THE FUSE

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
THE FUSE
出身地 日本の旗 日本
ジャンル ロック
活動期間 1979年頃 - 1989年

THE FUSE(ザ・ヒューズ)は、1970年代から1980年代にかけて活動していた音楽グループ。浜田省吾のバック・バンドとして知られる。

概要[編集]

はっきりとした結成時期は分かっていないが、1979年頃から「THE FUSE」と名乗るようになった。解散時期も明確に決まっているわけではなく、1989年の浜田のツアーを最後に自然消滅的に無くなっていった。

バンド名の由来は、浜田が敬愛するアメリカシンガーソングライタージャクソン・ブラウンの曲名から来ている。ただし、浜田は「THE PRETENDERS」(同じくブラウンの曲名)という名前を推していたが、最終的にはキーボード担当の板倉雅一の発案による「THE FUSE」に落ち着いた。

バンド・メンバーはツアー毎、レコーディング毎に変わっており、かなりの変動があった。一度ツアーに参加しただけのメンバーもいれば、町支寛二や板倉雅一、古村敏比古のように長年に亘って活動を共にしているメンバーもいる。バンドのイメージとしては、ブルース・スプリングスティーンにおけるEストリート・バンドや、ジャクソン・ブラウンにおけるザ・セクションを意識したものとなっている。

ただし、結成当初はツアーのみの演奏で、ほとんどのメンバーがレコーディングには参加していなかった。レコーディングには一流のスタジオ・ミュージシャンが起用され、THE FUSEのメンバーはツアーのリハーサルの際にその譜面を渡される、という状況が続いていた。初めてレコーディングに揃って参加したのは1984年の『DOWN BY THE MAINSTREET』からであり、それ以降はツアーもレコーディングも同じ面々で行われた。その当時の作品やツアーのアーティスト名義は「SHOGO HAMADA & THE FUSE」と明記されている。

80年代後半、原宿の歩行者天国でデビューした「THE FUSE」は同名だが、メンバーは別人。

主なメンバー[編集]

メンバーの変遷[編集]

町支寛二(G,Cho)・板倉雅一(Key,Cho)・鈴木俊二(Dr)・岡嶋善文(B,Cho)・一戸清(Key)
町支寛二(G,Cho)・板倉雅一(Key,Cho)・鈴木俊二(Dr)・一戸清(Key)・江澤宏明(B)
町支寛二(G,Cho)・板倉雅一(Key,Cho)・鈴木俊二(Dr)・一戸清(Key)・江澤宏明(B)・古村敏比古(Sax,Cho)
町支寛二(G,Cho)・板倉雅一(Key,Cho)・江澤宏明(B)・古村敏比古(Sax,Cho)・法田勇虫(G)・岩崎肇(Key)・野口明彦(Dr)
町支寛二(G,Cho)・板倉雅一(Key,Cho)・江澤宏明(B)・古村敏比古(Sax,Cho)・高橋伸之(Dr)
町支寛二(G,Cho)・板倉雅一(Key,Cho)・江澤宏明(B)・古村敏比古(Sax,Cho)・高橋伸之(Dr)・梁邦彦(Key)

作品(『THE FUSE』の名を冠した作品)[編集]