清水梨紗

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
清水 梨紗 Football pictogram.svg
名前
愛称 りさ、りっちゃん[1]
カタカナ シミズ リサ
ラテン文字 SHIMIZU Risa
基本情報
国籍 日本の旗 日本
生年月日 (1996-06-15) 1996年6月15日(26歳)
出身地 兵庫県神戸市
身長 160cm[1]
体重 47kg[1]
選手情報
在籍チーム イングランドの旗 ウェストハム・ユナイテッドFCウィメン
ポジション DF
背番号 3
利き足 右足[1]
ユース
2003 日本の旗 神戸コスモFC
2004-2008 日本の旗 FCすすき野レディース
2009-2012 日本の旗 日テレ・メニーナ
クラブ1
クラブ 出場 (得点)
2013- 2022 日本の旗 日テレ・ベレーザ
0/0日テレ・東京ヴェルディベレーザ
165 (4)
2022- イングランドの旗 ウェストハム・ユナイテッドFCウィメン
代表歴2
2011-2012  日本 U-17[注 1] 18 (1)
2014-2016  日本 U-20[注 2] 14 (0)
2018-  日本 57 (1)
獲得メダル
女子サッカー
アジア大会
2018 ジャカルタ 女子
1. 国内リーグ戦に限る。2022年5月22日現在。
2. 2022年11月16日現在。
■テンプレート■ノート ■解説■サッカー選手pj

清水 梨紗(しみず りさ、1996年6月15日 - )は、兵庫県神戸市出身の女子サッカー選手。ウェストハム・ユナイテッドFCウィメン所属。サッカー日本女子代表。ポジションはディフェンダー

経歴[編集]

2つ年上の姉がサッカーをやっていた影響で、小学校1年の時に神戸コスモFCでサッカーを始める。小学2年の時に神奈川県横浜市に転居し、FCすすき野レディースに入団。5年生になる頃にはチームのエースストライカーとして活躍するようになった[2][3]横浜市立黒須田小学校卒業。

2009年、12歳のときに日テレ・ベレーザの下部組織である日テレ・メニーナに入団。当初はフォワードだったが、ほどなくサイドハーフを任され、最終的にはサイドバックを専門とするようになる[4]

2010年、U-14日本女子選抜に選ばれ、韓国遠征に参加。

2011年AFC U-16女子選手権中国南京市)に出場。

2012年横浜市立あざみ野中学校を卒業し、神奈川県立元石川高校に進学。9月にはアゼルバイジャンで開催されたU-17女子ワールドカップに出場。グループリーグ第3戦のメキシコ戦では先制点を挙げ、日本の9-0という大勝の口火を切るなど活躍し、日本の全4試合にフル出場したが、チームは決勝トーナメント1回戦で、ガーナにアジア予選を通じて初の失点を喫しベスト8で敗退した。

2013年日テレ・ベレーザに昇格。なでしこ1部リーグの試合に出場するようになる。10月にはAFC U-19女子選手権中国南京市)に出場。翌年のU-20W杯予選を兼ねた大会だったが、日本は4位に終わり、上位3チームに与えられる出場権を逃した。

2014年6月15日、なでしこリーグレギュラーシーズン第9節のFC吉備国際大学Charme戦(岡山県津山陸上競技場)でリーグ戦初となる得点を挙げる。12月の皇后杯3回戦でも先制点を挙げ、守備だけでなく攻撃でも存在感を示した。

2015年国士舘大学に進学。8月には、中国南京市で開催されたAFC U-19女子選手権で3試合にフル出場し、優勝に貢献。これにより日本は2大会ぶりにU-20W杯の出場権を手にした。シーズン通して全ての試合で先発し、ベレーザの5年ぶりのリーグ優勝の立役者の一人となった。

2020年、クラブのキャプテンに就任した[5]

2022年8月28日イングランドウェストハム・ユナイテッドFCウィメンに完全移籍することが発表された[6][7]。契約期間は2年[8]

選手としての特徴[編集]

女子サッカー選手としては華奢な体格ながら、粘り強くアグレッシブな守備を持ち味としている[9]。90分間通してオーバーラップを繰り返すことが出来るスタミナが武器。スピードに乗ったドリブルからそのまま精度の高いクロスを上げることが出来る。特にスタミナは、女子代表全カテゴリを通してもトップクラスと言われており[10]、小学校時代には神奈川県内のマラソン大会で優勝した経験も持つ[11]。本人は「点を取れるSBになりたい」と語っている[12]

個人成績[編集]

国内大会個人成績
年度クラブ背番号リーグ リーグ戦 リーグ杯オープン杯 期間通算
出場得点 出場得点出場得点 出場得点
日本 リーグ戦 リーグ杯 皇后杯 期間通算
2010 日テレ・メニーナ 14 関東 13 0 - 3 0 16 0
2011 4 7 0 - - 7 0
2012 2 10 0 - - 10 0
プリンセス 5 0 - - 5 0
2013 日テレ・ベレーザ 2 なでしこ 14 0 8 0 2 0 24 0
2014 25 1 - 4 1 29 2
2015 なでしこ1部 23 0 - 4 0 27 0
2016 17 0 10 0 1 0 28 0
2017 18 0 9 1 3 0 30 1
2018 17 1 5 0 5 0 27 1
2019 18 0 3 0 5 0 26 0
2020 日テレ・東京ヴェルディベレーザ 13 0 - 5 1 18 1
2021-22 WE 20 2 - 2 0 22 2
イングランド リーグ戦 リーグ杯 オープン杯 期間通算
2022-23 ウェストハム・ユナイテッドFCウィメン 3 FA WSL
通算 日本 1部 165 4 35 1 31 2 231 7
日本 その他 35 0 - 3 0 38 0
イングランド 1部
総通算 200 4 35 1 34 2 269 7

タイトル[編集]

代表[編集]

クラブ[編集]

個人[編集]

代表歴[編集]

出場大会[編集]

試合数[編集]


日本代表国際Aマッチ
出場得点
2018 19 0
2019 12 0
2020 2 0
2021 11 1
2022 13 0
通算 57 1

(2022年11月16日現在)

ゴール[編集]

# 開催年月日 開催地 対戦国 勝敗 試合概要
1. 2021年4月11日 日本の旗 東京 パナマの旗 パナマ ○ 7-0 国際親善試合

脚注[編集]

注釈[編集]

[脚注の使い方]
  1. ^ チーム立ち上げ時はU-16。
  2. ^ 清水はU-19/U-20カテゴリを2度経験。

出典[編集]

[脚注の使い方]
  1. ^ a b c d 日テレ・東京ヴェルディベレーザ 清水 梨紗選手 | 日テレ・東京ヴェルディベレーザ / Nippon TV Tokyo Verdy Beleza” (日本語). www.verdy.co.jp. 2021年5月4日閲覧。
  2. ^ 得点王:第21回全国少年少女草サッカー大会”. 全国少年少女草サッカー大会. 2016年1月10日閲覧。
  3. ^ 得点王:第22回全国少年少女草サッカー大会”. 全国少年少女草サッカー大会. 2016年1月10日閲覧。
  4. ^ ウゴパン こくしんかん人図鑑 Vol.41 清水梨紗さん (21世紀アジア学部1年)”. 国士舘大学. 2015年12月14日閲覧。
  5. ^ “2020シーズン 日テレ・東京ヴェルディベレーザ キャプテン決定のお知らせ” (プレスリリース), 東京ヴェルディ1969, (2020年2月11日), https://www.verdy.co.jp/beleza/news/8895 2020年2月11日閲覧。 
  6. ^ “清水梨紗選手移籍のお知らせ” (日本語) (プレスリリース), 東京ヴェルディ1969, (2022年8月28日), https://www.verdy.co.jp/beleza/news/11230 2022年8月28日閲覧。 
  7. ^ “West Ham United Women sign Japan international Risa Shimizu” (英語) (プレスリリース), West Ham United, (2022年8月28日), https://www.whufc.com/news/west-ham-united-women-sign-japan-international-risa-shimizu 2022年8月28日閲覧。 
  8. ^ なでしこDF清水梨紗、英ウェストハムに完全移籍! 長谷川唯とチームメイトに” (日本語). サッカーキング. 2022年8月29日閲覧。
  9. ^ 世界一へのラストステップ。前回女王ドイツに挑むヤングなでしこ 松原渓 Kei-channel 2016年8月11日
  10. ^ 川澄級のスタミナ! 清水&田中陽、シャトルランで同着1位”. 産業経済新聞社. 2016年1月10日閲覧。
  11. ^ U19体力テスト1位・清水、長友になる”. デイリースポーツ. 2016年1月10日閲覧。
  12. ^ なでしこ期待の星!今年高校を卒業したばかりの日テレ・ベレーザ 清水梨紗選手を独占インタビュー!”. スカイ・A sports+. 2016年1月11日閲覧。
  13. ^ E-1女子、なでしこ主将の清水梨紗が大会MVPに…最優秀GKは2大会連続で山下杏也加” (日本語). サッカーキング (2022年7月26日). 2022年7月26日閲覧。

外部リンク[編集]