半保護されたページ

岡山湯郷Belle

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動

岡山湯郷Belle
原語表記 岡山湯郷Belle
呼称 岡山湯郷Belle
クラブカラー    [1]
創設年 2001年
所属リーグ 日本女子サッカーリーグ
所属ディビジョン なでしこリーグ2部
ホームタウン 岡山県美作市
ホームスタジアム
Mimasaka1.jpg
岡山県美作ラグビー・サッカー場
収容人数 5,000
運営法人 一般社団法人岡山湯郷Belle
代表者 谷本有造
監督 亘崇詞
公式サイト 公式サイト
テンプレート(ノート)サッカークラブPJ
一般社団法人岡山湯郷Belle
前身 美作スポーツ&レジャークラブ(任意団体)→特定非営利活動法人 岡山湯郷Belleクラブ
設立 2014年3月3日
種類 一般社団法人
法人番号 4260005009610 ウィキデータを編集
法的地位 一般社団法人及び一般財団法人に関する法律
目的 サッカークラブ運営など
本部 岡山県美作市入田436-3 岡山県美作ラグビー・サッカー場
会長 谷本有造(代表理事兼任)
代表 萩原誠司(美作市長)
ウェブサイト http://www.yunogo-belle.com/
特記事項 2014年3月3日に特定非営利活動法人 岡山湯郷Belleクラブから運営を移管。
テンプレートを表示

岡山湯郷Belle(おかやまゆのごうベル)は、岡山県美作市をホームタウンとする日本女子サッカーリーグに加盟するサッカークラブ。チーム名のBelleはフランス語の「美人」「美女」などを意味する。

概要

岡山県美作ラグビー・サッカー場を活動拠点とし、美作町(当時)のスポーツの核をめざして県と町の官民一体となった地域支援、振興を狙いとした女子サッカーチームによる町おこしプロジェクトにより、湯郷温泉の従業員や市民が中心となって2001年に結成された。

結成当初は中国地域の大会に出場し、県内はもとより中国女子サッカーリーグなどの大会で新興勢力として躍進。その功績が認められ、2003年から日本女子サッカーリーグに加盟した。この年は1次リーグ(予選)西日本ブロック4位となり、決勝リーグは下位リーグに回る。その下位リーグは2位となり、上位4チームで行われた1回戦総当たりのプレーオフ「2004 L1参入チーム決定戦」に進出するも3位に終わり、2004年はL2に所属となった。

2004年のL2は、6チームによる3回総当りのリーグ戦を15試合14勝1敗で優勝。特に後半戦は10連勝し、L1自動昇格となるL2の初代優勝に輝いた。

2006年からは岡山県作陽高等学校(岡山県津山市)サッカー部に新設された女子チーム(愛称:作陽レディース)を下部組織(ユースチーム)としている。作陽高校は湯郷Belleの選手を職員として雇用し、選手は作陽レディースのコーチも兼任している。また、両チームでの合同練習も行う。

高校のサッカー部をクラブチームの下部組織にするのは全国初である。

2006年は4位に終わったが、8月27日に行われた「なでしこリーグオールスター」で4名が選出された。また、なでしこジャパンでは宮間あや(MF)と福元美穂(GK)が定着した。

12月から行われた第28回全日本女子サッカー選手権大会では、準決勝で日テレ・ベレーザを破り決勝進出。TASAKIペルーレFCとの対戦となった決勝戦(2007年1月1日)では0-2で敗れ準優勝となった。

クラブの運営は、クラブ設立から2009年3月31日までは美作市・岡山県サッカー協会・湯郷温泉旅館組合などが設立した任意団体「美作スポーツ&レジャークラブ」が行っていたが、2009年4月1日からは美作スポーツ&レジャークラブをNPO法人に移行する形で設立された岡山湯郷Belleクラブに移管された。その後、2014年3月3日からは岡山湯郷Belleクラブを一般社団法人に移行する形で設立された岡山湯郷Belleへ移管された。

2011年1月31日でクラブ創設以来10年に渡って監督を務めていた本田美登里が退任し、翌2月1日に2代目監督として、本田の読売ベレーザ時代の後輩でコーチ兼下部組織のBelle Kids FC U-15監督だった種田佳織が就任した。

2014年は10チーム総当たりによる1次リーグ「レギュラーシリーズ」を優勝し初のタイトルを獲得したが、その後行われた上位6強による決勝リーグ「エキサイティングシリーズ」では、浦和レッズレディースに及ばず、年間総合優勝は逃した。

2015年は開幕から成績が低迷し、成績不振の責任をとり種田佳織監督が5月31日付で辞任し、櫻井庄吾コーチが翌6月1日付で監督代行に就任し、10月7日付で正式に監督就任したが、2016年6月1日付けで、成績不振のため辞任。後任として結城治男が監督代行に就任したが[2]、2016年7月25日付で解任された[3](詳細は後述)。その2016年は4月24日の浦和レッズレディース戦に勝ったのを最後にシーズン終了まで13連敗を喫して、最下位の10位となり、なでしこリーグ2部降格が決定した[4]

スタジアム

ホームスタジアム

準ホームスタジアム

県外のホームゲーム開催

かつては、ファジアーノ岡山FCとダブルヘッダーでホームゲームを開催したこともある。

スタジアムDJ

年度別成績・歴代監督

日本女子サッカーリーグ

年度 リーグ チーム数 試合数 勝点 得失点差 リーグ順位 リーグ杯 皇后杯 監督
15 2003 L・リーグ 13 16 29 9 2 5 8位 - ベスト8 日本の旗 本田美登里
(16) 2004 L・リーグ2部
(L2)
6 15 42 14 0 1 1位 ベスト8
(17) 2005 L・リーグ1部
(L1)
8 21 15 5 0 16 6位 ベスト4
(18) 2006なでしこ
ディビジョン1
8 17 23 7 2 8 4位 準優勝
(19) 2007 8 21 29 9 2 10 5位 GL敗退 ベスト8
(20) 2008 8 21 33 10 3 8 5位 - ベスト8
(21) 2009 8 21 21 5 6 10 6位 ベスト8
(22) 2010 なでしこ 10 18 29 9 2 7 32 30 +2 5位 GL敗退 ベスト8
(23) 2011 9 16 28 8 4 4 33 21 +12 4位 (中止) ベスト4 日本の旗 種田佳織
(24) 2012 10 18 32 10 2 6 36 22 +14 3位 GL敗退 ベスト8
(25) 2013 10 18 34 10 4 4 31 19 +12 3位 準優勝 ベスト4
(26) 2014 10 28 17 3 2 5 12 20 -8 4位 - ベスト8
(27) 2015 なでしこ1部 10 24 15 2 3 1 7 6 +1 8位 3回戦敗退 日本の旗 種田佳織→
日本の旗 櫻井庄吾(代行)→
日本の旗 櫻井庄吾
(28) 2016 10 18 10 3 1 14 13 41 -28 10位 GL敗退 3回戦敗退 日本の旗 櫻井庄吾→
日本の旗 結城治男(代行)→
日本の旗 谷口博志(代行)→
日本の旗 森周三(代行)
(29) 2017 なでしこ2部 10 18 19 5 4 9 22 35 -13 8位 GL敗退 2回戦敗退 日本の旗 亘崇詞
(30) 2018 10 18 11 2 5 11 16 29 -13 10位 GL敗退 2回戦敗退
(31) 2019 チャレンジWEST 6 15 23 6 5 4 27 24 +3 4位(WEST) GL敗退 2回戦敗退
4 3 6 2 0 1 9 5 +4 5位(総合)
(32) 2020 6 10 8 2 2 6 9 20 -11 5位 (中止)[5] 1回戦敗退
33 2021 なでしこ2部 8 14
  • 勝ち点は「勝ち3、引き分け1、負け0」。
  • 予選(地区)リーグと決勝リーグを採用した2003年の成績は年間順位。チーム数は両地区の合計チーム数。
  • 2003年まではシーズン名に「第○回」と表記されていたが、2004年からは西暦年で表記するようになった。
  • 2004年から2部制に移行。チーム数は所属リーグのみ。
  • 2006年は8チーム2回戦総当たりの「レギュラーリーグ」(RL)後、その順位に基づき上位と下位の各4チームによる1回戦総当たりの「プレーオフ」(PO)を実施。試合数はRLとPOの合計。成績は年間順位。
  • 2014年と2015年は10チーム2回戦総当たりの「レギュラーシリーズ」後、その順位に基づき上位6チームと下位4チームによる2回戦総当たりの「エキサイティングシリーズ」を実施。試合数は両シリーズの合計。成績はエキサイティングシリーズ終了後の年間順位。

2004 L1参入チーム決定戦

  • 開催期間: 2003年12月4日‐23日
順位 チーム 試合数 勝点
1位 大原学園JaSRA女子サッカークラブ 3 6 2 0 1
2位 宝塚バニーズレディースサッカークラブ 3 6 2 0 1
3位 岡山湯郷Belle 3 3 1 0 2
4位 ASエルフェン狭山FC 3 3 1 0 2

※大原学園、宝塚のL1参入決定

獲得タイトル

ユニフォーム

ユニフォームの色
カラー シャツ パンツ ストッキング
FP(1st)
FP(2nd) シルバー シルバー シルバー
GK(1st)
GK(2nd)
FP 1st
FP 2nd
GK 1st
GK 2nd

クラブカラー

  •    

ユニフォームスポンサー

掲出箇所 スポンサー名 表記
山田養蜂場 山田養蜂場
YAMADA BEE FARM
背中上部 マルイ MARUI
背中下部 さとう記念病院 医療法人さとう記念病院
SATOU MEMORIAL HOSPITAL
美作グループ 美作グループ
パンツ paintory paintory

ユニフォームサプライヤー

歴代ユニフォームスポンサー年表

年度 鎖骨 背中上部 背中下部 パンツ前面 パンツ背面 サプライヤー
2008 ショウワコーポレーション 解禁前 Coca-Cola MARUI 解禁前 OEC 解禁前 adidas
2009
2010
2011 山田養蜂場[6]
2012
2013
2014
2015 ニコニコレンタカー
2016 NTN
2017 美作グループ
2018 - さとう記念病院 - ATHLETA
2019
2020 -
2021 paintory GAViC

トレーニングウエアスポンサー

車両スポンサー

  • 山田養蜂場

歴代監督

(日本女子サッカーリーグ参入以降)

  • 2003年 - 2011年1月31日 本田美登里
  • 2011年2月1日 - 2015年5月31日 種田佳織
  • 2015年6月1日 - 2015年10月6日 櫻井庄吾(監督代行)
  • 2015年10月7日 - 2016年6月1日 櫻井庄吾
  • 2016年6月2日 - 7月25日 結城治男(監督代行)
  • 2016年7月26日 - 11月30日 森周三(監督代行)
  • 2016年12月1日 -  亘崇詞(ゼネラルマネージャー兼任)

所属選手・スタッフ

2021年

選手[7]

Pos No. 選手名 生年月日 (年齢) 出身地 前所属 備考
GK 1 日本の旗 小松里弥 (1996-09-05) 1996年9月5日(25歳) 高知県 日本の旗 吉備国際大学Charme岡山高梁
DF 2 日本の旗 設楽千夏 (1998-07-21) 1998年7月21日(23歳) 福島県 国士舘大学 新加入
3 日本の旗 本庄結 (1996-10-06) 1996年10月6日(24歳) 奈良県 日本の旗 クローバー米子フィオーレFC 新加入
6 日本の旗 河村愛乃 (1995-08-29) 1995年8月29日(26歳) 山口県 日本の旗 アンジュヴィオレ広島 新加入
21 日本の旗 小林亜耶奈 (2002-09-21) 2002年9月21日(19歳) 岡山県 日本の旗 INAC神戸レオンチーナ 新加入
MF 4 日本の旗 米本みの里 (1997-05-05) 1997年5月5日(24歳) 東京都 神奈川大学
7 日本の旗 近藤あすか (1994-12-07) 1994年12月7日(26歳) 徳島県 オーストラリアの旗 Boroondara Eagles FC
8 日本の旗 大野美知 (1993-04-14) 1993年4月14日(28歳) 大阪府 イングランドの旗 Actonians LFC 新加入
13 日本の旗 広瀬さつき (1998-05-03) 1998年5月3日(23歳) 神奈川県 国士舘大学 新加入
14 日本の旗 清水真子 (1995-06-11) 1995年6月11日(26歳) 神奈川県 日本の旗 FC町田ゼルビアレディース
15 日本の旗 森山未来 (1999-04-27) 1999年4月27日(22歳) 佐賀県 日本の旗 オルカ鴨川BU 新加入
16 日本の旗 稲田佳奈 (1996-05-17) 1996年5月17日(25歳) 岡山県 日本の旗 FC今治レディース 新加入
20 日本の旗 三浦梢 (1994-10-31) 1994年10月31日(26歳) 東京都 日本の旗 VONDS市原FCレディース 新加入
FW 5 日本の旗 園山萌子 (1993-06-11) 1993年6月11日(28歳) 兵庫県 日本の旗 スペランツァ大阪高槻 新加入
9 日本の旗 中村有沙 (1996-06-19) 1996年6月19日(25歳) 長崎県 日本の旗 クローバー米子フィオーレFC 新加入
11 日本の旗 岸野早奈 キャプテン (1996-12-22) 1996年12月22日(24歳) 東京都 オーストラリアの旗 Boroondara Eagles FC
17 日本の旗 中野怜那 (1998-09-20) 1998年9月20日(23歳) 兵庫県 武庫川女子大学 新加入
18 日本の旗 福永静香 (1996-06-04) 1996年6月4日(25歳) 山口県 日本の旗 FC今治レディース 新加入
19 日本の旗 森次美友 (2004-12-31) 2004年12月31日(16歳) 岡山県 日本の旗 岡山湯郷Belle Espoir

スタッフ

役職 氏名 生年月日 (年齢) 前職 備考
監督 日本の旗 亘崇詞 (1972-03-21) 1972年3月21日(49歳) 中華人民共和国の旗 広州女足 監督
GKコーチ 日本の旗 中村陵

背番号変遷

2001年 - 2010年
No. 2001 2002 2003 2004 2005 2006 2007 2008 2009 2010
監督 本田美登里
1 安田陽子 福元美穂
2 泉紀子 室みゆき 高畑愛美 赤井歩 安田邦子
3 北岡幸子 高畑愛美 城地泰子 沖田由美子
4 岡本三代 北岡幸子 武者宏美
5 福井有梨 松原めぐみ 藤井奈々 シンチア - 秋葉夢子
6 三宅由真 杉山紫乃 井関夏子
7 明比節子 岡本三代 福原理恵 松田望
8 中川理恵 - 加戸由佳
9 宮間あや 中田麻衣子 中川千尋
10 光藤友希 宮間あや
11 鎌田友理 田中静佳 有町紗央里
12 田中ちづる サポーターズナンバー
13 磯加奈江 杉本あすか 中野真奈美
14 - 泉紀子 田畑沙由理
15 山川莉々加 安田邦子 内田紗希 保坂のどか
16 高畑愛美 小林はるか 山崎由加 神成美紀 中川理恵
17 黒川晃 田中静佳 保手濱理恵
18 - 福元美穂 - 鎌倉公子 榎恵梨 岸星美
19 - 福原理恵 佐藤シェンネン 江口なおみ 津波古友美子
20 - 斎藤亜沙美 安田邦子 川田里奈 高橋悠
21 - 中田麻衣子 神田愛子 - 井上稚子 池田浩子
22 - 藤井恵 田畑沙由理 - 松長朋恵 西川早弓
23 - 黒川晃 - 加戸由佳 神成美紀 - 壷井綾子
24 - 赤井歩 - 宮川葉月 松岡実希
25 - 上野友紀子 - 細川のの子
26 - 城地泰子 - 小森有華 - 横川莉奈 茂本志穂
27 - 小野佳世子 江口なおみ - 宮川美乃 池ヶ谷夏美
28 - 木下佳那子 藤井奈々 - 中川千尋 -
29 - 安富愛子 加戸由佳 - 内田紗希 -
30 - 江口なおみ - 有町紗央里 -
2011年 - 2020年
No. 2011 2012 2013 2014 2015 2016 2017 2018 2019 2020 2021
監督 種田佳織 櫻井庄吾 亘崇詞
1 福元美穂 上野友紀子 佐喜眞幹 程思瑜 小松里弥
2 安田邦子 谷口きくみ 乃一綾 長澤優芽 - 設楽千夏
3 加戸由佳 - 齊藤夏美 浅利育 - 本庄結
4 武者宏美 茂本志穂 宮﨑有香 細川元代 高橋佐智江 米山涼美 鶴見綾香 岸川りな 清水真子 米本みの里
5 壷井綾子 高橋悠 - 細川元代 林萌々 市川実季 逸見桃子 園山萌子
6 津波古友美子 葛間理代 吉村碧 秦美結 河村愛乃
7 中野真奈美 浅野未希 巴月優希 田島光代 竹ノ谷好美 近藤あすか
8 有町紗央里 小林真規子 亀岡夏美 福丸智子 守屋栞奈 大野美知
9 中川千尋 北浦美帆 尾田緩奈 - 入口菜之花 中村有沙
10 宮間あや マルケス・フェルナンダ 木龍七瀬 -
11 松岡実希 木龍七瀬 足立英梨子 岸野早奈
12 サポーターズナンバー
13 秋葉夢子 古市珠美 - 高橋千帆 島村公美子 岸野早奈 小松里弥 広瀬さつき
14 田畑沙由理 山口麻美 中田麻衣子 中島千尋 北野梨絵 尾川奈穂 清水真子
15 保坂のどか 酒井望 田中麻由 藤江沙樹 濱本まりん 竹ノ谷好美 近藤あすか 森山未来
16 中川理恵 長町優里 川野紗季 杉山貴子 吉村碧 張愫心 稲田佳奈
17 茂本志穂 中村美希 布志木香帆 小林映里奈 巴月優希 池尻茉由 新城舞 - 中野怜那
18 池ヶ谷夏美 - 青柳麻理鈴 尾田緩奈 吉村碧 - 米本みの里 福永静香
19 西川早弓 水島久美 乃一綾 萩原愛海 島村公美子 原嶋祐芽 森次美友
20 高橋悠 横山久美 浅野未希 森迫あやめ 藤田のぞみ 守屋栞奈 -
21 沖田由美子 - 林﨑萌維 青柳麻理鈴 三田一紗代 三木良美 -
22 長町優里 - 作間琴莉 - 杉田めい 今井新那 -
23 - 岸野早奈 -
24 - 高橋佐智江 大久保舞 齊藤夏美 田島光代 - 蘇育萱 -
25 - 橋本祥子 濱本まりん - 入口菜之花 小林美咲 -
26 柳井里奈 - 野間文美加 - 古寺未佳 -
27 - 北方沙映 長澤優芽 - 藤谷千里 -
28 - 冨田実侑 守屋栞奈 - 松井琳子 -
29 - 秦美結 - 森次美友 -
30 - 平塚万貴 -
31 - 佐喜眞幹 -
32 -
33 - E・エディー -

歴代所属選手

2016年の選手退団騒動

7月28日、チームの主力でもある宮間あや、福元美穂に加え、松岡実希、高橋佐智江の4選手が、7月25日に解任となった結城治男監督代行との指導法を巡っての意見の相違等[8]を理由にシーズン中にもかかわらず退団を申し出るという報道が出た[9]。この騒動を理由に、黒田和則ゼネラルマネジャー(運営法人である岡山湯郷Belleの会長(代表理事)も兼任)が引責辞任するという事態にも発展した[10]。結局、宮間は8月10日に残留を表明したが[11]、福元、松岡、高橋の3選手に加え、葛間理代が退団することになった[12]

しかし、一度は残留を表明した宮間も11月5日に契約満了により退団し[13]、さらに12月20日には10選手の退団が発表され[14]、残留選手が7人のみという非常事態になった。

脚注

[脚注の使い方]
  1. ^ 頑張れ!岡山(スポーツ)(岡山県東京事務所)
  2. ^ “岡山湯郷の桜井監督辞任 なでしこL、10チーム中8位低迷”. スポニチアネックス. (2016年6月1日). http://www.sponichi.co.jp/soccer/news/2016/06/01/kiji/K20160601012702250.html 2016年7月28日閲覧。 
  3. ^ “宮間、福元ら退団申し入れ 結城監督代行は25日に解任”. スポニチアネックス. (2016年7月28日). http://www.sponichi.co.jp/soccer/news/2016/06/01/kiji/K20160601012702250.html 2016年7月28日閲覧。 
  4. ^ 岡山湯郷2部降格 コノミヤ高槻は入れ替え戦へ 田中美南が初の得点女王 - 2016年10月23日 スポーツニッポン
  5. ^ 2020プレナスなでしこリーグ1部/2部リーグ開催延期 および 2020プレナスなでしこリーグカップ中止のお知らせ”. 2021年2月28日閲覧。
  6. ^ 2011年9月1日からチームのメインスポンサーとなった。
    nikkansports.com (2011年9月15日). “岡山湯郷に新スポンサー「山田養蜂場」”. 2011年9月15日閲覧。
  7. ^ fanatico2017 (2021年3月10日). “☆NEW☆クラブ【2021シーズン 選手背番号決定】” (日本語). yunogo-belle. 2021年3月13日閲覧。
  8. ^ “宮間、福元ら岡山湯郷ベル退団へ 指導法相違、結城監督代行も退任”. 山陽新聞 さんデジ. (2016年7月28日). http://www.sanyonews.jp/article/388448/1/ 2016年8月10日閲覧。 
  9. ^ “なでしこ宮間ら退団申し入れ 岡山湯郷、指導巡り意見合わず”. 山陽新聞 さんデジ. (2016年7月28日). http://www.sanyonews.jp/article/388634/1/ 2016年8月10日閲覧。 
  10. ^ “湯郷ベル黒田GMが辞職届 宮間ら4選手退団騒動で引責”. 山陽新聞 さんデジ. (2016年7月30日). http://www.sanyonews.jp/article/389720/1/ 2016年8月10日閲覧。 
  11. ^ 宮間選手のコメントについて
  12. ^ 退団選手のお知らせ
  13. ^ 宮間あや、岡山湯郷を退団「すべてかけたこの地離れる」朝日新聞デジタル(2016年11月13日), 2016年12月13日閲覧
  14. ^ 退団選手のお知らせ

外部リンク