コンテンツにスキップ

2023年のJ2リーグ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
明治安田生命J2リーグ
シーズン 2023
優勝 FC町田ゼルビア
昇格 FC町田ゼルビア
ジュビロ磐田
東京ヴェルディ
降格 大宮アルディージャ
ツエーゲン金沢
試合数 462
ゴール数 1179 (1試合平均2.55)
得点王 スペイン フアンマ・デルガド長崎・26得点)
最大差勝利ホーム試合
清水 9-1 いわき(第14節・5月7日)
最大差勝利アウェー試合
山口 0-6 清水(第10節・4月16日)
長崎 0-6 町田(第36節・9月23日)
いわき 1-7 清水(第39節・10月21日)
最多得点試合
清水 9-1 いわき(第14節・5月7日)
最多連勝記録
7 - 千葉(第31節-第37節)
最多連続負け無し記録
13 - 清水(第23節-第36節)
最多連続勝ち無し記録
15 - 大宮(第9節-第23節)
最多連敗記録
8 - 山形(第3節-第10節)
最多観客動員
47,628人 - 清水 vs 千葉(第26節・7月16日)
最少観客動員
1,493人 - 群馬 vs 熊本(第24節・7月5日)
合計観客動員 3,189,482人
平均観客動員 6,904人
2022
2024

この項目では、2023年シーズンのJ2リーグについて述べる。

概要[編集]

J2リーグとして25年目のシーズン。2022年12月20日付で明治安田生命保険相互会社との間でタイトルパートナー(冠スポンサー)契約を更新し(2026年シーズンまで)[1]、「2023明治安田生命J2リーグ」 の名称で行う。

このシーズンについては、翌2024年度からJ1/J2/J3のクラブ数を20クラブに揃える(J2は2クラブ減)ことが決まっていることから、その過渡期に当たるシーズンとして、J1自動昇格・J3自動降格を従来通り2クラブずつとした上で、3位から6位までのクラブでJ1昇格プレーオフを実施し(6年ぶりの開催)優勝クラブがJ1昇格となることが決まっている[2]

スケジュール[編集]

2022年12月20日に大会方式および試合方式が発表された。2月18日開幕・11月12日最終節のホーム・アンド・アウェー2回戦総当たり全42節・合計462試合で行われる[3]

J1昇格プレーオフは準決勝が11月25日・26日、決勝が12月2日のシングルエリミネーショントーナメントで実施される[4]

2023年シーズンのJ2クラブ[編集]

2023年シーズンのJ2のクラブ数は前年まで同様の22。

2022年のJ1リーグ17位の清水エスパルス2016年シーズン以来7年振り、同18位のジュビロ磐田2021年シーズン以来2年振り、2022年のJ3リーグ優勝のいわきFC及び同2位の藤枝MYFCは初のJ2参戦。

チーム名 監督 所在
都道府県
ホームスタジアム 前年成績 ライセンス
ベガルタ仙台 日本 伊藤彰[5] 04宮城県 ユアテックスタジアム仙台 J2 07位 J1
ブラウブリッツ秋田 日本 吉田謙[6] 05秋田県 ソユースタジアム J2 12位 J1
モンテディオ山形 オーストラリア ピーター・クラモフスキー[7] 06山形県 NDソフトスタジアム山形 J2 06位 J1
いわきFC 日本 村主博正[8] 07福島県 いわきグリーンフィールド[注釈 1] j3J3 01位優勝 J1
水戸ホーリーホック 日本 濱崎芳己[9] 08茨城県 ケーズデンキスタジアム水戸 J2 13位 J1
栃木SC 日本 時崎悠[10] 09栃木県 カンセキスタジアムとちぎ J2 17位 J1
ザスパクサツ群馬 日本 大槻毅[11] 10群馬県 正田醤油スタジアム群馬 J2 20位 J1
大宮アルディージャ 日本 相馬直樹[12] 11埼玉県 NACK5スタジアム大宮 J2 19位 J1
ジェフユナイテッド千葉 日本 小林慶行[13] 12千葉県 フクダ電子アリーナ J2 10位 J1
東京ヴェルディ 日本 城福浩[14] 13東京都 味の素スタジアム J2 09位 J1
FC町田ゼルビア 日本 黒田剛[15] 町田GIONスタジアム J2 15位 J1
ヴァンフォーレ甲府 日本 篠田善之[16] 11山梨県 JIT リサイクルインク スタジアム J2 18位 J1
ツエーゲン金沢 日本 柳下正明[17] 17石川県 石川県西部緑地公園陸上競技場 J2 14位 J1
清水エスパルス ブラジル ゼ・リカルド[18] 22静岡県 IAIスタジアム日本平 J1 17位 J1
ジュビロ磐田 日本 横内昭展[19] ヤマハスタジアム J1 18位 J1
藤枝MYFC 日本 須藤大輔[20] 藤枝総合運動公園サッカー場 j3J3 2位 J1
ファジアーノ岡山 日本 木山隆之[21] 33岡山県 シティライトスタジアム J2 03位 J1
レノファ山口FC 日本 名塚善寛[22] 35山口県 維新みらいふスタジアム J2 16位 J1
徳島ヴォルティス スペイン ベニャート・ラバイン[23] 36徳島県 鳴門・大塚スポーツパークポカリスエットスタジアム J2 08位 J1
V・ファーレン長崎 ブラジル ファビオ・カリーレ[24] 42長崎県 トランスコスモススタジアム長崎 J2 11位 J1
ロアッソ熊本 日本 大木武[25] 43熊本県 えがお健康スタジアム J2 04位 J1
大分トリニータ 日本 下平隆宏[26] 44大分県 レゾナックドーム大分 J2 05位 J1
  • 監督は開幕時点のもの
  • ホームスタジアムについては2023年1月30日時点でJリーグコーポレートサイトにおいて示されているスタジアム[27] について記す

監督交代[編集]

特記なき場合、監督代行はトップチームのヘッドコーチが務めている。

チーム名 前監督 退任日 監督代行 新監督 就任日 備考
清水エスパルス ブラジル ゼ・リカルド 4月3日[28] 日本 秋葉忠宏 4月3日[29] コーチからの昇格
モンテディオ山形 オーストラリア ピーター・クラモフスキー 4月2日[30] 日本 渡邉晋 4月4日[30] コーチからの昇格
レノファ山口FC 日本 名塚善寛 5月8日[31] 日本 中山元気(コーチ) アルゼンチン フアン・エスナイデル 6月8日[32] 外部からの招聘
大宮アルディージャ 日本 相馬直樹 5月19日[33] 日本 原崎政人 5月19日[33] コーチからの昇格
いわきFC 日本 村主博正 6月14日[34] 日本 田村雄三 6月14日[34] GMからの異動
ベガルタ仙台 日本 伊藤彰 7月13日[35] 日本 堀孝史 7月13日[36] コーチからの昇格
徳島ヴォルティス スペイン ベニャート・ラバイン 8月22日[37] 日本 吉田達磨 8月22日[37] 外部からの招聘

リーグ概要[編集]

開幕前にはJ1から降格しつつも戦力を維持した清水・磐田の静岡勢に前年上位争いを繰り広げた仙台・山形・岡山・大分・長崎などが上位争いをするとみられていた[38][39]が、シーズンが始まると、監督に元青森山田高校監督の黒田剛を招聘し、更に豊富な資金力でエリキミッチェル・デュークというJリーグ経験のある外国籍アタッカーや若手有望株を数多く獲得した町田[40]がリーグを牽引する。黒田は前半に先制しそのまま逃げ切る形を理想とする「原理原則」にこだわった戦い方を貫き[41][42]、第4節で首位に立つと、第9節で首位を一度明け渡したのみで第10節以降は首位を快走。第39節で熊本に勝利してクラブ初のJ1昇格を確定させ[42][43]、第40節で2位清水が敗れたことでJ2優勝が決定した[44]

一方、J1自動昇格となる2位を巡っては町田に加えて清水・磐田・東京Vの3クラブが激しく競い、さらに昇格プレーオフ進出の6位以内を巡っては、第31節終了時点で5位大分・6位山形・7位長崎・8位群馬・9位甲府・10位岡山・11位千葉の7クラブが勝ち点7の中にひしめく大混戦となる[45]。このうち第41節で群馬・岡山・大分の3クラブがプレーオフ進出の可能性を失う一方、シーズン序盤は低迷した千葉が第31節から7連勝を飾るなど後半戦で勢いを増し、第41節で群馬に勝利しプレーオフ進出をいち早く確定させる[46]。この結果、最終節で清水・磐田・東京Vの3クラブが自動昇格を、甲府・山形・長崎の3クラブがプレーオフ進出を賭けて戦うこととなった[47]

迎えた11月12日の最終節、自動昇格争いの3クラブは清水が水戸と、磐田が栃木と、東京Vが大宮と、いずれもアウェーで対戦。清水が水戸に追いつくのがやっとの一方で、磐田・東京Vが勝利し清水を逆転、得失点差で磐田が上回り自動昇格を確定させる[48]。一方、プレーオフ進出争いは最終節に甲府と山形の直接対決が組まれ、勝った方が6位以内を確保する一方、両者が引き分けてアウェーで5位千葉と戦う8位長崎が勝つと長崎が両者を上回ってプレーオフに出場できるという状況となり[47]、試合終盤には山形が甲府に追いつき、長崎がリードの状況となって長崎の逆転プレーオフ進出の可能性高まったアディショナルタイム2分(90+2分)、山形FWデラトーレの逆転ゴールが決まって土壇場で勝ち越しに成功、長崎に敗れた千葉を交わして5位に浮上し逆転でプレーオフ進出を決めた[48][49]

残留争いも、第31節終了時点で12位の秋田から藤枝・仙台・栃木・水戸・熊本・いわき・徳島・金沢を挟んで21位の山口までの10クラブが勝ち点差5にひしめく混戦模様となる[45]。その中で、柳下正明が率いて7季目となった金沢は第10節終了時までに5勝(5敗)を挙げるなど序盤は好調だったもののその後に失速し復調のきっかけを掴むことができず、終盤には最終節までの13試合を勝ち無し(4分9敗)で終わり、第41節終了時点で最下位が確定しJ3降格が決定した[50]。一方、J1在籍経験もある大宮は試合終盤の失点の多さが響き、序盤から下位に低迷する[51]。第16節終了時に監督の相馬直樹が退任、後任に昨季途中まで仙台を率いた原崎政人ヘッドコーチが就任、夏にはシュヴィルツォクなどの実力者を補強し、終盤には4連勝を挙げるなどの粘りも見せ最下位こそ免れたものの、第41節終了時点でJ3降格圏内の21位でシーズンを終えることが確定した[52]。シーズン終了時点では、J2ライセンスを持たないFC大阪が2位となる可能性が残っていたため降格は決まっていなかったものの、シーズン終了から2週間後の11月25日に行われたJ3第37節の結果によりFC大阪の2位以内の可能性が消滅したことから、大宮のJ3降格も確定した[53]

結果[編集]

順位表[編集]

チーム 昇格または降格
1 FC町田ゼルビア (C, P) 42 26 9 7 79 35 +44 87 J1 2024へ昇格
2 ジュビロ磐田 (P) 42 21 12 9 74 44 +30 75
3 東京ヴェルディ (O, P) 42 21 12 9 57 31 +26 75 J1昇格プレーオフ進出
4 清水エスパルス 42 20 14 8 78 34 +44 74
5 モンテディオ山形 42 21 4 17 64 54 +10 67
6 ジェフユナイテッド千葉 42 19 10 13 61 53 +8 67
7 V・ファーレン長崎 42 18 11 13 70 56 +14 65
8 ヴァンフォーレ甲府 42 18 10 14 60 50 +10 64
9 大分トリニータ 42 17 11 14 54 56 −2 62
10 ファジアーノ岡山 42 13 19 10 49 49 0 58
11 ザスパクサツ群馬 42 14 15 13 44 44 0 57
12 藤枝MYFC 42 14 10 18 61 72 −11 52
13 ブラウブリッツ秋田 42 12 15 15 37 44 −7 51
14 ロアッソ熊本 42 13 10 19 52 53 −1 49
15 徳島ヴォルティス 42 10 19 13 43 53 −10 49
16 ベガルタ仙台 42 12 12 18 48 61 −13 48
17 水戸ホーリーホック 42 11 14 17 49 66 −17 47
18 いわきFC 42 12 11 19 45 69 −24 47
19 栃木SC 42 10 14 18 39 47 −8 44
20 レノファ山口FC 42 10 14 18 37 67 −30 44
21 大宮アルディージャ (R) 42 11 6 25 37 71 −34 39 J3 2024へ降格
22 ツエーゲン金沢 (R) 42 9 8 25 41 70 −29 35
出典: J.LEAGUE Data Site
順位の決定基準: 1) 勝点、2) 得失点差、3) 総得点、4)直接対決の勝点、5) 直接対決の得失点差、6) 直接対決の得点数、7) 反則ポイント、8)抽選
(C) 優勝; (O) プレーオフ勝者; (P) 昇格; (R) 降格.

順位推移表[編集]

1節-21節[編集]

チーム ╲ 節123456789101112131415161718192021
FC町田ゼルビア1042111112111111111111
大分トリニータ331223321224322335222
東京ヴェルディ51011642233353433222333
V・ファーレン長崎2021212116117126532244454464
ヴァンフォーレ甲府1816171165467747569743545
ジュビロ磐田1615101515913891091111108668656
清水エスパルス101314141418191617141089758961077
ロアッソ熊本8189581314111213131412111112111211138
ベガルタ仙台10781271116101112141213131211129789
ザスパクサツ群馬10201813181065467565757791010
ファジアーノ岡山15745689101112107910108108911
モンテディオ山形31581117182020212121211920171815131112
藤枝MYFC11681381214886681213141313141213
ブラウブリッツ秋田1074334545489108691011121414
ツエーゲン金沢20212222211611151391113141414151618171815
徳島ヴォルティス181616202222222222222222222019161716181516
ジェフユナイテッド千葉51012171919212121202015161715131414151617
水戸ホーリーホック101213182021171816181516181516181520191718
レノファ山口FC5637101591315171817171818202119202019
栃木SC81820191620201918191619151617191917161920
いわきFC16141915914151719161920202222212021212121
大宮アルディージャ209151012710714151718192121222222222222

22節-42節[編集]

チーム ╲ 節222324252627282930313233343536373839404142
FC町田ゼルビア111111111111111111111
ジュビロ磐田544322222222233243332
東京ヴェルディ322233344444444434443
清水エスパルス777666433333322322224
モンテディオ山形149111212119999891110111188775
ジェフユナイテッド千葉161515151512111011111111865555556
V・ファーレン長崎455777656655556766887
ヴァンフォーレ甲府6664545679910779677668
大分トリニータ233545775566911891111999
ファジアーノ岡山12891099101110101076978910101110
ザスパクサツ群馬910108888888781081010109111011
藤枝MYFC1011891010121212131417161515121412121212
ブラウブリッツ秋田131314141413131313121314171616151213141313
ロアッソ熊本111412111114151414172020201813161818161614
徳島ヴォルティス151618171820202121191716141415141516151415
ベガルタ仙台81213131315141516141212151718171614131516
水戸ホーリーホック181916181716161615161815131212131315171717
栃木SC201719202019171918151613121314191919181818
いわきFC212121191917181717181518181919181717191919
レノファ山口FC192017161618191820211919192020202020202020
大宮アルディージャ222222222222222222222222222222222121212121
ツエーゲン金沢171820212121212019202121212121212222222222
出典: J.LEAGUE Data Site
  = 1位(J1自動昇格);   = 2位(J1自動昇格);   = J1昇格プレーオフ進出;   = J3降格

戦績表[編集]

ホーム / アウェイ ZEL JUB VER SSP MON JEF VVN VEN TRI FAG SPA MYF BLA ROA VOR VEG HOL IWK TOC REN ARD ZWE
FC町田ゼルビア 2–1 2–2 2–1 5–0 1–3 4–1 3–3 3–1 1–1 2–0 1–0 0–1 2–1 2–1 0–0 3–0 2–3 0–1 2–0 3–2 1–0
ジュビロ磐田 1–1 1–1 2–2 2–1 2–3 1–0 1–1 1–1 2–3 4–2 4–1 2–0 1–1 2–3 4–1 5–0 1–1 2–0 0–0 3–2 2–1
東京ヴェルディ 0–1 0–0 0–1 1–2 3–2 1–2 0–0 1–0 2–3 2–2 2–2 2–1 3–0 0–0 0–2 0–0 0–0 1–0 2–0 1–0 1–0
清水エスパルス 3–2 1–0 2–1 3–0 2–2 3–2 0–0 0–0 1–0 1–3 5–0 0–1 1–3 0–0 1–1 0–0 9–1 2–0 1–0 4–0 3–0
モンテディオ山形 0–3 1–3 0–2 2–1 1–0 5–1 2–1 5–0 2–0 2–1 3–2 2–1 2–0 0–1 4–1 0–1 3–0 2–0 1–1 1–1 0–1
ジェフユナイテッド千葉 0–2 0–1 1–0 1–0 1–3 1–3 2–1 1–1 1–1 2–2 3–2 2–1 1–0 2–2 3–1 1–1 1–0 1–0 4–0 1–0 1–0
V・ファーレン長崎 0–6 2–1 1–2 1–1 3–2 0–1 2–1 2–2 0–0 2–1 5–1 4–2 4–1 1–2 2–1 4–0 0–0 1–2 0–1 2–0 5–1
ヴァンフォーレ甲府 1–0 0–1 1–1 1–0 1–2 0–1 1–1 3–2 0–0 0–3 2–1 5–1 2–0 1–1 0–3 2–1 1–0 1–0 4–0 5–1 0–2
大分トリニータ 0–3 2–1 1–0 1–2 0–1 2–1 1–1 2–1 1–0 2–1 1–0 2–1 1–1 3–3 2–3 0–1 1–2 1–0 3–1 0–1 4–3
ファジアーノ岡山 1–3 2–1 1–2 0–0 2–0 0–5 2–2 2–3 1–0 2–1 2–3 0–2 0–0 2–0 1–0 1–0 1–1 1–1 1–1 1–1 3–0
ザスパクサツ群馬 0–0 1–1 0–0 1–1 1–0 1–2 1–0 2–1 0–1 0–0 0–0 0–0 1–1 0–0 1–2 2–1 1–0 1–0 2–1 2–0 1–1
藤枝MYFC 0–0 0–1 0–5 2–0 1–2 3–1 2–0 1–4 0–2 2–2 5–1 0–1 0–4 3–0 3–2 1–0 2–4 1–1 0–0 2–3 1–1
ブラウブリッツ秋田 1–2 1–1 0–1 1–1 1–1 1–0 0–0 0–1 0–0 0–1 0–0 1–3 1–1 1–1 0–1 1–1 1–1 2–1 0–1 2–1 0–0
ロアッソ熊本 0–3 0–2 0–1 0–1 0–3 2–2 0–2 2–0 1–3 1–2 2–0 0–2 0–1 1–1 0–1 0–0 2–4 3–0 1–3 3–0 3–1
徳島ヴォルティス 2–1 0–3 0–2 1–1 1–1 3–3 0–4 1–2 1–2 1–1 0–0 0–0 0–0 0–1 1–1 0–2 2–0 1–0 2–0 0–1 2–0
ベガルタ仙台 1–3 2–3 3–4 0–3 2–1 2–1 0–1 0–0 1–0 1–1 0–2 1–1 2–2 1–0 1–1 0–1 0–1 1–0 1–1 1–0 2–3
水戸ホーリーホック 1–1 1–5 0–2 1–1 3–1 4–1 3–3 2–4 0–1 1–1 1–2 1–4 1–1 0–3 3–1 1–0 2–2 2–2 0–1 0–0 3–0
いわきFC 0–1 0–1 0–0 1–7 1–3 0–0 0–1 1–1 1–3 1–2 2–1 2–3 0–1 0–4 1–0 2–2 4–3 1–0 0–1 2–1 1–0
栃木SC 1–1 1–2 0–2 1–1 2–1 0–1 0–0 3–0 1–1 2–1 1–2 2–0 1–2 1–1 2–2 2–2 2–2 1–0 0–0 2–1 4–0
レノファ山口FC 0–2 1–1 0–2 0–6 1–0 1–1 1–1 3–2 2–2 2–2 1–0 0–3 1–2 1–3 2–2 2–0 1–2 0–0 1–1 1–0 3–2
大宮アルディージャ 0–1 1–0 0–2 0–3 2–1 2–1 0–4 0–2 3–0 1–1 0–1 2–3 1–0 0–3 1–3 1–1 1–2 1–5 0–0 2–0 2–0
ツエーゲン金沢 1–2 1–2 0–3 0–3 0–1 2–0 2–0 0–1 2–2 1–1 1–1 1–1 0–2 1–1 0–1 2–1 2–1 3–0 0–1 5–2 1–2
出典: J.LEAGUE Data Site
色: 青 = ホームチームが勝ち; 黄 = 引き分け; 赤 = アウェーチームが勝利。

J1昇格プレーオフ[編集]

 
準決勝決勝
 
      
 
11月26日・味スタ
 
 
3位
東京ヴェルディ
2
 
12月2日・国立
 
6位
ジェフユナイテッド千葉
1
 
3位
東京ヴェルディ
1
 
11月25日・アイスタ
 
4位
清水エスパルス
1
 
4位
清水エスパルス
0
 
 
5位
モンテディオ山形
0
 


表彰[編集]

得点ランキング[編集]

  移籍によりシーズン途中でリーグを離れた選手(所属は移籍前のクラブ)
順位 選手 所属 得点
1 スペイン フアンマ・デルガド V・ファーレン長崎 26
2 ブラジル エリキ FC町田ゼルビア 18
3 ブラジル カルリーニョス・ジュニオ 清水エスパルス 15
T4 ポルトガル チアゴ・アウベス モンテディオ山形 13
日本 小森飛絢 ジェフユナイテッド千葉
日本 渡邉りょう 藤枝MYFC
日本 森海渡 徳島ヴォルティス
T8 ナイジェリア ピーター・ウタカ ヴァンフォーレ甲府 12
ブラジル チアゴ・サンタナ 清水エスパルス
T10 日本 郷家友太 ベガルタ仙台 10
日本 藤本佳希 モンテディオ山形
オーストラリア ミッチェル・デューク FC町田ゼルビア
日本 乾貴士 清水エスパルス

出典: J.LEAGUE Data Site

ハットトリック[編集]

選手 所属 対戦相手 試合結果 日付 出典
スペイン フアンマ・デルガド V・ファーレン長崎 6節 モンテディオ山形 3 - 2 (H) 3月25日 [54]
日本 杉浦恭平 ツエーゲン金沢 9節 いわきFC 3 - 0 (H) 4月12日 [55]
日本 中山克広 清水エスパルス 14節 9 - 1 (H) 5月7日 [56]
ブラジル チアゴ・サンタナ [57]
日本 藤本佳希4 モンテディオ山形 23節 ベガルタ仙台 4 - 1 (H) 7月1日 [58]
日本 安藤瑞季 水戸ホーリーホック 34節 ツエーゲン金沢 3 - 0 (H) 9月9日 [59]
Note: 4 1試合4得点
(H) – ホーム (A) – アウェイ


月間MVP[編集]

J2
選手 クラブ 出典
2月・3月 ブラジル エリキ FC町田ゼルビア [60]
4月 スペインの旗 フアンマ・デルガド V・ファーレン長崎 [61]
5月 日本の旗 森海渡 徳島ヴォルティス [62]
6月 ブラジルの旗 エリキ FC町田ゼルビア [63]
7月 日本の旗 岩渕弘人 いわきFC [64]
8月 日本の旗 鈴木義宜 清水エスパルス [65]
9月 日本の旗 田口泰士 ジェフユナイテッド千葉 [66]
10月 日本の旗 宇野禅斗 FC町田ゼルビア [67]
11月 日本の旗 松本昌也 ジュビロ磐田 [68]

月間ベストゴール[編集]

J2
選手 クラブ 対戦相手 (会場) 得点時間 動画 出典
2月・3月 日本 ディサロ燦シルヴァーノ 清水エスパルス 3節 長崎 (トラスタ) 90+4分 ベストゴール - YouTube [69]
4月 日本の旗 荒木駿太 FC町田ゼルビア 10節 大分 (Gスタ) 23分 ベストゴール - YouTube [70]
5月 日本の旗 米田隼也 V・ファーレン長崎 18節 磐田 (トラスタ) 71分 ベストゴール - YouTube [71]
6月 日本の旗 梅田魁人 水戸ホーリーホック 22節 町田 (Ksスタ) 65分 ベストゴール - YouTube [72]
7月 日本の旗 乾貴士 清水エスパルス 25節 大分 (レゾド) 63分 ベストゴール - YouTube [73]
8月 日本の旗 中村慶太 V・ファーレン長崎 30節 水戸 (Ksスタ) 83分 ベストゴール - YouTube [74]
9月 日本の旗 鈴木準弥 FC町田ゼルビア 36節 長崎 (トラスタ) 45+6分 ベストゴール - YouTube [75]
10月 日本の旗 中川風希 藤枝MYFC 40節 水戸 (藤枝サ) 32分 ベストゴール - YouTube [76]
11月 日本の旗 中原輝 東京ヴェルディ 41節 栃木 (味スタ) 82分 ベストゴール - YouTube [77]

月間優秀監督賞[編集]

J2
監督 クラブ 出典
2月・3月 日本 黒田剛 FC町田ゼルビア [78]
4月 ブラジルの旗 ファビオ・カリーレ V・ファーレン長崎 [79]
5月 日本 黒田剛 FC町田ゼルビア [80]
6月 日本 横内昭展 ジュビロ磐田 [81]
7月 日本 田村雄三 いわきFC [82]
8月 日本 秋葉忠宏 清水エスパルス [83]
9月 日本 小林慶行 ジェフユナイテッド千葉 [84]
10月 日本 城福浩 東京ヴェルディ [85]
11月 日本 横内昭展 ジュビロ磐田 [86]

観客動員[編集]

チーム 合計 最多 最小 平均 推移
1 清水エスパルス 302,254 47,628 6,104 14,393 -0.94411282387668−5.5%
2 ベガルタ仙台 235,521 15,163 8,740 11,215 0.24735846958069+24.7%
3 ジュビロ磐田 219,373 24,247 4,355 10,446 0.050694025347013+5.0%
4 大分トリニータ 193,232 15,705 5,744 9,202 0.3904502870958+39.0%
5 ジェフユナイテッド千葉 178,985 15,201 5,317 8,523 0.47661122661123+47.6%
6 ファジアーノ岡山 178,393 15,695 4,254 8,495 0.20240622788393+20.2%
7 モンテディオ山形 174,684 14,618 5,390 8,318 0.28941249418695+28.9%
8 東京ヴェルディ 167,616 17,802 2,805 7,982 0.6108980827447+61.0%
9 ヴァンフォーレ甲府 157,184 11,643 4,541 7,485 0.51825557809331+51.8%
10 FC町田ゼルビア 155,956 38,402 2,903 7,426 1.2898550724638+128.9%
11 V・ファーレン長崎 153,303 13,893 3,815 7,300 0.44240268721597+44.2%
12 大宮アルディージャ 141,912 11,827 3,427 6,758 0.28186646433991+28.1%
13 ロアッソ熊本 131,842 17,805 2,884 6,278 0.55434513493439+55.4%
14 徳島ヴォルティス 125,491 13,199 3,126 5,976 0.41477272727273+41.4%
15 栃木SC 122,511 10,741 2,901 5,834 0.3172273650937+31.7%
16 レノファ山口FC 92,552 7,022 2,223 4,407 0.20376946189566+20.3%
17 ツエーゲン金沢 88,722 9,277 1,516 4,225 0.23501900029231+23.5%
18 ザスパクサツ群馬 86,439 10,823 1,493 4,116 0.33810143042913+33.8%
19 水戸ホーリーホック 78,246 9,219 2,349 3,726 0.24949698189135+24.9%
20 いわきFC 73,306 5,044 2,011 3,491 0.60579576816927+60.5%
21 藤枝MYFC 66,048 6,288 1,511 3,145 0.80126002290951+80.1%
22 ブラウブリッツ秋田 65,912 5,193 1,603 3,139 0.37494524748138+37.4%
リーグ合計 3,189,482 47,628 1,493 6,904 +37.5%

出典: J.LEAGUE Data Site
註記:
†:前シーズンはJ1、‡:前シーズンはJ3

脚注[編集]

注釈[編集]

  1. ^ 2023年10月1日より「ハワイアンズスタジアムいわき」の命名権名称を使用。

出典[編集]

  1. ^ 明治安田生命とのタイトルパートナー契約更新について』(プレスリリース)日本プロサッカーリーグ、2022年12月20日https://aboutj.jleague.jp/corporate/release/25804/2022年12月20日閲覧 
  2. ^ 2024シーズン以降のリーグ構造・大会方式について 各カテゴリーのクラブ数を20に統一 リーグカップ戦をJ1・J2・J3全クラブ参加のノックアウト方式に変更』(プレスリリース)日本プロサッカーリーグ、2022年12月20日https://aboutj.jleague.jp/corporate/release/25810/2022年12月20日閲覧 
  3. ^ 2023明治安田生命J2リーグ 大会方式および試合方式について”. J.LEAGUE.jp (2022年12月20日). 2023年2月5日閲覧。
  4. ^ 2023J1昇格プレーオフ 大会方式および試合方式について”. J.LEAGUE.jp (2022年12月20日). 2023年2月5日閲覧。
  5. ^ 伊藤彰監督 来シーズン続投のお知らせ』(プレスリリース)ベガルタ仙台、2022年10月24日https://www.vegalta.co.jp/news-team/2022/10/post-791.html2022年10月24日閲覧 
  6. ^ 吉田謙監督 2023シーズン続投のお知らせ』(プレスリリース)ブラウブリッツ秋田、2022年10月25日https://blaublitz.jp/whatsnew/105590.html2022年10月25日閲覧 
  7. ^ ピーター クラモフスキー監督 契約更新のお知らせ』(プレスリリース)モンテディオ山形、2022年11月17日https://www.montedioyamagata.jp/news/p/11828/2022年11月17日閲覧 
  8. ^ 村主博正監督 来季続投のお知らせ』(プレスリリース)いわきFC、2022年11月13日https://iwakifc.com/news/2022/1113_021301.php2022年11月13日閲覧 
  9. ^ 濱崎芳己ヘッドコーチ 監督就任のお知らせ』(プレスリリース)水戸ホーリーホック、2022年10月27日https://www.mito-hollyhock.net/news/p=22861/2022年10月27日閲覧 
  10. ^ 時崎悠監督 2023シーズン続投のお知らせ』(プレスリリース)栃木SC、2022年10月15日https://www.tochigisc.jp/info/221015_topinfo.html2022年10月26日閲覧 
  11. ^ 大槻毅 監督 2023シーズン続投のお知らせ』(プレスリリース)ザスパクサツ群馬、2022年12月1日https://www.thespa.co.jp/newsinfo/?p=79212022年12月1日閲覧 
  12. ^ 相馬直樹 監督 契約更新のお知らせ』(プレスリリース)大宮アルディージャ、2022年11月24日https://www.ardija.co.jp/news/?id=398582022年11月24日閲覧 
  13. ^ 小林 慶行 監督の就任内定について』(プレスリリース)ジェフユナイテッド千葉、2022年11月1日https://jefunited.co.jp/news/detail/9892022年11月1日閲覧 
  14. ^ 城福浩 監督、契約更新のお知らせ』(プレスリリース)東京ヴェルディ、2022年12月29日https://www.verdy.co.jp/news/115192022年12月29日閲覧 
  15. ^ 黒田剛 監督就任のお知らせ』(プレスリリース)FC町田ゼルビア、2022年10月24日https://www.zelvia.co.jp/news/news-215314/2022年10月24日閲覧 
  16. ^ 篠田 善之氏 監督就任のお知らせ』(プレスリリース)ヴァンフォーレ甲府、2022年11月30日https://www.ventforet.jp/news/press_release/5226362022年11月30日閲覧 
  17. ^ 柳下正明監督 来季続投決定のお知らせ』(プレスリリース)ツエーゲン金沢、2022年10月21日https://www.zweigen-kanazawa.jp/news/p5647.html2022年10月24日閲覧 
  18. ^ ゼ リカルド監督 契約更新のお知らせ』(プレスリリース)清水エスパルス、2022年11月23日https://www.s-pulse.co.jp/news/detail/505942022年11月23日閲覧 
  19. ^ 横内 昭展監督 就任のお知らせ』(プレスリリース)ジュビロ磐田、2022年12月25日https://www.jubilo-iwata.co.jp/newslist/detail/?nw_seq=8685&year=2022&month=122022年12月25日閲覧 
  20. ^ 須藤大輔監督 2023シーズン続投のお知らせ』(プレスリリース)藤枝MYFC、2022年11月14日https://myfc.co.jp/news/20221114/1128299/2022年11月20日閲覧 
  21. ^ 木山隆之監督 契約更新のお知らせ』(プレスリリース)ファジアーノ岡山FC、2022年11月12日https://www.fagiano-okayama.com/news/p1473058015.html2022年11月12日閲覧 
  22. ^ 名塚善寛監督 契約更新のお知らせ』(プレスリリース)レノファ山口FC、2022年10月25日https://www.renofa.com/archives/102693/2022年10月25日閲覧 
  23. ^ ベニャート ラバイン氏 新監督就任のお知らせ』(プレスリリース)徳島ヴォルティス、2022年12月9日https://www.vortis.jp/information/news/detail.php?id=38452022年12月9日閲覧 
  24. ^ ファビオ カリーレ監督 契約更新のお知らせ』(プレスリリース)V・ファーレン長崎、2022年10月24日https://www.v-varen.com/news/173855.html2022年10月24日閲覧 
  25. ^ 大木 武 監督、来季続投のお知らせ』(プレスリリース)ロアッソ熊本、2022年10月23日https://roasso-k.com/index.php/news/59252022年11月13日閲覧 
  26. ^ 下平 隆宏監督 契約更新のお知らせ』(プレスリリース)大分トリニータ、2022年11月28日https://www.oita-trinita.co.jp/news/20221192015/2022年11月28日閲覧 
  27. ^ スタジアム情報一覧”. 日本プロサッカーリーグ(Jリーグ)組織・経営情報. 2023年1月30日閲覧。
  28. ^ ゼ リカルド監督 契約解除のお知らせ』(プレスリリース)清水エスパルス、2023年4月3日https://www.s-pulse.co.jp/news/detail/512352023年4月3日閲覧 
  29. ^ 秋葉 忠宏 監督就任のお知らせ』(プレスリリース)清水エスパルス、2023年4月3日https://www.s-pulse.co.jp/news/detail/512372023年4月3日閲覧 
  30. ^ a b トップチーム監督交代のお知らせ』(プレスリリース)モンテディオ山形、2023年4月4日https://www.montedioyamagata.jp/news/p/12011/2023年4月4日閲覧 
  31. ^ 名塚善寛監督および石原正康GM退任のお知らせ』(プレスリリース)レノファ山口FC、2023年5月8日https://www.renofa.com/archives/109980/2023年5月8日閲覧 
  32. ^ フアン エスナイデル 監督就任のお知らせ』(プレスリリース)レノファ山口FC、2023年5月29日https://www.renofa.com/archives/111143/2023年5月29日閲覧 
  33. ^ a b 監督交代のお知らせ』(プレスリリース)大宮アルディージャ、2023年5月19日https://www.ardija.co.jp/news/?id=406872023年5月19日閲覧 
  34. ^ a b 監督交代のお知らせ』(プレスリリース)いわきFC、2023年6月14日https://iwakifc.com/news/2023/0614_022650.php2023年6月14日閲覧 
  35. ^ 伊藤彰監督 退任のお知らせ』(プレスリリース)ベガルタ仙台、2023年7月13日https://www.vegalta.co.jp/news-team/2023/07/post-547.html2023年7月13日閲覧 
  36. ^ 堀孝史 監督就任のお知らせ』(プレスリリース)ベガルタ仙台、2023年7月13日https://www.vegalta.co.jp/news-team/2023/07/post-548.html2023年7月13日閲覧 
  37. ^ a b トップチーム監督交代について』(プレスリリース)徳島ヴォルティス、2023年8月22日https://www.vortis.jp/information/news/detail.php?id=43152023年8月22日閲覧 
  38. ^ 【名良橋晃のJ2順位予想】昇格の可能性が高いのは若手の成長著しい岡山。清水はJ1級の戦力も…J2はそんなに甘くない”. サッカーダイジェストWeb (2023年2月14日). 2023年11月18日閲覧。
  39. ^ 【岩本輝雄のJ2順位予想】戦力充実の清水がブッチギリで優勝! トレーニングの雰囲気が良い町田も期待”. サッカーダイジェストWeb (2023年2月14日). 2023年11月18日閲覧。
  40. ^ 大島和人 (2023年1月17日). “異例の手法でJ1昇格を目指すFC町田ゼルビア 藤田社長と黒田監督の強気な青写真”. スポーツナビ. 2023年11月18日閲覧。
  41. ^ 大島和人 (2023年5月23日). “首位独走のJ2町田が見せる“不思議な強さ” 黒田監督は「1-0でもOK」のメンタリティをどう浸透させたか?”. スポーツナビ. 2023年11月18日閲覧。
  42. ^ a b 町田ゼルビアが悲願のJ1初昇格 高校サッカーの名将が就任1年目で成果 「原理原則」求め懐疑的な声を払拭」『東京新聞』2023年10月22日。2023年11月18日閲覧。
  43. ^ FC町田ゼルビアのJ1昇格が決定』(プレスリリース)日本プロサッカーリーグ、2023年10月22日https://aboutj.jleague.jp/corporate/release/26427/2023年10月22日閲覧 
  44. ^ FC町田ゼルビア優勝における野々村 芳和チェアマンコメント』(プレスリリース)日本プロサッカーリーグ、2023年10月29日https://aboutj.jleague.jp/corporate/release/26439/2023年11月11日閲覧 
  45. ^ a b 河治良幸 (2023年8月23日). “J2リーグ終盤戦「J1昇格争い」展望 “トップ6進出”有力9クラブは?…混戦の上位勢力図を考察【コラム】”. FOOTBALL ZONE. 2023年11月18日閲覧。
  46. ^ 呉屋決勝PK 大一番で成長証明 プレーオフ進出決める ジェフ千葉」『千葉日報』2023年11月6日。2023年11月18日閲覧。
  47. ^ a b 【J2】最終節の行方 清水か、磐田か、東京Vか…自動昇格残り1枠は勝ち点1差3チームに望み」『日刊スポーツ』2023年11月12日。2023年11月18日閲覧。
  48. ^ a b 【J2最終節】磐田が逆転でJ1復帰!昇格PO最後の1枠は山形がロスタイム弾で進出/詳細」『日刊スポーツ』2023年11月12日。2023年11月22日閲覧。
  49. ^ J2山形が史上最多17敗で昇格プレーオフ進出…終了間際にフロントは何を思ったか」『スポーツ報知』。2023年11月23日閲覧。
  50. ^ 柳下監督「降格申し訳ない」 ツエーゲンJ2最終戦ドロー 金沢スタジアムで出直しを」『北國新聞』2023年11月13日。2023年11月23日閲覧。
  51. ^ 戸塚啓 (2023年11月16日). “J3降格濃厚…大宮アルディージャの低迷は避けられなかったのか? 相次ぐ監督交代と主力放出で失ったもの「誰からも具体的な目標が提示されず…」”. Number Web. 2023年11月20日閲覧。
  52. ^ 【大宮】J3自動降格圏の21位が確定…J1経験チームのJ3降格は過去に大分と松本の2クラブ”. 日刊スポーツ (2023年11月4日). 2023年11月20日閲覧。
  53. ^ 大宮、J3降格が決定…J2ライセンス未交付のFC大阪が自動昇格圏入りを逃す」『サッカーキング』2023年11月25日。2023年11月25日閲覧。
  54. ^ 2023明治安田生命J2リーグ 第6節 フアンマ デルガド選手(長崎) ハットトリック達成』(プレスリリース)日本プロサッカーリーグ、2023年3月25日https://www.jleague.jp/release/2023明治安田生命j2リーグ%e3%80%80第6節%e3%80%80/2023年4月2日閲覧 
  55. ^ 2023明治安田生命J2リーグ 第9節 杉浦 恭平 選手(金沢) ハットトリック達成』(プレスリリース)日本プロサッカーリーグ、2023年4月12日https://www.jleague.jp/release/2023明治安田生命j2リーグ%e3%80%80第9節%e3%80%80杉浦/2023年4月12日閲覧 
  56. ^ 2023明治安田生命J2リーグ 第14節 中山 克広 選手(清水) ハットトリック達成』(プレスリリース)日本プロサッカーリーグ、2023年5月7日https://www.jleague.jp/release/2023明治安田生命j2リーグ%e3%80%80第14節%e3%80%80中/2023年5月8日閲覧 
  57. ^ 2023明治安田生命J2リーグ 第14節 チアゴ サンタナ 選手(清水) ハットトリック達成』(プレスリリース)日本プロサッカーリーグ、2022年5月7日https://www.jleague.jp/release/2023明治安田生命j2リーグ%e3%80%80第14節%e3%80%80チ/2023年5月8日閲覧 
  58. ^ 2023明治安田生命J2リーグ 第23節 藤本 佳希 選手(山形) ハットトリック達成』(プレスリリース)日本プロサッカーリーグ、2023年7月1日https://www.jleague.jp/release/2023明治安田生命j3リーグ%e3%80%80第23節%e3%80%80藤/2023年8月15日閲覧 
  59. ^ 2023明治安田生命J2リーグ 第34節 安藤 瑞季 選手(水戸) ハットトリック達成』(プレスリリース)日本プロサッカーリーグ、2023年9月9日https://www.jleague.jp/release/2023明治安田生命j2リーグ-第34節%e3%80%80安藤/2023年9月12日閲覧 
  60. ^ J2受賞者 FC町田ゼルビア FW11エリキ:明治安田生命Jリーグ KONAMI月間MVP:明治安田生命Jリーグ 月間表彰”. J.LEAGUE.jp (2023年4月18日). 2023年4月22日閲覧。
  61. ^ J2受賞者 V・ファーレン長崎 FW 9 フアンマ デルガド:明治安田生命Jリーグ KONAMI月間MVP:明治安田生命Jリーグ 月間表彰:Jリーグ.jp”. Jリーグ.jp. 2023年5月16日閲覧。
  62. ^ J2受賞者 徳島ヴォルティス FW 9 森 海渡:明治安田生命Jリーグ KONAMI月間MVP:明治安田生命Jリーグ 月間表彰:Jリーグ.jp”. Jリーグ.jp. 2023年6月13日閲覧。
  63. ^ J2受賞者 FC町田ゼルビア FW 11 エリキ:明治安田生命Jリーグ KONAMI月間MVP:明治安田生命Jリーグ 月間表彰:Jリーグ.jp”. Jリーグ.jp. 2023年7月18日閲覧。
  64. ^ J2受賞者 いわきFC MF 19 岩渕 弘人:明治安田生命Jリーグ KONAMI月間MVP:明治安田生命Jリーグ 月間表彰:Jリーグ.jp”. Jリーグ.jp. 2023年8月15日閲覧。
  65. ^ J2受賞者 清水エスパルス DF 50 鈴木 義宜:明治安田生命Jリーグ KONAMI月間MVP:明治安田生命Jリーグ 月間表彰:Jリーグ.jp”. Jリーグ.jp. 2023年9月12日閲覧。
  66. ^ J2受賞者 ジェフユナイテッド千葉 MF 4 田口 泰士:明治安田生命Jリーグ KONAMI月間MVP:明治安田生命Jリーグ 月間表彰:Jリーグ.jp”. Jリーグ.jp. 2023年10月19日閲覧。
  67. ^ J2受賞者 FC町田ゼルビア MF 16 宇野 禅斗:明治安田生命Jリーグ KONAMI月間MVP:明治安田生命Jリーグ 月間表彰:Jリーグ.jp”. Jリーグ.jp. 2023年11月23日閲覧。
  68. ^ J2受賞者 ジュビロ磐田 MF 14 松本 昌也:明治安田生命Jリーグ KONAMI月間MVP:明治安田生命Jリーグ 月間表彰:Jリーグ.jp”. Jリーグ.jp. 2023年11月23日閲覧。
  69. ^ J2受賞者 清水エスパルス FW29ディサロ 燦シルヴァーノ:明治安田生命Jリーグ 月間ベストゴール:明治安田生命Jリーグ 月間表彰”. J.LEAGUE.jp (2023年4月18日). 2023年4月22日閲覧。
  70. ^ J2受賞者 FC町田ゼルビア FW 7 荒木 駿太:明治安田生命Jリーグ 月間ベストゴール:明治安田生命Jリーグ 月間表彰:Jリーグ.jp”. Jリーグ.jp. 2023年5月16日閲覧。
  71. ^ J2受賞者 V・ファーレン長崎 DF 23 米田 隼也:明治安田生命Jリーグ 月間ベストゴール:明治安田生命Jリーグ 月間表彰:Jリーグ.jp”. Jリーグ.jp. 2023年6月13日閲覧。
  72. ^ J2受賞者 水戸ホーリーホック FW 20 梅田 魁人:明治安田生命Jリーグ 月間ベストゴール:明治安田生命Jリーグ 月間表彰:Jリーグ.jp”. Jリーグ.jp. 2023年7月18日閲覧。
  73. ^ J2受賞者 水戸ホーリーホック FW 20 乾 貴士:明治安田生命Jリーグ 月間ベストゴール:明治安田生命Jリーグ 月間表彰:Jリーグ.jp”. Jリーグ.jp. 2023年8月15日閲覧。
  74. ^ J2受賞者 V・ファーレン長崎 MF 50 中村 慶太:明治安田生命Jリーグ 月間ベストゴール:明治安田生命Jリーグ 月間表彰:Jリーグ.jp”. Jリーグ.jp. 2023年8月15日閲覧。
  75. ^ J2受賞者 FC町田ゼルビア DF 43 鈴木 準弥:明治安田生命Jリーグ 月間ベストゴール:明治安田生命Jリーグ 月間表彰:Jリーグ.jp”. Jリーグ.jp. 2023年10月19日閲覧。
  76. ^ J2受賞者 藤枝MYFC FW 77 中川 風希:明治安田生命Jリーグ 月間ベストゴール:明治安田生命Jリーグ 月間表彰:Jリーグ.jp”. Jリーグ.jp. 2023年11月23日閲覧。
  77. ^ J2受賞者 東京ヴェルディ MF 47 中原 輝:明治安田生命Jリーグ 月間ベストゴール:明治安田生命Jリーグ 月間表彰:Jリーグ.jp”. Jリーグ.jp. 2023年11月23日閲覧。
  78. ^ J2受賞者 FC町田ゼルビア 黒田 剛:明治安田生命Jリーグ 月間優秀監督賞:明治安田生命Jリーグ 月間表彰”. J.LEAGUE.jp (2023年4月18日). 2023年4月22日閲覧。
  79. ^ J2受賞者 V・ファーレン長崎 ファビオ カリーレ:明治安田生命Jリーグ 月間優秀監督賞:明治安田生命Jリーグ 月間表彰:Jリーグ.jp”. Jリーグ.jp. 2023年5月16日閲覧。
  80. ^ J2受賞者 FC町田ゼルビア 黒田 剛:明治安田生命Jリーグ 月間優秀監督賞:明治安田生命Jリーグ 月間表彰”. J.LEAGUE.jp. 2023年6月13日閲覧。
  81. ^ J2受賞者 ジュビロ磐田 横内 昭展:明治安田生命Jリーグ 月間優秀監督賞:明治安田生命Jリーグ 月間表彰”. J.LEAGUE.jp. 2023年7月18日閲覧。
  82. ^ J2受賞者 いわきFC 田村 雄三:明治安田生命Jリーグ 月間優秀監督賞:明治安田生命Jリーグ 月間表彰”. J.LEAGUE.jp. 2023年8月15日閲覧。
  83. ^ J2受賞者 清水エスパルス 秋葉 忠宏:明治安田生命Jリーグ 月間優秀監督賞:明治安田生命Jリーグ 月間表彰”. J.LEAGUE.jp. 2023年9月12日閲覧。
  84. ^ J2受賞者 ジェフユナイテッド千葉 小林 慶行:明治安田生命Jリーグ 月間優秀監督賞:明治安田生命Jリーグ 月間表彰”. J.LEAGUE.jp. 2023年10月19日閲覧。
  85. ^ J2受賞者 東京ヴェルディ 城福 浩:明治安田生命Jリーグ 月間優秀監督賞:明治安田生命Jリーグ 月間表彰”. J.LEAGUE.jp. 2023年11月23日閲覧。
  86. ^ J2受賞者 ジュビロ磐田 横内 昭展:明治安田生命Jリーグ 月間優秀監督賞:明治安田生命Jリーグ 月間表彰”. J.LEAGUE.jp. 2023年11月23日閲覧。

関連項目[編集]

外部リンク[編集]