2004年のJリーグ ディビジョン1

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
Jリーグ ディビジョン1
シーズン 2004
優勝 横浜F・マリノス
ACL2005出場 横浜F・マリノス
ジュビロ磐田
試合数 240
ゴール数 744 (1試合平均3.1)
得点王 エメルソン(浦和・27得点)
最大差勝利ホーム試合
G大阪 7-1 C大阪(2nd第8節・10月2日)
最大差勝利アウェー試合
C大阪 1-5 (1st第15節・6月26日)
市原 0-4 浦和(2nd第8節・10月2日)
大分 0-4 名古屋(2nd第7節・11月10日)
柏 0-4 浦和(2nd第14節・11月23日)
最多得点試合
G大阪 6-3 神戸(1st第11節・5月22日)
浦和 7-2 東京V(2nd第2節・8月21日)
G大阪 6-3 新潟(2nd第12節・11月6日)
最多観客動員
58,334人 - 浦和 vs 横浜FM(2nd第9節・10月17日)
最少観客動員
4,429人 - G大阪 vs 市原(1st第5節・4月14日)
平均観客動員 18,965人
2003
2005

この項目では、2004年シーズンのJリーグ ディビジョン1(J1)について述べる。

2004年シーズンのJ1のクラブ[編集]

2004年シーズンのJ1のクラブは以下の通り。この内アルビレックス新潟サンフレッチェ広島が前シーズンJ2リーグからの昇格クラブである。

レギュレーションの変更点[編集]

翌シーズンからのリーグ拡大に伴い、J2リーグへの自動降格は無し。総合順位最下位(16位)のクラブがJ2リーグ3位のクラブと入れ替え戦を行う事になった。

スケジュール[編集]

1stステージの閉幕から2ndステージの開幕まで1ヵ月以上のインターバルが設けられた。この期間、日本代表チームのアジアカップのスケジュールが組み込まれた。

リーグ概要[編集]

1stステージは横浜が立ち上がりに苦しみながらも、徐々に勝ち点を伸ばし、磐田の追随を振り切って最終15節にステージ優勝を決めた。前年の1stステージから、リーグ史上初となる3ステージ連続優勝を果たした。

2ndステージは浦和が当初から一歩抜け出し、他のクラブの追随を許さず、13節に名古屋戦に負けながらも優勝を決した。1stステージに優勝争いを演じた横浜・磐田は一回もこのステージ優勝争いに加われなかった。ただこの年昇格してきた新潟は最後まで優勝争いに加わった。

チャンピオンシップは横浜が、第1戦のホーム戦をリードしてアウェー戦に持ち込んだものの、第2戦の試合終了直前になって浦和に同点を許し、延長戦、さらにPK戦にまで持ち込まれた。PK戦の結果4-2で横浜の優勝となった。

残留争いは、柏、セレッソ大阪、清水、広島、大分などによって争われ、最終節まで持ち込まれた結果、柏の総合順位最下位が確定し、入れ替え戦に臨む事になった。

この年J1に昇格したアルビレックス新潟は新潟スタジアムを正式な本拠地に登録した。(新潟市陸上競技場と併用扱いとされているが、試合会場を新潟スタジアムに一本化しており事実上は完全移転。なお新潟スタジアムは2001年の完成当初から事実上の本拠地として使われている)

順位表[編集]

1stステージ[編集]

開催期間:3月13日 - 6月26日

チーム
1 横浜F・マリノス (A) 15 11 3 1 26 13 +13 36
2 ジュビロ磐田 15 11 1 3 31 16 +15 34
3 浦和レッズ 15 7 4 4 30 24 +6 25
4 ガンバ大阪 15 7 3 5 31 23 +8 24
5 鹿島アントラーズ 15 7 3 5 18 14 +4 24
6 FC東京 15 6 5 4 19 19 0 23
7 ジェフユナイテッド市原 15 5 7 3 28 23 +5 22
8 名古屋グランパスエイト 15 5 5 5 24 22 +2 20
9 東京ヴェルディ1969 15 5 4 6 21 23 −2 19
10 大分トリニータ 15 5 2 8 21 27 −6 17
11 清水エスパルス 15 3 7 5 20 27 −7 16
12 ヴィッセル神戸 15 3 6 6 21 25 −4 15
13 サンフレッチェ広島 15 3 6 6 15 19 −4 15
14 アルビレックス新潟 15 3 5 7 16 25 −9 14
15 柏レイソル 15 3 3 9 14 22 −8 12
16 セレッソ大阪 15 2 4 9 17 30 −13 10

最終更新は2004年6月26日の試合終了時
出典: J.League Data Site
順位の決定基準: 1. 勝点; 2. 得失点差; 3. 得点数.

 

2ndステージ[編集]

開催期間:8月14日 - 11月28日

チーム
1 浦和レッズ (A) 15 12 1 2 40 15 +25 37
2 ジェフユナイテッド市原 15 8 4 3 27 22 +5 28
3 ガンバ大阪 15 8 3 4 28 25 +3 27
4 鹿島アントラーズ 15 7 3 5 23 17 +6 24
5 名古屋グランパスエイト 15 7 3 5 25 21 +4 24
6 横浜F・マリノス 15 6 5 4 21 17 +4 23
7 アルビレックス新潟 15 7 2 6 31 33 −2 23
8 ヴィッセル神戸 15 6 3 6 29 30 −1 21
9 東京ヴェルディ1969 15 6 2 7 22 23 −1 20
10 FC東京 15 4 6 5 21 22 −1 18
11 サンフレッチェ広島 15 3 7 5 21 23 −2 16
12 セレッソ大阪 15 4 4 7 25 34 −9 16
13 ジュビロ磐田 15 3 5 7 23 28 −5 14
14 清水エスパルス 15 4 1 10 17 26 −9 13
15 柏レイソル 15 2 7 6 15 27 −12 13
16 大分トリニータ 15 3 4 8 14 29 −15 13

最終更新は2004年11月28日の試合終了時
出典: J.League Data Site
順位の決定基準: 1. 勝点; 2. 得失点差; 3. 得点数.

年間総合順位[編集]

上位2チームの順位はJリーグチャンピオンシップの結果により確定する。

チーム 出場権または降格
1 横浜F・マリノス (C) 30 17 8 5 47 30 +17 59 ACL2005の出場権を獲得 

2 浦和レッズ 30 19 5 6 70 39 +31 62
3 ガンバ大阪 30 15 6 9 69 48 +21 51
4 ジェフユナイテッド市原 30 13 11 6 55 45 +10 50
5 ジュビロ磐田 30 14 6 10 54 44 +10 48
6 鹿島アントラーズ 30 14 6 10 41 31 +10 48
7 名古屋グランパスエイト 30 12 8 10 49 43 +6 44
8 FC東京 30 10 11 9 40 41 −1 41
9 東京ヴェルディ1969 30 11 6 13 43 46 −3 39
10 アルビレックス新潟 30 10 7 13 47 58 −11 37
11 ヴィッセル神戸 30 9 9 12 50 55 −5 36
12 サンフレッチェ広島 30 6 13 11 36 42 −6 31
13 大分トリニータ 30 8 6 16 35 56 −21 30
14 清水エスパルス 30 7 8 15 37 53 −16 29
15 セレッソ大阪 30 6 8 16 42 64 −22 26
16 柏レイソル (O) 30 5 10 15 29 49 −20 25 J1・J2入れ替え戦 2004出場

最終更新は2004年11月28日の試合終了時
出典: J.League Data Site
順位の決定基準: 1. 勝点; 2. 得失点差; 3. 得点数.

チャンピオンシップ[編集]

Jリーグチャンピオンシップについてはサントリーが冠スポンサーとなり、サントリー・チャンピオンシップの名称で開催された。 2002年シーズン、2003年シーズンは1stステージ、2ndステージの優勝クラブが同一であったためチャンピオンシップは開催されず、3年ぶりのチャンピオンシップとなった。

合計スコアが1-1となったため、第2戦終了後にVゴール方式の延長戦を行ったが決着がつかず、そのままPK戦を行った。その結果、4-2で横浜F・マリノスが年間王者に決定。

翌年から1ステージ制に移行したため、チャンピオンシップは2015年まで開催されなかった。

テレビ中継

出典[編集]