THE FUSE

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
THE FUSE
出身地 日本の旗 日本
ジャンル ロック
活動期間 1979年頃 - 1989年
レーベル CBS・ソニー
共同作業者 浜田省吾
メンバー 町支寛二
板倉雅一
古村敏比古
梁邦彦
江澤宏明
高橋伸之
旧メンバー 鈴木俊二
岡嶋善文
一戸清
法田勇虫
岩崎肇
野口明彦

THE FUSE(ザ・ヒューズ)は、1970年代から1980年代にかけて活動していた音楽グループ。浜田省吾のバック・バンドとして知られる。

1990年に、東芝EMIから「Boys & Girls」でデビューした「THE FUSE」は同名だが、メンバーは別人。

概要[編集]

はっきりとした結成時期は分かっていないが、1979年頃から「THE FUSE」と名乗るようになった。解散時期も明確に決まっているわけではなく、1989年の浜田のツアーを最後に自然消滅的に無くなっていった。

バンド名の由来は、浜田が敬愛するアメリカシンガーソングライタージャクソン・ブラウンの曲名から来ている。ただし、浜田は「THE PRETENDERS」(同じくブラウンの曲名)という名前を推していたが、最終的にはキーボード担当の板倉雅一の発案による「THE FUSE」に落ち着いた。

バンド・メンバーはツアー毎、レコーディング毎に変わっており、かなりの変動があった。一度ツアーに参加しただけのメンバーもいれば、町支寛二や板倉雅一、古村敏比古のように長年に亘って活動を共にしているメンバーもいる。バンドのイメージとしては、ブルース・スプリングスティーンにおけるEストリート・バンドや、ジャクソン・ブラウンにおけるザ・セクションを意識したものとなっている。

ただし、結成当初はツアーのみの演奏で、ほとんどのメンバーがレコーディングには参加していなかった。レコーディングには一流のスタジオ・ミュージシャンが起用され、THE FUSEのメンバーはツアーのリハーサルの際にその譜面を渡される、という状況が続いていた。初めてレコーディングに揃って参加したのは1984年の『DOWN BY THE MAINSTREET』からであり、それ以降はツアーもレコーディングも同じ面々で行われた。その当時の作品やツアーのアーティスト名義は「SHOGO HAMADA & THE FUSE」と明記されている。

主なメンバー[編集]

メンバー 生年月日 出身地 担当
町支寛二
(ちょうし かんじ)
(1952-05-05) 1952年5月5日(65歳) 広島県呉市 ギター/コーラス
板倉雅一
(いたくら まさかず)
(1956-10-20) 1956年10月20日(61歳) キーボード/コーラス
江澤宏明
(えざわ ひろあき)
(1957-06-07) 1957年6月7日(60歳) 千葉県 ベース/コーラス
高橋伸之
(たかはし のぶゆき)
1955年2月?? 岩手県 ドラム
古村敏比古
(ふるむら としひこ)
(1957-06-23) 1957年6月23日(60歳) 東京都 サクソフォーン/コーラス
梁邦彦
(りょう くにひこ)
(1960-01-01) 1960年1月1日(58歳) キーボード

メンバーの変遷[編集]

活動期 ギター
コーラス
ギター キーボード
コーラス
キーボード ドラム ベース
コーラス
ベース サックス
コーラス
第1期 1979年 - 1980年 町支寛二 板倉雅一 一戸清 鈴木俊二 岡嶋善文
第2期 1980年 - 1982年 江澤宏明
第3期 1983年 - 1984年 古村敏比古
浜田省吾 & His New Band 1984年 - 1985年 法田勇虫 岩崎肇 野口明彦
第4期 1986年 - 1987年 高橋伸之
第5期 1987年 - 1989年 梁邦彦

作品(『THE FUSE』の名を冠した作品)[編集]

  • 名義はいずれも『SHOGO HAMADA & THE FUSE』名義
  1. CLUB SURFBOUND1987年) - ミニアルバム。
  2. CLUB SURF&SNOWBOUND(1987年) - CDアルバム。