この記事は半保護されています。(半保護の方針による半保護)

竹内めぐみ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
Jump to navigation Jump to search

竹内めぐみ(たけうち めぐみ、1979年9月22日 - )は、日本の詩人作詞家・元歌手神奈川県出身。所属事務所はSolCielo。

概要・略歴

1995年、高校1年生の時から自分の思いをノートに書き始めて、次第にポエムに変化していった。1999年頃には歌にも興味を持ちはじめ、作品作りとライブ活動を始める。

2001年から、東京都下北沢の路地で手作りの詩集を売り、ストリート活動を始め、次第に話題を集める。同年10月には月刊誌『Duet』で連載を開始すると共に、第一弾詩集『壊レタココロ』を出版。

2002年キンモクセイの代表曲ともなった「二人のアカボシ」のプロモーションビデオに出演する(但しデビュー前)。

2003年に第二弾詩集『あなたが笑えばいい』を出版。2年以上続けたストリート活動を同年4月13日を持って終了し、同年初のワンマンライブを経験した。同年5月28日、シングル『何もない僕等』を東芝EMIよりリリースし、念願だった歌手デビューを果たす。同年6月26日には同作品が台湾でも発売され、台湾デビューも果たす。同年9月18日にはアルバム『みえないもの』をリリース。

2004年2月2日韓国のアーティストであるHeyが、デビューシングルにもなった「何もない僕等」をカバーする(韓国において同年1月1日の日本語CDの発売解禁後、初めての日本の楽曲のカバーとなった)。同年、尾崎豊のトリビュートアルバム『"BLUE" A TRIBUTE TO YUTAKA OZAKI』に「OH MY LITTLE GIRL」のカバーで参加したのを最後に、同年末で東芝EMIとの契約を終了し、歌手活動を中止する。また、同年には第三弾となる詩集『泣くよりも』を出版する。

2006年土屋アンナへ楽曲「黒い涙」を作詞提供し、作詞家としても活動を始める(同作品は2007年1月10日にANNA inspi' NANA (BLACK STONES)名義でシングル化される)。

ディスコグラフィー

CD作品はすべてCCCD仕様。

CD

シングル

  1. 何もない僕等(2003年5月23日)初回プレス盤のみ特製ポストカード付属。オリコン42位
    1. 何もない僕等[4:37]
      作詞:竹内めぐみ/作曲:長瀬弘樹/編曲:本田優一郎
    2. さよならの音[5:07]
      作詞:竹内めぐみ/作曲:長瀬弘樹/編曲:森俊之
    3. 何もない僕等 (Instrumental)[4:37]
  2. イカロス(2004年2月25日)オリコン200位
    1. イカロス[5:16]
      作詞:竹内めぐみ/作曲:竹内めぐみ/作曲:森俊之/編曲:森俊之
      ロッテモナ王』CMソング、日本テレビ系『SPORTS MAX』エンディングテーマ、日本テレビ系『AX MUSIC-TV』AX POWER PLAY #053(オープニングテーマ)
    2. 壊れモノ[4:29]
      作詞:竹内めぐみ/作曲:広沢タダシ/編曲:森俊之
    3. イカロス (instrumental)[5:15]

アルバム

  1. みえないもの(2003年9月18日)初回プレス盤のみ特製ポストカード付属。オリコン50位
    1. 足りない言葉[4:14]
    2. 何もない僕等[4:37]
    3. 孤独日和[5:35]
    4. 慟哭の森[5:51]
    5. 哀しみノイローゼ[3:59]
    6. あなたが笑えばいい[4:39]
    7. YOKOHAMA[4:17]
    8. want[4:37]
    9. さよならの音 (Album Mix)[5:04]
    10. 長月[4:10]
    11. Spiritual flower[4:51]

その他

詩集

出演

外部リンク