2001年のJリーグ ディビジョン1

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
Jリーグ ディビジョン1
シーズン 2001
優勝 鹿島アントラーズ
降格 アビスパ福岡
セレッソ大阪
試合数 240
ゴール数 788 (1試合平均3.28)
得点王 ウィル札幌・24得点)
最大差勝利ホーム試合
G大阪 5-0 東京V(1st第13節・7月7日)
最大差勝利アウェー試合
福岡 0-4 名古屋(1st第13節・7月7日)
C大阪 2-6 広島(2nd第1節・8月11日)
最多得点試合
神戸 3-6 清水(2nd第8節・10月13日)
最多観客動員
60,553人 - 浦和 vs 横浜FM
(2nd第8節・10月13日)
最少観客動員
4,014人 - 市原 vs G大阪
(2nd第11節・10月31日)
平均観客動員 16,548人
2000
2002

この項目では、2001年シーズンのJリーグ ディビジョン1(J1)について述べる。

概要[編集]

2001年シーズンのJ1のクラブ[編集]

2001年シーズンのJ1のクラブは以下の通り。この内コンサドーレ札幌浦和レッドダイヤモンズが前シーズンJ2リーグからの昇格クラブである。また今シーズンからヴェルディ川崎がホームタウンを神奈川県川崎市から東京都へ移転、チーム呼称を東京ヴェルディ1969に変更した。

レギュレーションの変更点[編集]

Vゴール方式の延長戦に入った場合、選手の交代が4人まで行えるようになった。前シーズンまでは90分間で勝敗が決する場合と同じく、3人までしか交代できなかった。

スケジュール[編集]

1stステージは3月10日から7月21日まで、計15節が開催された。途中、FIFAコンフェデレーションズカップ2001が日本で開催されたため、スタジアムおよび日本代表チーム合宿の日程を確保する目的で、5月19日の第10節から6月16日の第11節まで約1ヶ月の中断期間が設けられた。

2ndステージは8月11日から11月24日まで、計15節が開催された。

リーグ概要[編集]

1stステージは、磐田が開幕8連勝(全て90分勝利)でスタートダッシュに成功すると、第9節で清水とのダービーにVゴール負けを喫した以外は白星を積み重ね、第13節で横浜FMにVゴール勝ちしたことで、前年まで下位に低迷しながら好調をキープしていた2位市原との勝ち点差9をキープして2節を残してステージ優勝決定。最終節で神戸と引き分けたものの、15戦で13勝1分け1敗という圧倒的な力を見せた。

2ndステージは、前年にJ1リーグ、ナビスコカップ、天皇杯の3冠を独占しながら1stステージは主力選手の負傷などが相次ぎ11位に終わった鹿島が7連勝。これに、ステージ最初の試合でG大阪に敗れたものの、そこから6連勝で追い上げる磐田とのマッチレースの様相を見せる。第8節の直接対決は磐田が勝利し得失点差で首位に浮上、磐田は連勝を9まで伸ばすが、鹿島も勝ち星を積み重ねて譲らない。第11節で磐田は柏に敗れ、福岡に勝った鹿島が首位に浮上。第14節時点で連勝を6にまで伸ばした鹿島が磐田との勝ち点差を4としてステージ優勝を果たす。ステージ3位には1stステージで13位と下位に沈んでいた広島が入った。

一方、年間の勝ち点で争われる残留争いは、古豪の横浜FM・東京V、さらに前年1stステージで優勝争いをしたC大阪の3チームが1stステージで低迷。2ndステージに入ると横浜FMと東京Vは五分の星をキープし、1stステージで12位だった福岡を交えた四つ巴の争いとなった。そんな中、2ndステージも低迷の続いたC大阪は第12節でFC東京に敗れ、14位横浜FMとの勝ち点差が11のままとなって年間15位以下が確定。最終節を前に13位横浜FMを14位東京Vと15位福岡が勝ち点差2で追う展開となった。最終節、横浜FMはアウェイで神戸と引き分け、東京VはFC東京とのダービーを制して勝ち点を積み上げた一方で、福岡はアウェイでG大阪に敗れ、15位が決定。この2チームが降格となった。年間勝点1位は磐田で、年間勝点2位の鹿島との17ポイント差はリーグ記録となっている。

なお、FC東京、東京Vはいずれも東京スタジアムに本拠地を移転した他、札幌は札幌厚別公園競技場に加えて札幌ドームを本拠地として追加登録した。また浦和の本拠地「浦和市駒場スタジアム」は旧浦和市さいたま市になったため「さいたま市浦和駒場スタジアム」に改称された。

順位表[編集]

1stステージ[編集]

開催期間:3月10日 - 7月21日

チーム 延勝
1 ジュビロ磐田 (A) 15 9 4 1 1 32 12 +20 36
2 ジェフユナイテッド市原 15 7 3 0 5 35 26 +9 27
3 名古屋グランパスエイト 15 5 5 2 3 29 20 +9 27
4 清水エスパルス 15 6 4 0 5 28 18 +10 26
5 ガンバ大阪 15 7 2 0 6 29 22 +7 25
6 柏レイソル 15 6 2 0 7 29 23 +6 22
7 浦和レッズ 15 6 1 1 7 24 22 +2 21
8 コンサドーレ札幌 15 6 0 3 6 20 21 −1 21
9 FC東京 15 5 3 0 7 18 19 −1 21
10 ヴィッセル神戸 15 5 1 2 7 16 20 −4 19
11 鹿島アントラーズ 15 5 1 1 8 21 23 −2 18
12 アビスパ福岡 15 4 1 0 10 13 25 −12 14
13 サンフレッチェ広島 15 3 2 0 10 25 33 −8 13
14 セレッソ大阪 15 3 0 2 10 22 31 −9 11
15 横浜F・マリノス 15 3 0 2 10 13 24 −11 11
16 東京ヴェルディ1969 15 2 2 0 11 16 31 −15 10

最終更新は2001年7月21日の試合終了時
出典: J.League Data Site
順位の決定基準: 1. 勝点; 2. 得失点差; 3. 得点数.

 

2ndステージ[編集]

開催期間:8月11日 - 11月24日

チーム 延勝
1 鹿島アントラーズ (A) 15 10 3 0 2 36 19 +17 36
2 ジュビロ磐田 15 9 4 0 2 31 14 +17 35
3 サンフレッチェ広島 15 8 0 0 7 36 27 +9 24
4 清水エスパルス 15 5 4 0 6 34 27 +7 23
5 ジェフユナイテッド市原 15 7 0 2 6 25 28 −3 23
6 名古屋グランパスエイト 15 7 0 1 7 27 25 +2 22
7 柏レイソル 15 6 0 3 6 29 23 +6 21
8 FC東京 15 5 0 5 5 29 28 +1 20
9 東京ヴェルディ1969 15 6 0 2 7 22 26 −4 20
10 横浜F・マリノス 15 4 2 3 6 19 20 −1 19
11 ガンバ大阪 15 5 0 2 8 21 26 −5 17
12 浦和レッズ 15 4 0 3 8 20 24 −4 15
13 ヴィッセル神戸 15 3 0 5 7 25 32 −7 14
14 コンサドーレ札幌 15 3 1 2 9 23 29 −6 13
15 アビスパ福岡 15 3 1 2 9 22 31 −9 13
16 セレッソ大阪 15 2 3 0 10 19 39 −20 12

最終更新は2001年11月24日の試合終了時
出典: J.League Data Site
順位の決定基準: 1. 勝点; 2. 得失点差; 3. 得点数.

年間総合順位[編集]

上位2チームの順位はJリーグチャンピオンシップの結果により確定する。

チーム 延勝 出場権または降格
1or2 ジュビロ磐田 (A) 30 18 8 1 3 63 26 +37 71 チャンピオンシップの出場権を獲得 
1or2 鹿島アントラーズ (A) 30 15 4 1 10 57 42 +15 54
3 ジェフユナイテッド市原 30 14 3 2 11 60 54 +6 50
4 清水エスパルス 30 11 8 0 11 62 45 +17 49
5 名古屋グランパスエイト 30 12 5 3 10 56 45 +11 49
6 柏レイソル 30 12 2 3 13 58 46 +12 43
7 ガンバ大阪 30 12 2 2 14 50 48 +2 42
8 FC東京 30 10 3 5 12 47 47 0 41
9 サンフレッチェ広島 30 11 2 0 17 61 60 +1 37
10 浦和レッズ 30 10 1 4 15 44 46 −2 36
11 コンサドーレ札幌 30 9 1 5 15 43 50 −7 34
12 ヴィッセル神戸 30 8 1 7 14 41 52 −11 33
13 横浜F・マリノス 30 7 2 5 16 32 44 −12 30
14 東京ヴェルディ1969 30 8 2 2 18 38 57 −19 30
15 アビスパ福岡 (R) 30 7 2 2 19 35 56 −21 27 J2 2002へ降格 
16 セレッソ大阪 (R) 30 5 3 2 20 41 70 −29 23

最終更新は2001年11月24日の試合終了時
出典: J.League Data Site
順位の決定基準: 1. 勝点; 2. 得失点差; 3. 得点数.

チャンピオンシップ[編集]

Jリーグチャンピオンシップについてはサントリーが冠スポンサーとなり、サントリー・チャンピオンシップの名称で開催された。2試合ともNHK総合テレビNHKハイビジョンで生中継された。

2試合90分ずつの合計スコアが2-2となったため、第2戦終了後にVゴール方式の延長戦を行い、延長前半10分、MF小笠原満男のフリーキックが直接決まってVゴールとなり[1]鹿島アントラーズが年間王者に決定した。2013年に行われたJクロニクルベストでは第2戦がベストゲーム部門第2位に、小笠原のVゴールがベストゴール部門第3位にそれぞれ選ばれている。

得点ランキング[編集]

順位 選手 得点
1 ブラジルの旗 ウィル(札幌) 24
2 大韓民国の旗 崔龍洙(市原) 21
ブラジルの旗 ウェズレイ(名古屋) 21
4 ブラジルの旗 アマラオ(FC東京) 17
クロアチアの旗 ニーノ・ブーレ(G大阪) 17
6 日本の旗 中山雅史(磐田) 16
7 ブラジルの旗 バロン(清水) 15
日本の旗 久保竜彦(広島) 15
9 日本の旗 柳沢敦(鹿島) 12
日本の旗 三都主アレサンドロ(清水) 12
日本の旗 森山泰行(名古屋) 12

出典[編集]