2008年のJリーグ ディビジョン1

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
日本プロサッカーリーグ  > Jリーグ ディビジョン1  > 2008年のJリーグ ディビジョン1
2008年のスポーツ  > 2008年のサッカー  > 2008年のJリーグ  > 2008年のJリーグ ディビジョン1
Jリーグ ディビジョン1
シーズン 2008
優勝 鹿島アントラーズ
降格 東京ヴェルディ
コンサドーレ札幌
ACL 2009出場 鹿島アントラーズ
川崎フロンターレ
名古屋グランパス
試合数 306
ゴール数 783 (1試合平均2.56)
得点王 マルキーニョス(鹿島・21得点)
最多観客動員
61,246人 - 横浜FM vs 浦和(第1節・3月8日)
最少観客動員
6,125人 - 大宮 vs 横浜FM(第23節・8月27日)
平均観客動員 19,202人
2007
2009

この項目では、2008年シーズンのJリーグ ディビジョン1(J1)について述べる。

2008年シーズンのJ1のクラブ[編集]

2007年シーズンのJ1のクラブは以下の18チームである。このうちコンサドーレ札幌、東京ヴェルディ、京都サンガF.C.が前シーズンのJ2からの昇格クラブである。なお、このシーズンから東京ヴェルディ1969東京ヴェルディに、名古屋グランパスエイト名古屋グランパスにそれぞれ呼称を改めた。

レギュレーションの変更点[編集]

スケジュール[編集]

3月8日に開幕戦を行い、5月18日(第13節)から6月28日(第14節)までの間にFIFAワールドカップ・アジア予選のための中断期間をはさんで12月6日まで全34節・計306試合が行われた。

なお、鹿島、浦和、G大阪の3チームはAFCチャンピオンズリーグ2008と平行しての参加となった。

リーグ概要[編集]

前年のアジア王者・浦和が開幕2連敗で、ホルガー・オジェックが監督を解任された。序盤戦の主役となったのが、ドラガン・ストイコビッチ新監督に率いられた、名古屋である。サイドからの崩しを中心とした攻撃サッカーは多くのメディアで「美しい」と評され、勝ち点を積み重ねた。しかし、首位争いをリードするまでには至らず、鹿島やFC東京、柏、さらには監督交代後に立ち直った浦和などとの団子状態となる。

中盤戦で調子を上げたのが、ペリクレス・シャムスカ監督就任4年目を迎えた大分である。リーグ最少失点を誇る堅守からのカウンターを武器に次々と勝利を重ね、26節に首位に立った。また、シーズンを通じて常に安定した戦いを続けてきた鹿島、下位に沈んでいた清水や川崎などが浮上した。

最終節に優勝の可能性を残したのは、鹿島、名古屋、川崎の3クラブ。名古屋は引き分け、川崎は勝利したものの、自力で優勝を決められる立場にあった鹿島がきっちりと勝利を収め、2000年-2001年シーズン以来、史上初となる2度目のリーグ連覇を達成した。2位は川崎、3位は名古屋となり、それぞれ翌シーズンのACL出場権を獲得した。なお、優勝チームが獲得した勝ち点63は、2005年より始まった18チームでのJ1リーグ戦において、2005年シーズン優勝のG大阪(勝ち点60)に次ぐ低水準であった。

昇格1年目の札幌は、第16節を最後に全く勝てず、結局前年の横浜FCと並ぶ最速タイとなる、残り5試合を残しての降格となった。札幌以外のJ1残留争いは、オフに主力選手が軒並み移籍した千葉、昇格組の東京Vに加え、前年は中位だった新潟や磐田、大宮の5クラブが降格の可能性を残すことになった。最終節、勝利した上で上位クラブの結果を待つしかない、という最も厳しい状況にあった17位の千葉が、0-2のビハインドから最後の15分間で4点を奪う大逆転勝ち。順位を15位に上げて逆転残留を果たし、最終節で敗退した東京Vが17位となってJ2降格。磐田が16位でシーズンを終え、J1・J2入れ替え戦に回った。

順位表[編集]

順位 クラブ名 勝点 得点 失点 備考
1 鹿島アントラーズ 63 18 9 7 56 30 +26 ACL2009出場権[1]
2 川崎フロンターレ 60 18 6 10 65 42 +23 ACL2009出場権
3 名古屋グランパス 59 17 8 9 48 35 +13
4 大分トリニータ 56 16 8 10 33 24 +9
5 清水エスパルス 55 16 7 11 50 42 +8
6 FC東京 55 16 7 11 50 46 +4
7 浦和レッズ 53 15 8 11 50 42 +8
8 ガンバ大阪 50 14 8 12 46 49 -3 [1]
9 横浜F・マリノス 48 13 9 12 43 32 +11
10 ヴィッセル神戸 47 12 11 11 39 38 +1
11 柏レイソル 46 13 7 14 48 45 +3
12 大宮アルディージャ 43 12 7 15 36 45 -9
13 アルビレックス新潟 42 11 9 14 32 46 -14
14 京都サンガF.C. 41 11 8 15 37 46 -9
15 ジェフユナイテッド千葉 38 10 8 16 36 53 -17
16 ジュビロ磐田 37 10 7 17 40 48 -8 J1・J2入れ替え戦
17 東京ヴェルディ 37 10 7 17 38 50 -12 J2自動降格
18 コンサドーレ札幌 18 4 6 24 36 70 -34

得点ランキング[編集]

順位 選手 得点
1 マルキーニョス(鹿島) 21
2 ダヴィ(札幌) 16
3 鄭大世(川崎) 14
柳沢敦(京都)
5 アレッサンドロ(新潟) 13

出典・脚注[編集]

  1. ^ a b 本来であればFIFAクラブワールドカップ2008の開催国枠で、J1優勝の鹿島に出場権が与えられる予定だったが、AFCチャンピオンズリーグ2008において、G大阪が優勝したため「1カ国から複数クラブの出場はできない」とする大会規定により、G大阪がACL枠でクラブW杯出場となり、鹿島は出場できなかった