井上雨迩

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
井上うにから転送)
移動: 案内検索

井上 雨迩(いのうえ うに、生年月日不明-)、レコーディングエンジニアの本業に、プロデューサーアレンジャー作曲家、マルチプレイヤーを担う人物。本名不明。椎名林檎との仕事以外では別名義で、下の名前を平仮名にした井上うに名義で参加している。

所属事務所はアイ・トゥ・アイ・コミュニケーションズ。

人物[編集]

さまざまなアーティストにレコーディングエンジニアとして携わりながら、作曲・作詞・編曲も手がけ、かつエレキベースエレキギター以外に民族楽器等の幅広い楽器も扱えるマルチな人物。

椎名林檎との関係[編集]

椎名林檎とは長きに渡る仕事上の良きパートナー。椎名との初仕事は1999年発売の松任谷由実トリビュートアルバム『Dear Yuming』で椎名がカヴァーした「翳りゆく部屋」の録音で、以後発売のシングル「本能」から、バンド東京事変の全作品のレコーディングエンジニアを担当している。井上のアレンジャー、マルチプレイヤーとしての実力が発揮されているのは、椎名の三枚目のアルバム『加爾基 精液 栗ノ花』である。井上はこの作品でベース等の楽器の他にリュートマンドリンシタール等の世界各国の民族楽器を駆使し「加爾基 精液 栗ノ花」の世界観を構築している。この時は椎名林檎と共に「化猫(バケネコ)キラー」というユニットを組み、「加爾基 精液 栗ノ花」を作りあげた。また収録曲「茎」では、ベースの奏法で比較的難しいと言われているダブル・ストップ(和音弾き)という奏法を披露している。また「迷彩」「意識」の編曲については、ギターを入れるか入れないかについて椎名と相当議論を交わした。

東京事変の作品ではアルバム「教育」収録の「御祭騒ぎ」、シングル「修羅場」等、作品によってプログラミングも担当している。録音した楽曲をCDにプレスして発売する前に演奏者達の知らない間に井上が色々と手を加えているらしく、この事を椎名林檎は「悪戯(オイタ)」と呼んでいる。

2007年2月21日にリリースする、椎名林檎の3年ぶりのソロ名義アルバム「平成風俗」にも参加している。

椎名林檎曰く、「雨迩さんはエンジニア界では大御所」。椎名も井上に絶大の信頼をよせている。

数多く所有している民族楽器は「何処からかひっそりと仕入れている」との事。 購入してから20年間未使用のエレキギター(椎名林檎に「秘蔵っ子ギター」と呼ばれている)を所有していたが、「加爾基 精液 栗ノ花」収録の「おだいじに」でようやく演奏されることとなった。

カヴァーアルバム「唄ひ手冥利〜其ノ壱〜」のブックレットに顔写真、「椎名林檎フリーペーパー『RAT』第7号 りんごのうた特集」(2003年11月発行)に編曲を手がけた「リンゴカタログ〜黒子時代再編纂〜」の、井上本人による楽曲解説が掲載されている。

椎名林檎の他に声優國府田マリ子とも仕事をしており、國府田のアルバム「なんでだってば!?」から、録音の他にも作曲・編曲を担当し、國府田と共同で作詞も手がけている。また東京事変のベーシストアレンジャーである亀田誠治も良きパートナーで、亀田が編曲したアーティストの作品に井上が録音で多数参加している。ちなみに、亀田も初期の國府田マリ子の作品を手がけている。

また、People In The Boxの楽曲、「大陸」(「Weather Report」収録曲)ではナレーションを担当している。

最近では1-Eというバンドのプロデューサーをしている。

関連作品[編集]

椎名林檎[編集]

東京事変の作品も含めて紹介

シングル
  1. 本能
  2. ギブス
  3. 罪と罰
  4. 真夜中は純潔
  5. 茎(STEM)〜大名遊ビ編〜
  6. りんごのうた
  7. この世の限り」(斎藤ネコと椎名純平との共同作品)
  8. 群青日和」(東京事変)
  9. 遭難」(東京事変)
  10. 修羅場」(東京事変)
アルバム
  1. 勝訴ストリップ
  2. 唄ひ手冥利〜其ノ壱〜
  3. 加爾基 精液 栗ノ花」(編曲・楽器演奏も担当)
  4. 平成風俗
  5. 教育」(東京事変)
  6. 大人 」(東京事変)
  7. 娯楽」(東京事変)
  8. スポーツ」(東京事変)
その他
M8.「翳りゆく部屋」(録音)
※なおこの曲は2002年発売の同じ松任谷由実のトリビュートアルバム「Queen's Fellows」に再収録されている。
M1.「スピカ」:椎名林檎カヴァー (「加爾基 精液 栗ノ花」と同じ手法で椎名と共に民族楽器をふんだんに用いたアレンジをしている)

國府田マリ子[編集]

編曲の他に作詞・作曲も手がける。

  1. なんでだってば!?
  2. だいすきなうた
※「ムサ君のお引っ越し~河原湯温泉に捧ぐ~」では、アコースティックギター口笛で参加している。
  1. そら
  2. あいたくて
  3. 音いろえんぴつ〜十二色〜
  4. 「メトロノーム」
  5. ビタミンぱんちっ!

更にこんな風な形でも参加している。

  1. My Best Friend 2」の「だいすきなうた(Mariko Version)」
  • 録音を担当しており、冒頭で國府田とふざけている井上の声を聞く事が出来る。

その他アーティスト[編集]

関連項目[編集]