キリキリマイ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
キリキリマイ
ORANGE RANGEシングル
初出アルバム『オレンジボール(原曲)
1st CONTACT
リリース
ジャンル ミクスチャー・ロック
レーベル gr8! records
プロデュース シライシ紗トリ
チャート最高順位
ORANGE RANGE シングル 年表
ミチシルベ/ミッドナイトゲージ
2002年
キリキリマイ
2003年
上海ハニー
2003年
テンプレートを表示

キリキリマイ」は、日本ロックバンドORANGE RANGEのメジャーデビューシングル

解説[編集]

  • 売り上げは芳しくは無かったが、現在もほとんどのライブで演奏される。
  • レーベルゲートCD仕様。2004年6月21日、レーベルゲートCD2として再発。のちにレーベルゲートCDでないものが再発された。
  • NAOTOのクレジット欄は「synthesizer,vocoder,guitar」であった。

収録曲[編集]

  1. キリキリマイ
    タイトルは、NAOTOの高校時代の友人が発した奇声が原案である。その友人の狂乱した様子から、とにかく暴れる激しいイメージのハードロックナンバー。
    オレンジボール』に収録されている『キリキリマイ』とは1番の歌詞が一部違ってたり、2番の歌詞が追加されたものとなっている。
    ライブでは1番のサビの前まではほとんどドラムのみで、MC陣とNAOTOとYOHは後ろを向いたままで、サビに入ったら5人がジャンプして振り返るというパフォーマンスをする。これはデビューの頃から続いている。
    PVは、沖縄県にある廃墟で撮影された。メンバー曰く「幽霊が出るとも噂されている」。また、所属事務所の社長が出演しているとのこと。
    さまざまなアーティストによってリミックスされており、メンバーも「全部集めてミニアルバムが作れる」と語るくらいである(下記の『リミックス一覧』参照)。『ИATURAL』に収録されている『Kirikirimai〜Fantastic Four Remix〜』は映画「ファンタスティック・フォー」のテーマソングに使用されている。
    現在もほとんどのライブで演奏され、ファンの間では人気の高い曲でもある。
    Squeezed』にリミックスバージョンが収録されている。
  2. サムライマニア
    テクノ調の曲。
    1st CONTACT』に収録されている。
  3. キリキリマイ〜やまだひさし 朗読Ver.〜
    やまだひさしによる朗読バージョン。
  4. キリキリマイ〜ryukyudisco remix〜
    RYUKYUDISKOによるリミックスバージョン。
  5. テンテコマイ
    メロディーラインが『オレンジボール』の頃のキリキリマイのものになっている。
    サビは「テンテコマイ」と変更されているが、その他は『キリキリマイ』と同じ。

リミックス一覧[編集]

  • 『キリキリマイ〜リュウキュウディスコリミックス〜』
  • 『キリキリマイ〜ryukyudisco remix〜』
    • 本作に収録。インディーズ時代とは違ったリミックスになっている。
  • 『キリキリマイ DISCO MIX』
    • シングル『チェスト』に収録。ターミネーターズによるリミックス。
  • 『Kirikirimai〜Fantastic Four Remix〜』
    • アルバム『ИATURAL』に収録。映画「ファンタスティック・フォー」のテーマソング。Josh Deutschによるリミックス。
  • 『キリキリマイ cherry blossom front mix』
    • リミックスアルバム『Squeezed』に収録。CUBE JUICEによるリミックス。

関連項目[編集]