マルイ (岡山県)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
株式会社マルイ
MARUI Co., Ltd.
種類 株式会社
略称 マルイ
本社所在地 日本の旗 日本
708-8505
岡山県津山市戸島893-15
設立 1958年8月
業種 小売業
法人番号 4260001020240
事業内容 スーパーマーケットチェーン、食品全般、日用雑貨、惣菜商品製造、通信販売
代表者 代表取締役社長 松田欣也
資本金 1億円(2016年5月
売上高 450億円(2009年5月
従業員数 2,450名(男性858、女性1,592)
決算期 4月30日
主要子会社 (株)サンインマルイ、(株)ランディーズ、(株)バッカス、(有)アントレ、勝央開発(株)、三和、(株)エスマート、(株)わたなべ生鮮館、(株)ハートデリカ
外部リンク http://www.maruilife.co.jp/
テンプレートを表示

株式会社マルイは、岡山県津山市に本部を置き、岡山県・鳥取県スーパーマーケット事業等を展開する企業である。

概要[編集]

食料品スーパーマーケットを中心に展開しており、津山市を拠点として岡山県内と鳥取県内に20店舗出店、瀬戸内海から日本海にわたる広域なネットワークを構築している。津山市郊外には、「イーストランド」等の大型複合商業施設を展開している。 CGCグループの一員であり、「絆」を大切にした経営方針に基づき、地域に根ざした正しい商いを通じて中国地方No.1のスーパーマーケットを目指している。

その他には、農林水産省補助事業である「にっぽん食育推進事業」を、平成19年度(外食、小売業等における普及啓発事業)、平成20年度(食育先進地モデル実証事業)、平成21年度(食育先進地モデル実証事業)を展開、「食事バランスガイド」の活用、日本型食生活の普及・啓発への支援に取り組んでいた。

平成21年度完全施行の薬事法改正に伴い、スーパーマーケットにおいて条件付きで一部医薬品を販売できるようになった。詳細は当該項目参照。イーストランド店(津山市)にて、医薬品販売事業を展開している。

また、インターネットショッピングサイト「ネットスーパーマルイ宅配便」を開設、岡山県全域に商品の配達を行う。(岡山県北部2010年5月1日開始、岡山県南部2010年9月19日開始)

岡山県美作市をホームグラウンドに活動を続ける女子サッカークラブチーム岡山湯郷Belleのオフィシャルスポンサーである。

なお、全国各地に存在する同名の小売業(北海道で展開する百貨店丸井今井東京都中野区に本社を構える丸井新潟県で展開するスーパーマーケットマルイ等)との関係性は、一切ない。

沿革[編集]

  • 1931年昭和 6年) - 津山市元魚町にマルイ食料品店を創業(初代社長:石原 章)
  • 1955年(昭和30年) - 県下初のセルフサービス方式を導入
  • 1958年(昭和33年) - 株式会社マルイに改組
  • 1968年(昭和43年) - 協同組合中国経営合理化チェーン(CMC)の設立に参画
  • 1977年(昭和52年) - リオ店(美作町)、イーストランド店を開設
  • 1981年(昭和56年) - 勝央店を開設
  • 1982年(昭和57年) - 津山市院庄に配送センターを開設/ウエストランド店を開設
  • 1983年(昭和58年) - 惣菜の集中生産システムを開始
  • 1985年(昭和60年) - 本店改装
  • 1986年(昭和61年) - チェリーマート志戸部店出店/イーストランド店リニューアル
  • 1988年(昭和63年) - 高野店開設/吉野家津山東店/新保店出店
  • 1989年平成元年) - 吉野家早島店出店
  • 1990年(平成2年) - 本社を移転
  • 1991年(平成3年) - 勝山店開設
  • 1992年(平成4年) - コスモスフーズ(株)買収
  • 1993年(平成5年) - マルイ美作(株)吸収合併
  • 1994年(平成6年) - ウエストランド店リニューアル/ハウスキーピング増設/リトルマーメイド増設
  • 1995年(平成7年) - 高野店リニューアル/倉吉中央店を開設/バッカス美作リニューアル
  • 1996年(平成8年) - デイリートランスファーセンター(D・T・C)開設/ノースランド店を開設/志戸部店リニューアル(呼称変更)/湖山店(鳥取市)を開設/レストランズマルイ(株)に社名変更〈旧ウエスタンフーズ(株)〉/かつ佶(とんかつの店)東津山店を開設/(有)バッカスを設立(勝山店、ウエストランド店、リオ店、イーストランド店、志戸部店、ノースランド店、湖山店)
  • 1998年(平成10年) - (有)サンインマルイを設立
  • 1999年(平成11年) - 両三柳店(米子市)を開設/正蓮寺店(鳥取市)を開設、後に閉店/薬師町店(鳥取市)を開設
  • 2000年(平成12年) - (株)ランディーズに社名変更<旧コスモスフーズ(株)>/イーストランド店リニューアル/下中野店(岡山市)を開設/宮長店(鳥取市)を開設
  • 2001年(平成13年) - 湯郷店(美作町)を開設
  • 2002年(平成14年) - CMCを脱退/トランスファーセンター(T・C)開設/勝央店リニューアル
  • 2003年(平成15年) - (有)パザパを設立/倉吉中央店リニューアル/勝山店リニューアル(全店 300・500坪規模へ統一)
  • 2004年(平成16年) - アプト店(琴浦町)を開設/久世店(真庭市)を開設/HACCP高度化認定惣菜工場「マルイ ハートデリカ」を開設
  • 2005年(平成17年) - 車尾店(米子市)を開設
  • 2006年(平成18年) - 大福店(岡山市)を開設/(有)パザパが(株)シバタ(鳥取市)の「Sマート」事業を譲受、(株)エスマートに社名変更
  • 2007年(平成19年) - 下中野店(岡山市)を大福店(岡山市)へ統合
  • 2008年(平成20年) - 勝北店(津山市)を開設/新総合物流センターを開設/本部を現所在地(津山市戸島)に移転/ホープタウンと業務提携、ホープタウンマルイ店を開設(米子市)/(株)わたなべ生鮮館(岡山市)を完全子会社化
  • 2009年(平成21年) - 外食産業から撤退(津山市)
  • 2010年(平成22年) -ネットスーパーマルイ宅配便開始/ノースランド店リニューアル/アルティ店(真庭市)を開設
  • 2014年(平成26年) - 総社店(津山市)、米子しんまち店(米子市)を開設/特定非営利活動法人マルイ・エンゲージメント・キャピタルを設立
  • 2015年(平成27年) - 上井店(倉吉市)を開設
  • 2017年(平成29年) - 国府店(鳥取市)を開設

スーパーマーケットマルイ[編集]

岡山県[編集]

津山市[編集]

  • マルイ本店(元魚町)
  • ウエストランド店(二宮)
  • ノースランド店(上河原)
  • 志戸部店(林田)
  • 高野店(高野山西)
  • イーストランド店(川崎)
  • 勝北店(新野東)
  • 総社店(山北)

勝央町[編集]

  • 勝央店(岡)

美作市[編集]

  • 湯郷店(湯郷)

真庭市[編集]

  • 勝山店(三田)
  • アルティ店(久世)

岡山市南区[編集]

  • 大福店(大福)

鳥取県[編集]

鳥取市[編集]

  • 湖山店(湖山町東)
  • 薬師町店(薬師町)
  • 宮長店(宮長)
  • 国府店(国府町新通り)

琴浦町[編集]

  • アプト店(八橋)

倉吉市[編集]

  • 倉吉中央店(住吉町)
  • 上井店(伊木)

米子市[編集]

  • 両三柳店(両三柳)
  • 車尾店(車尾)
  • ホープタウンマルイ店(米原)
  • 米子しんまち店(西福原)

マムハートカード[編集]

入会費、年会費無料の電子マネー機能付きポイントカード。 税抜200円お買い上げごとに1ポイント、100ポイント以上累計で100円のお買い物券となる。 但し、電子マネー「CoGCa」(コジカ)でのお支払いで、税抜き200円お買上ごとに、別途1ポイントが付与される。

毎月5日は、ポイント5倍デー(全店、ただしカード利用不可のアプト店を除く)

例外で、

  • 大福店(岡山市) 毎週日曜日5倍
  • 両三柳店、車尾店、米子しんまち店(鳥取県米子市) 毎週日曜日5倍
  • ホープタウンマルイ店(鳥取県米子市) 毎週火曜日5倍
  • 湖山店、薬師町店、宮長店(鳥取市) 毎週木曜日5倍
  • 倉吉中央店(鳥取県倉吉市) 毎週木曜日5倍

である。

また、毎月25日、偶数月の15日はマルイカード会員限定で、1500円ごとにスクラッチカードがもらえ、50~500円の金券となる。 (金券は利用期限がある)

ネットスーパーマルイ宅配便[編集]

マルイの商品をインターネットで購入できるインターネットサイト。 インターネットサイトという名称だが、電話やFAXでの注文も可能である。 会員登録、買い物手数料、年会費無料であるが、配送料は別途必要である。 5,000円以上の利用で、配送料無料。5,000円未満の利用では、配送料315円が必要である。 マルイカードへのポイント加算、ポイントを利用しての支払いはできない。 配送はヤマト運輸を利用しており、現在の支払い方法は代金引換、クレジットカード。

Mam Heart(マムハート)[編集]

マルイでは独自にプライベートブランドの「Mam Heart(マムハート)」を展開している。 また、趣旨によりマムハートを4分類している。商品としては、一般食品を始め、日配品、生鮮品、惣菜など多岐にわたる。4分類は以下の通り。

  • Mam Heart Selection(マムハート セレクション)
    素材・製法・味にとことんこだわった安心安全な特選高品質商品
  • Mam Heart Basic(マムハート ベーシック)
    毎日の生活に欠かせないリーズナブルな価格のお値打ち商品
  • Mam Heart Delicious(マムハート デリシャス)
    おふくろの味や新しい味、安心安全で心のこもったオリジナルデリカテッセン商品
  • Mam Heart Natural(マムハート ナチュラル)
    顔の見える履歴のハッキリした青果・畜産・水産商品

また、CGCグループに加盟しているため、CGCグループプライベートブランドも取り扱っている。

関連会社[編集]

(株)ランディーズ[編集]

100円ランド(100円ショップ)[編集]

  • イーストランド店
  • 両三柳店
  • 宮長店
  • ダイソー・ランディーズノースランド店

喜久屋書店[編集]

  • 津山店
  • 国府店

(株)バッカス(酒販売)[編集]

  • ウエストランド店
  • イーストランド店
  • 勝山店
  • ノースランド店
  • 志戸部店
  • 湖山店
  • 倉吉店
  • 高野店
  • 宮長店
  • 勝央店
  • アプト店
  • 車尾店

(有)アントレ[編集]

保険事業[編集]

勝央開発(株)[編集]

  • 新規業態の開発事業

(株)エスマート[編集]

  • 2006年(平成18年)9月1日にシバタからSマートの全店舗を譲り受け、運営開始。詳細は当該項目参照。

(株)わたなべ生鮮館[編集]

  • 2008年(平成20年)12月10日に業務・資本提携し完全子会社とした。詳細は当該項目参照。

(株)ハートデリカ[編集]

  • HACCP高度化認定惣菜工場

外部リンク[編集]