第11回日本アカデミー賞

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動

第11回日本アカデミー賞は1988年(昭和63年)2月18日に行われた日本アカデミー賞の発表・授賞式。

東京プリンスホテルで開催され、司会は武田鉄矢斉藤由貴が務めた。

最優秀作品賞[編集]

優秀作品賞[編集]

最優秀監督賞[編集]

優秀監督賞[編集]

最優秀脚本賞[編集]

  • 伊丹十三(マルサの女)

優秀脚本賞[編集]

最優秀主演男優賞[編集]

優秀主演男優賞[編集]

最優秀主演女優賞[編集]

優秀主演女優賞[編集]

最優秀助演男優賞[編集]

優秀助演男優賞[編集]

最優秀助演女優賞[編集]

優秀助演女優賞[編集]

最優秀音楽賞[編集]

優秀音楽賞[編集]

最優秀撮影賞[編集]

優秀撮影賞[編集]

最優秀照明賞[編集]

優秀照明賞[編集]

最優秀美術賞[編集]

優秀美術賞[編集]

最優秀録音賞[編集]

優秀録音賞[編集]

最優秀編集賞[編集]

  • 鈴木晄(永遠の1/2、光る女、マルサの女)

優秀編集賞[編集]

最優秀外国作品賞[編集]

優秀外国作品賞[編集]

新人俳優賞[編集]

会長特別賞[編集]

特別賞特殊技術賞[編集]

話題賞[編集]

作品部門[編集]

俳優部門[編集]

外部リンク[編集]