BIG BOY BLUES

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
BIG BOY BLUES
浜田省吾シングル
初出アルバム『J.BOY
B面 SWEET LITTLE DARLIN'
リリース
規格 EP
ジャンル ロック
レーベル CBSソニー
作詞・作曲 浜田省吾
チャート最高順位
浜田省吾 シングル 年表
LONELY-愛という約束事
1985年
BIG BOY BLUES
(1985年)
路地裏の少年(FULL VERSION)
1986年
収録アルバムJ.BOY
A NEW STYLE WAR
(1)
BIG BOY BLUES
(2)
AMERICA
(3)
テンプレートを表示

BIG BOY BLUES」(ビッグ・ボーイ・ブルース)は、1985年12月8日に発売された浜田省吾の19枚目のシングル。

概要[編集]

  • TBSドラマ『華やかな誤算』主題歌。両面ともアルバム『J.BOY』とはヴァージョンが異なる。この曲で取り上げたテーマが、次のアルバム『J.BOY』の構想へと繋がっていった。
  • タイアップとしては1979年の「風を感じて」以来となる。ドラマの脚本を読んで内容に興味を持ったことと、「風を感じて」以降シングル・ヒットがなく、“いつまでも「風を感じて」が代表曲と言われるのはどうか”という考えもあり、久々のタイアップを受け入れた。ただ、新たな代表曲と言われるまでの大ヒットには至らなかった。
  • B面の「SWEET LITTLE DARLIN'」は、『華やかな誤算』で佐倉しおり演じる少女・楠田康子の登場シーンで挿入歌として使われたため、レコーディング中は「しおりのテーマ」と呼ばれていた[1]。浜田は当時10代半ばだった姪をイメージしてこの曲を作ったという。1991年のバラード・コレクション『EDGE OF THE KNIFE』でリメイクされている。
  • オリコンチャートでは過去最高となる14位にランクインし、累計9.2万枚を売り上げるヒットとなった。
  • 1989年3月21日、過去に発売されたアナログシングルからピックアップされCDシングル化された(後述)。
  • 編曲を担当した板倉雅一は、このシングルでCBSソニーよりゴールデン編曲大賞を受賞した。

収録曲[編集]

  1. BIG BOY BLUES(シングルヴァージョン)(作詞・作曲:浜田省吾・編曲:板倉雅一
  2. SWEET LITTLE DARLIN'(シングルヴァージョン)(作詞・作曲:浜田省吾・編曲:板倉雅一)

BIG BOY BLUES/DANCE(再発シングル)[編集]

BIG BOY BLUES/DANCE
浜田省吾シングル
リリース
規格 シングル、マキシ・シングル(リサイズ版)
ジャンル ロック
レーベル CBSソニークリアウォーター(リサイズ版)
作詞・作曲 浜田省吾
チャート最高順位
  • 189位(リサイズ版)
浜田省吾 シングル 年表
マイホームタウン/陽のあたる場所
1989年
BIG BOY BLUES/DANCE
(1989年)
LONELY-愛という約束事/もうひとつの土曜日
(1989年)
テンプレートを表示

1989年3月21日、過去に発売されたアナログ・シングルからピックアップされCDシングル化された。その際、17枚目のシングル「DANCE」との両A面シングルとなった。2005年3月24日には8cmシングルから、マキシシングルにリサイズされ復刻された。

ジャケットは、アルバム『FATHER'S SON』のブックレットで使用されている写真が使われた新しいものとなっている。

収録曲[編集]

  1. BIG BOY BLUES(SINGLE VERSION)(作詞・作曲:浜田省吾・編曲:板倉雅一)
  2. DANCE(12-INCH VERSION)(作詞・作曲:浜田省吾・編曲:水谷公生

脚注[編集]

  1. ^ http://mi-mychronicle.blogspot.com/2016/07/27-big-boy-bluessweet-little-darlin.html

外部リンク[編集]