ベネディクト・アントニオ・アンジェリ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
アントニーニョ Football pictogram.svg
名前
本名 ベネディクト・アントニオ・アンジェリ
Benedicto Antonio Angeli
ラテン文字 ANTONINHO
基本情報
国籍 ブラジルの旗 ブラジル
生年月日 (1939-02-10) 1939年2月10日(80歳)
出身地 サンパウロ州
選手情報
ポジション FW
■テンプレート■ノート ■解説■サッカー選手pj

アントニーニョ(Antoninho)ことベネディクト・アントニオ・アンジェリ(Benedicto Antonio Angeli、1939年2月10日 - )は、ブラジルサンパウロ州出身の元サッカー選手サッカー指導者

来歴[編集]

現役時代はボタフォゴFCなど、国内リーグでのプレーが中心だったが、セリエAフィオレンティーナに所属したこともある。引退後もボタフォゴFCとの関りは深く、GM・監督から下部組織のコーチまで、様々な役職を務めた。

アントニーニョが日本でコーチをするようになったのは、息子のヘジスの様子を見にきたことがきっかけである。ヘジスは当時、旧JFL柏レイソルに所属していたが、そのころの柏にはGKコーチが居らず、現役時代にGKだったアントニーニョが練習を手伝うようになった。その後、1994年に正式にGKコーチに就任し、その年のJリーグ昇格に貢献した。 1995年2nd ステージでは、最下位の成績で監督を解任されたゼ・セルジオの後任として監督に就任し、1stステージ最下位だった柏を建て直しセカンドステージは、5位に導いた。柏には1996年まで在籍し、1995年のNICOSシリーズでは監督を、1996年には総監督を務めた。

2002年にボタフォゴFCのGMを辞任してからはフリーだったが、2004年清水エスパルス監督として9年ぶりにJリーグの現場に復帰したが、同シーズンの開幕から不振が続き、1stステージ終了後に辞任した。

選手歴[編集]

指導歴[編集]

  • ブラジルの旗 ボタフォゴFCジュニアチームコーチ 1977
  • ブラジルの旗 ボタフォゴFCコーチ 1978-1981
  • ブラジルの旗 アメリカFC (サンパウロ) 1982
  • ブラジルの旗 ウベラバFC 1983
  • ブラジルの旗 コメルシアルFC 1984
  • ブラジルの旗 フランカーナFC 1985-1986
  • ブラジルの旗 インダイアトーバEC 1987
  • ブラジルの旗 ECピラスヌンゲンシ 1988
  • ブラジルの旗 センタオンジーニョFC 1989-1991
  • ブラジルの旗 ボタフォゴFCユース 1992-1993
  • 日本の旗 柏レイソルGKコーチ 1994-1995
  • 日本の旗 柏レイソル 1995.7月-12月
  • 日本の旗 柏レイソル総監督 1996
  • ブラジルの旗 ボタフォゴFC 1997
  • ブラジルの旗 ピラスヌンガFC 1998
  • ブラジルの旗 ボタフォゴFCコーチ 1999-2000
  • ブラジルの旗 ボタフォゴFC・GM 2001-2002
  • 日本の旗 清水エスパルス 2004

関連項目[編集]