55 -45
(注)チャレンジリーグの成績で、太字のチームが「なでしこリーグ/チャレンジリーグ」入れ替え戦出場。印のチームは「チャレンジリーグ入れ替え戦」出場。

表彰[編集]

個人賞[編集]

受賞者(所属)[1]
最優秀選手賞 大野忍(日テレ)
得点王 大野忍(日テレ)
新人賞 藤田のぞみ(浦和)
敢闘賞 山郷のぞみ(浦和)
優勝監督賞 森栄次(日テレ)

ベストイレブン[編集]

ポジション 選手名(所属) 受賞回数
GK 山郷のぞみ(浦和) 10回目
DF 近賀ゆかり(日テレ) 4回目
矢野喬子(浦和) 4回目
岩清水梓(日テレ) 5回目
鮫島彩(TEPCO)
MF 上尾野辺めぐみ(新潟) 2回目
庭田亜樹子(浦和) 2回目
柳田美幸(浦和) 3回目
FW 大野忍(日テレ) 8回目
川澄奈穂美(I神戸)
荒川恵理子(浦和) 3回目

得点ランキング[編集]

順位 選手(所属) 得点
1 大野忍(日テレ) 13
2 安田有希(千葉) 11
3 荒川恵理子(浦和) 10
菅澤優衣香(新潟)
5 深澤里沙(千葉) 9

入れ替え戦の成績[編集]

なでしこリーグ/チャレンジリーグ入れ替え戦出場チーム決定戦[編集]

「なでしこリーグ準加盟」のチャレンジリーグの成績により長野、高槻、京都の3チーム(EASTは長野、清水の2チームしか準加盟がなかったが、清水が最下位に終わったため規定により出場不可となった)が総当りを行い、高槻が優勝して入れ替え戦出場権を獲得。

チーム名
1 スペランツァF.C.高槻 6 2 2 0 0 12 1 +11
2 バニーズ京都SC 3 2 1 0 1 2 7 -5
3 AC長野パルセイロ・レディース 0 2 0 0 2 1 7 -6

2010年10月11日
13:00
バニーズ京都SC 2 - 0 AC長野パルセイロ・レディース
秋山涼 62分にゴール 62分
渡辺樹里 84分にゴール 84分
公式記録 (PDF)

2010年10月17日
13:00
スペランツァF.C.高槻 7 - 0 バニーズ京都SC
伊丹絵美 3分にゴール 3分85分90+1分
虎尾直美 32分にゴール 32分82分
柏原慶子 47分にゴール 47分
重本祐佳 67分にゴール 67分
公式記録 (PDF)

2010年10月23日
14:00
AC長野パルセイロ・レディース 1 - 5 スペランツァF.C.高槻
濵垣香菜 78分にゴール 78分 公式記録 (PDF) 虎尾直美 49分にゴール 49分
伊丹絵美 50分にゴール 50分51分85分
相澤舞衣 83分にゴール 83分

なでしこリーグ/チャレンジリーグ入れ替え戦[編集]

前述の大会で優勝した高槻となでしこリーグ最下位の伊賀が対戦。

チーム #1 合計 チーム #2 第1戦 第2戦
スペランツァF.C.高槻 1 - 3 伊賀FCくノ一 1 - 2 0 - 1

2010年11月3日
13:00
スペランツァF.C.高槻 1 - 2 伊賀FCくノ一
奥田亜希子 90分にゴール 90分 公式記録 (PDF) 藤本綾乃 28分にゴール 28分
園村奈菜 77分にゴール 77分

2010年11月7日
13:00
伊賀FCくノ一 1 - 0 スペランツァF.C.高槻
園村奈菜 85分にゴール 85分 公式記録 (PDF)

結果、伊賀FCくノ一がなでしこリーグに残留、スペランツァF.C.高槻がチャレンジリーグに残留。

チャレンジリーグ入れ替え戦出場チーム決定戦[編集]

チャレンジリーグ参入希望チームのうち、厳正な審査によりチャレンジリーグ参入相当と認められたスフィーダ世田谷FC豊田レディースフットボールクラブ吉備国際大学HOYOスカラブFCの4チームが1回総当りリーグを行う。上位2チームがチャレンジリーグ入れ替え戦に出場する。

試合は全試合三重県営鈴鹿スポーツガーデンで開催された。

チーム名
1 吉備国際大学 9 3 3 0 0 14 2 +12
2 スフィーダ世田谷FC 6 3 2 0 1 6 3 +3
3 HOYOスカラブFC 1 3 0 1 2 2 9 -7
4 豊田レディースFC 1 3 0 1 2 0 8 -8

2010年11月5日
11:00
スフィーダ世田谷FC 1 - 2 吉備国際大学
内山朋香 2分にゴール 2分 公式記録 (PDF) 高橋千帆 7分にゴール 7分
福井しほり 90分にゴール 90分

2010年11月5日
14:00
HOYOスカラブFC 0 - 0 豊田レディースFC
公式記録 (PDF)

2010年11月6日
11:00
HOYOスカラブFC 1 - 2 スフィーダ世田谷FC
阿部由里夏 44分にゴール 44分 公式記録 (PDF) 笹子正恵 19分にゴール 19分
田中麻里菜 41分にゴール 41分

2010年11月6日
14:00
豊田レディースFC 0 - 5 吉備国際大学
公式記録 (PDF) 高橋千帆 16分にゴール 16分85分90分
中出ひかり 53分にゴール 53分
杉田亜未 73分にゴール 73分

2010年11月7日
11:00
スフィーダ世田谷FC 3 - 0 豊田レディースFC
山田ゆり香 71分にゴール 71分83分
薄田春果 75分にゴール 75分
公式記録 (PDF)

2010年11月7日
14:00
吉備国際大学 7 - 1 HOYOスカラブFC
東依里 17分にゴール 17分
東美希 23分にゴール 23分
福井しほり 41分にゴール 41分45分
野間文美加 55分にゴール 55分
鎌田蘭 70分にゴール 70分
丸本明奈 85分にゴール 85分
公式記録 (PDF) 姫野加奈子 67分にゴール 67分

チャレンジリーグ入れ替え戦[編集]

前述の大会で上位2チームに入った吉備国際と世田谷が、チャレンジリーグのそれぞれの地区で最下位となった清水、熊本とチャレンジリーグ参入をかけての入れ替え戦を行った。

チーム #1 合計 チーム #2 第1戦 第2戦
吉備国際大学 3 - 1 清水第八プレアデス 3 - 0 0 - 1
スフィーダ世田谷FC 6 - 5 ルネサンス熊本FC 3 - 3 3 - 2

2010年11月14日
11:00
吉備国際大学 3 - 0 清水第八プレアデス
中出ひかり 39分にゴール 39分
武田ありさ 55分にゴール 55分
杉田亜未 70分にゴール 70分
公式記録 (PDF)

2010年11月14日
11:00
スフィーダ世田谷FC 3 - 3 ルネサンス熊本FC
笹子正恵 7分にゴール 7分
45+1分にゴール 45+1分 (OG)
田中麻里菜 47分にゴール 47分
公式記録 (PDF) 塚本舞 10分にゴール 10分67分
寺澤希 85分にゴール 85分

2010年11月21日
11:00
清水第八プレアデス 1 - 0 吉備国際大学
松下紀美 66分にゴール 66分 公式記録 (PDF)

2010年11月21日
13:00
ルネサンス熊本FC 2 - 3 スフィーダ世田谷FC
木村絵梨 11分にゴール 11分
寺澤希 36分にゴール 36分
公式記録 (PDF) 田中麻里菜 17分にゴール 17分86分
山田ゆり香 38分にゴール 38分

以上の結果、吉備国際大学およびスフィーダ世田谷FCがチャレンジリーグに昇格、清水第八プレアデスおよびルネサンス熊本FCが地域リーグに降格。なお2チームともなでしこリーグ準加盟会員の資格があったが、規定により準加盟資格を失った

外部リンク[編集]

脚注[編集]