藤岡建機

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
藤岡建機
職業 漫画家、メカニックデザイナー
受賞 第3回電撃ゲームイラスト大賞・メカデザイン部門
公式サイト 藤岡建機HP
テンプレートを表示

藤岡 建機(ふじおか けんき)は、日本漫画家メカニックデザイナー。男性。現在は主に、ガンダム等のメカニックデザイナーとして活躍中。

同人サークル御機械屋(ヲメカヤ)に所属する。藤岡の描くイラスト、特にメカイラストにしばしば見られる「OMECHA」のマーキングはこれに由来する。

経歴[編集]

ホビージャパンの『RPGマガジン』にて「DOLLMASTER -蒼穹の翼-」を連載。1996年にはカトキハジメが審査員をしているという理由で「電撃ゲームイラスト大賞」のメカデザイン部門に応募し[1]、金賞を受賞[2]。1998年、講談社の『コミックボンボン』にて「メダロッターりんたろう!」を連載。以来、『コミックボンボン』にて「メダロッターりんたろう! メダロットR」や「メダロット・ナビ」を執筆し、ゲーム『メダロットR』や『メダロットnavi』でデザイナーを担当。

2002年 - 2008年にかけて、模型雑誌『電撃ホビーマガジン』およびコミック誌『電撃大王』に連載された作品「ADVANCE OF Ζ ティターンズの旗のもとに」でのメカデザイン・マーキングデザインを担当。2004年には『機動戦士ガンダム MS IGLOO』のメカデザインを担当。2005年には毎日放送TBS系にて放送された『機動戦士ガンダムSEED DESTINY』のデザインワークスを手がけた。2006年には、マジキューコミックスにて『藤岡建機作品集 DOLLMASTER -蒼穹の翼-』を出版。その後、『ADVANCE OF Ζ ティターンズの旗のもとに』に登場するジム・クゥエルを始めとした発展型MSシリーズのメカデザインを担当する。

作品[編集]

漫画[編集]

連載[編集]

読切[編集]

書籍[編集]

  • 『メダロッターりんたろう!』、講談社〈ボンボンKC〉1998年 - 1999年、全3巻
  • 『メダロッターりんたろう! メダロットR』、講談社〈ボンボンKC〉2000年、全2巻
  • おじゃる丸外伝 野望の少女マンガ家うすいさちよ』、日本放送出版協会 2000年、全1巻
  • 『メダロット・ナビ』、講談社〈ボンボンKC〉2001年、全1巻
  • 『藤岡建機作品集 DOLLMASTER -蒼穹の翼-』、エンターブレイン〈マジキューコミックス〉2006年、全1巻
  • 『DOLLMASTER -彷徨の六花-』、ジャイブCR COMICS DX〉2008年、1巻
  • 『第九征空騎兵師團』、講談社〈講談社コミックス〉2009年 - 2010年、全4巻
  • 『DOLLMASTER 泣き虫ボー太とPAL』、ジャイブ〈CR COMICS DX〉2012年、1巻

ゲーム[編集]

小説[編集]

アニメ[編集]

挿絵[編集]

カードイラスト[編集]

その他[編集]

  • 電撃ホビーウェブ」連載企画「電撃デスクトップアーミー通信」のナビゲーションキャラクター「F-606s フレア・ナビット」のデザイン(2016年)

脚注[編集]

  1. ^ MS IGLOO Special”. 2016年5月22日閲覧。
  2. ^ 第3回 電撃ゲーム3大賞 入賞作品”. アスキー・メディアワークス. 2016年5月22日閲覧。

外部リンク[編集]