DANCE (浜田省吾の曲)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
DANCE
浜田省吾シングル
初出アルバム『DOWN BY THE MAINSTREET
B面 THE LITTLE ROCKER'S MEDLEY
リリース
規格 12インチシングル
ジャンル ロック
レーベル CBSソニー
作詞・作曲 浜田省吾
チャート最高順位
浜田省吾 シングル 年表
マイホームタウン
1982年
DANCE
1984年
LONELY-愛という約束事
1985年
収録アルバムDOWN BY THE MAINSTREET
DADDY'S TOWN
(2)
DANCE
(Album Version)
(3)
SILENCE
(4)
テンプレートを表示

DANCE」(ダンス)は、1984年8月1日に発売された浜田省吾の17thシングル

概要[編集]

  • 前作「マイホームタウン」から約2年ぶりのシングルで、初の12インチシングル。浜田のシングルとして初のオリコンTOP20にランクインした。
  • アルバム『DOWN BY THE MAINSTREET』の先行シングル。アルバムとは歌詞とアレンジが異なる。シングル・ヴァージョンはコンピュータの音を前面に出したものとなっているが、アルバム・ヴァージョンはパーカッションをフィーチャーしている。また、アルバム・バージョンより1分近く長くなっている。
  • B面の「THE LITTLE ROCKER'S MEDLEY」はアルバム未収録。『ON THE ROAD '83』の渋谷公会堂で録音されたもので、「今夜はごきげん」「HIGHSCHOOL ROCK&ROLL」「あばずれセブンティーン」の若者が主人公の3曲をメドレー形式にした楽曲。このライブ音源をB面収録した理由を語った本人のインタビューで「当時、ツアーでアンコールにほとんどもどしそうになりながらやってた。すごいハードなの。最後の疲れ切ってるところに持ってきて、10分以上のアップテンポなロックンロール・メドレーでしょ。もう死ぬんじゃないかと思いながら(笑)。だから、このライブ・バージョンには、すごい思い入れがある。12インチだからこそやれたという長さだし。これを聞くと、当時一緒にやってたTHE FUSEのメンバーを思い出す。ツアーが一番楽しくて一番きつくて、一番長かった時代のメンバーだからね。」と回想しており、B面曲の長さ(13分15秒)が12インチシングルとなった理由であることが分かる[1]

収録曲[編集]

  1. DANCE(12インチシングルヴァージョン)(作詞・作曲:浜田省吾・編曲:水谷公生
  2. THE LITTLE ROCKER'S MEDLEY(Live Version)(作詞・作曲:浜田省吾・編曲:THE FUSE

カバー[編集]

DANCE
  • 1985年、石川秀美(ライブアルバム『BURN UP HIDEMI〜秀美の熱い一日』に収録)


THE LITTLE ROCKER'S MEDLEY
  • 1985年、石川秀美(ライブアルバム『BURN UP HIDEMI〜秀美の熱い一日』に収録)

脚注[編集]

  1. ^ 『浜田省吾辞典』より