すべては海になる

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

すべては海になる』(すべてはうみになる)は、山田あかねによる2005年小説

ストーリー[編集]

映画[編集]

すべては海になる
監督 山田あかね
脚本 山田あかね
原作 山田あかね
出演者 佐藤江梨子
柳楽優弥
音楽 田尻光隆
主題歌 SPANK PAGE
『不器用な情景』
撮影 谷川創平
編集 木村悦子
製作会社 「すべては海になる」パートナーズ
配給 東京テアトル
公開 日本の旗 2010年1月23日
上映時間 119分
製作国 日本の旗 日本
言語 日本語
テンプレートを表示

2010年に公開[1]。原作者の山田あかねが監督・脚本を務めた。

キャッチコピーは『手をつないだくらいで、つながったなんて思いたくない…。』

キャスト[編集]

書誌情報[編集]

  • 単行本
    • 小学館、2005年11月、ISBN 978-4093861571
  • 文庫本

脚注[編集]

[脚注の使い方]

外部リンク[編集]