フローデ・ヨンセン

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
Jump to navigation Jump to search
フローデ・ヨンセン Football pictogram.svg
Frode Johnsen Nadderud.jpg
名前
愛称 フローデ
ラテン文字 Frode JOHNSEN
基本情報
国籍  ノルウェー
生年月日 (1974-03-17) 1974年3月17日(44歳)
出身地 テレマルク県シーエン
身長 186cm
体重 79kg
選手情報
ポジション FW(CF)
利き足 右足
ユース
1992 ノルウェーの旗 スクットフォス
クラブ1
クラブ 出場 (得点)
1993-2000 ノルウェーの旗 オッズBK 113 (24)
2000-2006 ノルウェーの旗 ローゼンボリBK 145 (80)
2006-2008 日本の旗 名古屋グランパスエイト/名古屋グランパス 77 (35)
2009-2010 日本の旗 清水エスパルス 62 (17)
2011- ノルウェーの旗 オッド・グレンランド 121 (40)
代表歴
2000-2013 ノルウェーの旗 ノルウェー 35 (10)
1. 国内リーグ戦に限る。
■テンプレート■ノート ■解説■サッカー選手pj

フローデ・ヨンセンFrode Johnsen1974年3月17日-)は、ノルウェーシーエン出身の元サッカー選手である。ポジションはフォワード

来歴[編集]

高校卒業後に大学と同等の教育機関である警察官養成学校に通いながらアマチュアチームでプレーしていた。1999年に25歳でノルウェーのサッカークラブ、オッド・グレンランドでプロデビューを飾る。2000年に2年間通った学校を中途退学しノルウェーの強豪クラブであるローゼンボリに移籍した[1]。FWのほかに攻撃的MF、DFなど複数のポジションをこなしながら、2度のノルウェーリーグ得点王を獲得した。ローゼンボリでは他のポジションでもプレーしており、名古屋のスカウトが視察した際にはセンターバックを務めていた。

2006年7月にローゼンボリを退団し、名古屋グランパスエイトに入団した。初出場したジェフ千葉戦で2得点を挙げた勝利に貢献した後も、長身を生かしたポストプレーを中心に高い得点力も見せ、エースストライカーとして活躍した。ファンサービスにもつとめサポーターからは絶大な支持を受けた。

2009年シーズンはドラガン・ストイコビッチ監督の構想から外れたため名古屋グランパスとの契約を満了し清水エスパルスと一年契約を結んだ。シーズン序盤はゴールを奪えずスタメンから外される試合もあったが5月に入ってからは復調を遂げ岡崎慎司と共にツートップを組み、清水の上位進出に貢献した。シーズン終了後に契約を一年延長した。2010年シーズンはスリートップの中心として引き続き清水の攻撃の核として活躍し、7月の湘南戦では名古屋在籍時の2007年11月以来となるハットトリックを記録した[2]。2010年シーズンを以て退団することが発表された。

2011年シーズンは、クラブの構想から外れたため、清水エスパルスとの契約を満了し、古巣で故郷のクラブであるオッド・グレンランドに復帰した。

2012年4月28日に行われたStabæk戦で前半3分に通算100ゴール目を決めた。

2013年9月に、2014年W杯予選のノルウェー代表メンバーに39歳で再招集される。これはノルウェー代表史上最高齢である。また、リーグ戦ではオーレスン戦で86分にハットトリックを達成するなど16得点を挙げ、ローゼンボリ所属時代の2001年、2004年に続く3度目のリーグ得点王に輝いた。

2015年10月29日、オッド・グレンランドのオフィシャルツイッターにて現役を引退することが明らかにされた[3][4]

エピソード[編集]

Jリーグについて、トップ5クラブのレベルはノルウェーリーグのトップよりも上であるとコメントしている[5]。ファンサービス精神も大事にする紳士である。 2015年3月には名古屋時代の同僚・中村直志の引退試合出場のため、シーズン中にもかかわらず来日し、ゲームでも得点を挙げている。

所属クラブ[編集]

個人成績[編集]

国内大会個人成績
年度クラブ背番号リーグ リーグ戦 リーグ杯オープン杯 期間通算
出場得点 出場得点出場得点 出場得点
ノルウェー リーグ戦 リーグ杯ノルウェー杯 期間通算
1992 スクットフォス
1993 バルクルブ 2.Div 0 0
1994 0 0
1995 アデコリーガエン 8 0
1996 グレンランド 20 3
1997 24 2
1998 26 8
1999 エリテセリエン 25 9 5 2
2000 10 3
ローゼンボリ 15 9 1 0
2001 25 17 3 3
2002 17 7 3 0
2003 26 15 7 11
2004 26 19 5 6
2005 23 7 2 4
2006 13 6 2 3
日本 リーグ戦 リーグ杯天皇杯 期間通算
2006 名古屋 9 J1 17 10 0 0 2 2 19 12
2007 26 13 2 1 2 0 30 14
2008 34 12 6 2 3 2 43 16
2009 清水 18 33 9 8 2 4 1 45 12
2010 33 8 8 0 3 3 44 11
ノルウェー リーグ戦 リーグ杯ノルウェー杯 期間通算
2011 グレンランド 11 エリテセリエン 23 7 - - 4 1 27 8
2012 29 6 0 0 3 4 32 8
2013 30 16 0 0 4 2 34 18
2014 30 11 0 0 6 6 36 17
2015 9 2 1 1 4 5 14 8
通算 ノルウェー エリテセリエン 301 134
ノルウェー アデコリーガエン 78 13
ノルウェー 2.Div 0 0
日本 J1 143 52 24 5 14 8 181 65
総通算 522 199

個人タイトル[編集]

  • ノルウェーリーグ得点王 (2001、2004、2013)

脚注[編集]

  1. ^ 島田明 (2006年7月22日). “ヨンセン来日 「私は強く、うまく、溶け込みやすい」”. 中日スポーツ. http://www.chunichi.co.jp/chuspo/hold/grampus/news/2006/200607/CK2007031902102050.html 2010年11月2日閲覧。 
  2. ^ “ヨンセンがハット!清水、クラブ最多タイの6ゴール”. スポニチ. (2010年8月1日). http://www.sponichi.co.jp/soccer/flash/KFullFlash20100801128.html 2010年11月2日閲覧。 
  3. ^ En epoke er over, Frode Johnsen legger opp Odds Ballklubb 2015年10月29日付
  4. ^ “サポーターから愛された男”ヨンセンが41歳で現役引退へ…名古屋や清水でプレー ゲキサカ 2015年10月30日閲覧
  5. ^ Jegersen, Knut Erlend (2009年6月2日). “Jeg er like god som før”. 2009年6月7日時点のオリジナルよりアーカイブ。2010年11月2日閲覧。