SDガンダム GCENTURY

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
SDガンダム GCENTURY
ジャンル ウォー・シミュレーションゲーム
対応機種 PlayStation[PS]
セガサターン[SS]
開発元 ヴァンガード/日本アートメディア
発売元 バンダイ
人数 1人~2人
メディア CD-ROM [PS,SS]
発売日 1997年3月20日 [PS]
1998年2月11日 [SS]
1998年6月25日 [PS BEST]
その他 SS版は『SDガンダム GCENTURY S』
テンプレートを表示

SDガンダム GCENTURY』は1997年3月20日にバンダイから発売されたPlayStationゲームソフトである。

概要[編集]

ファミリーコンピュータで発売された『SDガンダムワールド ガチャポン戦士シリーズ』やスーパーファミコンで発売された『SDガンダムX』、『SDガンダムGX』の流れを汲むSDガンダムによるウォー・シミュレーションゲームである。「100年遊べるシミュレーション」として再発された。

ユニットの経験レベルが細分化し、個々のユニットにパイロットという概念が追加された。パイロットには従来の経験レベルの他に、階級とNTレベルという3つのレベルを持つ。 NTレベルが低いとサイコミュ兵器が使えない。

本作品はPSソフトでは珍しいCD-DA方式のため、サントラとしてCDプレイヤー等でゲームBGMを直接再生することが出来た。

システム[編集]

以下の5つのモードが存在する。

  • シナリオモード - ガンダムシリーズの名場面を再現したステージで戦うモード
  • シングルモード - 1つのマップで戦う簡易モード
  • ワールドモード - 宇宙や地球や月などのマップを行き来して戦うモード
  • センチュリーモード - 決められたステージ毎の条件をクリアしていくモード
  • アクションモード - 好きなユニットを選んでアクションバトルだけを楽しむモード

シナリオモード以外では、連邦やジオンなど14の軍から好きな軍を選択して自軍を設定する。また、好きなMSを選択してオリジナルの軍を作成することも可能。

戦闘はアクションバトルになっており、1回の戦闘で最大7体のMSや戦艦などが入り乱れて戦う。

登場作品[編集]

SS版では使用できるMSの種類が増えている。

関連項目[編集]

外部リンク[編集]