ノルディーア北海道

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
ノルディーア北海道
原語表記 ノルディーア北海道
愛称 NORD
クラブカラー      ピンク
創設年 2004年
所属リーグ チャレンジリーグ
ホームタウン 北海道札幌市
ホームスタジアム
SSAP NaturalTurf 20120513.jpg
札幌サッカーアミューズメントパーク
収容人数 200[1]
運営法人 一般社団法人ノルディーア北海道
代表者 曽田雄志
監督 日本の旗 中村宏紀
公式サイト 公式サイト
テンプレート(ノート)サッカークラブPJ

ノルディーア北海道(ノルディーアほっかいどう、Norddea Hokkaido)は北海道札幌市をホームタウンとする女子サッカーのクラブ。

概要[編集]

2004年厚真町で活動する地域スポーツクラブ「あつまスポーツクラブ」(現:ASC北海道)の女性部門である「FC adooma」(アドゥーマ)として発足。監督には当時北海道穂別高等学校の体育教師だった山田静が就任し、2010年まで指揮を執った。

2005年、札幌地域リーグで優勝し、北海道女子サッカーリーグへ昇格。2007年に「あつまスポーツクラブ」の略称「ASC」を取り入れた「ASC adooma」に改称。

2009年、チャレンジリーグ参入決定戦Bグループで3位に入り、翌年からのチャレンジリーグEAST参入が決定した。また、同年より特定非営利活動法人北海道スポーツクラブに所属するとともに本拠地を札幌市に移し、チーム名を一般公募により「NORD」(イタリア語で「北」)とDEA(同じく「女神」)を組み合わせた「ノルディーア北海道」に変更した。2010年のチャレンジリーグEASTは6チーム中5位。

2011年コンサドーレ札幌元コーチの三浦雅之が監督に就任。3月8日、「なでしこリーグ準加盟」が承認[2]。リーグは6チーム中最下位。入れ替え戦で愛媛FCレディースに敗れ、北海道リーグへ降格。規定により、なでしこリーグ準加盟資格も1年で喪失(抹消)。

2012年、チャレンジリーグ入れ替え予備戦に出場したが、チャレンジリーグ昇格決定戦でノジマステラ神奈川に敗北。また、入れ替え戦もJAPANサッカーカレッジレディースに2試合合計0-4で敗北。

2014年北海道女子サッカーリーグで初優勝。さらにチャレンジリーグ参入決定戦でつくばFCレディースジュ ブリーレ 鹿児島を破って昇格を決める。

2015年、チャレンジリーグEAST第6節終了後、監督の三浦雅之が辞任。後任監督に真島英幸が就任した。

2016年、真島が退任し[3]藤原英晃が監督に就任[4]するものの同年6月に成績不振により辞任したため、コーチの浮田あきなが監督に就任し指揮を執ることになった[5]。またその一方で、元選手2名が所属当時の監督からセクハラを受けたなどとして、チームを運営する一般社団法人と当時の元監督に対し計1000万円の損害賠償を求めて札幌地裁に提訴。同年11月24日に和解が成立した[6]。この年のチャレンジリーグEASTは3位、2016プレナスチャレンジリーグプレーオフ順位決定戦は5位。

2017年横浜FCシーガルズ元監督の中村宏紀が監督に就任し、浮田前監督は再びコーチに就任[7]。チャレンジリーグ順位決定戦では得失点差で及ばず11位に終わり[8]入替戦に回ることになる。セレッソ大阪堺ガールズとの入替戦[9]では、2試合とも引き分け(アウェー1-1、ホーム0-0)ながらアウェーゴール数で上回り残留を決めた[10]

2018年は、チャレンジリーグEAST最終節で勝ち点差1で首位の大和シルフィードと対戦、勝てばチャレンジリーグEAST優勝となるところであった[11]ものの敗戦[12]、EAST3位に転落しプレーオフは5位-8位決定戦に回ることになった[13]。プレーオフ(全3節)では第2節(9月9日)の前に北海道胆振東部地震(9月6日)が発生、第3節とともに中止となり、その後の協議の結果これらの試合は実施せずにリーグ終了とすることとなった(当該試合はともにノルディーアの0-1の敗戦扱い)[14]

ホームスタジアム[編集]

ホームゲーム開催スタジアムは以下の通り。北海道リーグ所属当時のものは記載しない(ホーム・アンド・アウェー方式を採用せず、各地を巡回して実施)。

会場 SSAP 札幌厚別 室蘭入江 その他 備考
2010 7
2011 7 東雁来:1 東雁来の1試合はチャレンジリーグ入替戦
2012 1 試合数はチャレンジリーグ入替戦のみ(リーグは北海道リーグ所属)
2015 5 2 中標津:1
2016 7 1 函館FP:1 チャレンジリーグEAST(7試合)
チャレンジリーグ順位決定戦(2試合)
2017 5 4 1 伊達:1 チャレンジリーグEAST(8試合)
チャレンジリーグ順位決定戦(2試合)
チャレンジリーグ入替戦(1試合)
2018 5 2 札大:1 チャレンジリーグEAST(7試合)
チャレンジリーグ順位決定戦(1試合)

チーム成績[編集]

リーグ戦[編集]

年度 リーグ 順位 チーム数 試合 勝点
2005 札幌1部 優勝
2006[15] 北海道 2位 4 3 5 1 2 0
2007 3位 6 10 15 4 3 3 18 7 +11
2008 2位 6 10 23 7 2 1 26 7 +19
2009 3位 5 8 15 5 0 3 19 9 +10
2010 チャレンジリーグEAST 5位 6 15 8 2 2 11 10 36 -26
2011 6位 6 15 2 0 2 13 12 59 -47
2012 北海道 3位 4 6 10 3 1 2 10 8 +2
2013 2位 5 8 19 6 1 1 36 7 +29
2014 優勝 6 10 25 8 1 1 38 2 +36
2015 チャレンジリーグEAST 5位 6 15 18 5 3 7 19 41 -22
2016 チャレンジリーグEAST 3位 6 15 21 6 3 6 23 25 -2
順位決定戦 5位 12 3 7 2 1 0 5 1 +4
2017 チャレンジリーグEAST 5位 6 15 18 5 3 7 20 19 +1
順位決定戦 11位 12 3 5 1 2 0 2 1 +1
2018 チャレンジリーグEAST 3位 6 15 26 8 2 5 23 16 +7
順位決定戦 8位 12 3 0 0 0 3 0 3 -3

参入戦・入れ替え戦[編集]

昇降格 試合結果
2009 チャレンジリーグ参入決定戦 B組 3位/4チーム(1勝2敗)
北海道リーグからチャレンジリーグに参入
2011 チャレンジリーグ入替戦 2試合1分1敗
チャレンジリーグから北海道リーグに降格
  • ノルディーア北海道 1 - 2 愛媛FCレディース
  • ノルディーア北海道 1 - 1 愛媛FCレディース
2012 チャレンジリーグ入替戦 予選 5位/7チーム
入替戦進出
入替戦 2試合2敗
北海道リーグに残留
2013 チャレンジリーグ入替戦予選大会 予選A組 3位/3チーム(2敗)
北海道リーグに残留
2014 チャレンジリーグ参入チーム決定戦 C組 1位/3チーム(2勝)
北海道リーグからチャレンジリーグに参入
2017 チャレンジリーグ入替戦 2試合2分(アウェーゴール1-0)
チャレンジリーグに残留

皇后杯[編集]

出場8回(2017年現在)

年月日 ラウンド 会場 スコア 対戦相手
28 2006年12月10日 1回戦 ひたちなか ● 0 - 4 早稲田大学(関東)
31 2009年12月6日 1回戦 アウスタ ● 0 - 5 清水第八プレアデス(なでしこリーグD2)
32 2010年12月10日 2回戦 ユアスタ ● 0 - 2 静岡産業大学磐田ボニータ(チャレンジリーグ)
33 2011年12月3日 1回戦 三木陸 ○ 3 - 1 姫路獨協大学(関西)
2011年12月10日 2回戦 藤枝サ ● 0 - 5 JFAアカデミー福島(東北)
36 2014年11月30日 1回戦 三交鈴鹿 ● 1 - 2 アンジュヴィオレ広島(中国)
37 2015年11月7日 1回戦 四日市 ● 0 - 2 大東文化大学(関東)
38 2016年10月22日 1回戦 四日市 ● 1 - 4 日ノ本学園高校(関西)
39 2017年10月29日 1回戦 藤枝陸 ● 0 - 2 アンジュヴィオレ広島(中国)

ユニフォーム[編集]

ユニフォームの色
カラー シャツ パンツ ストッキング
FP(1st) ピンク ピンク ピンク
FP(2nd) グレー グレー
GK(1st)
GK(2nd) ターコイズブルー ターコイズブルー ターコイズブルー
FP 1st
FP 2nd
GK 1st
GK 2nd

チームカラー[編集]

ユニフォームスポンサー[編集]

掲出箇所 スポンサー名 表記 掲出年 備考
なし
背中 C-link C-link 2016年-
日進工業 日進工業株式会社 2016年-
パンツ 日之出ビル 日之出ビル 2014年- 2014年は袖

ユニフォームサプライヤの遍歴[編集]

歴代ユニフォームスポンサー年表[編集]

年度 背中 パンツ サプライヤー
2010 - - - - mizuno
2011 www.leroy.or.jp STEPS PENALTY
2012 WiSMムトウ
2013 - - STEPS
2014 日之出ビル 北海道メディカル・スポーツ医療専門学校
2015 - - 日ノ出ビル YUK

選手[編集]

現在所属している選手[編集]


主な歴代所属選手[編集]

出典[編集]

  1. ^ 観客席ができました”. 札幌サッカーアミューズメントパーク (2010年5月15日). 2011年10月15日閲覧。
  2. ^ なでしこリーグ準加盟申請承認の件”. 日本女子サッカーリーグオフィシャルサイト (2011年3月8日). 2011年10月15日閲覧。
  3. ^ 真島英幸 前監督 退団のご挨拶 - ノルディーア北海道公式サイト(2016年2月1日付)
  4. ^ 藤原新監督 正式就任のお知らせ - ノルディーア北海道公式サイト(2016年4月9日付)
  5. ^ 藤原英晃監督辞任、浮田あきな新監督就任のお知らせ - ノルディーア北海道公式サイト(2016年6月3日付)
  6. ^ ノルディーア北海道 元2選手による訴訟の和解について - ノルディーア北海道公式サイト(2016年12月22日付)
  7. ^ 新監督就任のお知らせ - ノルディーア北海道公式サイト(2017年1月6日)
  8. ^ 【2017プレナスチャレンジリーグ プレーオフ順位決定戦 9位~12位 第3節】結果”. ノルディーア北海道 (2017年9月20日). 2017年12月10日閲覧。
  9. ^ 「2017 プレナスチャレンジリーグ入替戦」 日程決定のお知らせ”. ノルディーア北海道 (2017年11月28日). 2017年12月10日閲覧。
  10. ^ 「2017 プレナスチャレンジリーグ入替戦」ノルディーア北海道、つくばFCレディース残留決定のお知らせ”. 日本女子サッカーリーグ (2017年12月10日). 2017年12月10日閲覧。
  11. ^ 2018 プレナスチャレンジリーグ EAST 第15節 パストラル・カーズサンクスマッチのお知らせ”. ノルディーア北海道 (2018年7月11日). 2018年9月19日閲覧。
  12. ^ 【2018プレナスチャレンジリーグEAST 第15節】結果”. ノルディーア北海道 (2018年7月16日). 2018年9月19日閲覧。
  13. ^ 2018プレナスチャレンジリーグ プレーオフ順位決定戦 5位~8位のお知らせ”. ノルディーア北海道 (2018年8月28日). 2018年9月19日閲覧。
  14. ^ 2018プレナスチャレンジリーグ 最終順位確定のお知らせ”. =日本女子サッカーリーグ (2018年9月18日). 2018年9月19日閲覧。
  15. ^ 北海道新聞 2006年11月13日朝刊
  16. ^ 白木 星”. なでしこジャパン公式サイト. 2012年11月4日閲覧。

外部リンク[編集]