友達の唄 (ゆずの曲)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
友達の唄
ゆずシングル
初出アルバム『ゆずえん
B面 未練歌
待ちぼうけ
リリース
ジャンル J-POP
時間
レーベル セーニャ・アンド・カンパニー
作詞・作曲 北川悠仁
プロデュース 寺岡呼人&ゆず
ゴールドディスク
チャート最高順位
  • 週間2位(オリコン
  • 1999年度年間97位(オリコン)
  • ゆず シングル 年表
    センチメンタル
    1999年
    友達の唄
    1999年
    心のままに/くず星
    1999年
    ゆずえん 収録曲
    悲しみの傘
    (14)
    友達の唄
    (15)
    Home [1997-2000] 収録曲
    センチメンタル
    (11)
    友達の唄
    (12)
    心のままに
    (13)
    テンプレートを表示

    友達の唄」(ともだちのうた)は、ゆず通算7枚目のシングル1999年9月29日セーニャ・アンド・カンパニーから発売された。

    概要[編集]

    この曲で6作連続TOP10入り、5作連続20万枚突破した。

    2ヶ月連続のシングルリリースとなった。

    初回限定盤EPサイズジャケット盤、ピクチャーディスクが存在する。EPサイズ版のジャケット写真にはゆずの二人が写っていない。アルバム『ゆずえん』の告知シートが封入されていた。

    収録曲[編集]

    1. 友達の唄 (5:11)
      • 作詞・作曲: 北川悠仁/ストリングスアレンジ:阿部雅士※
      • 仮タイトルは「皮パン」。ライブツアー中、ひらめき的に「友達の唄」というタイトルをつけたという(当時のインタビューより)。
      • ミュージック・ビデオはモノクロ映像である。(PV集「録歌選 金銀」に収録。)
      • 江崎グリコポッキーコマーシャルソングに起用された。
        ※アルバム『ゆずえん』歌詞カードにクレジットされている。
    2. 未練歌 (4:29)
      • 作詞・作曲: 北川悠仁
      • 終わりそうで終わらない、後奏が長めの曲。唯一カップリング曲の中で『ゆずえん』に収録された。
      • 近年のライブでは、振り付けと共に披露されることが多い。
    3. 待ちぼうけ (4:01)
      • 作詞・作曲: 岩沢厚治
      • 前奏前に会話が聴こえる、その会話で悠仁がタンバリンを忘れたと言って取りに戻っている。寺岡呼人のスタジオのベランダでレコーディングされたデモテープ風の音源。路上時代の楽曲で、1997年春制作。
      • ミニアルバム「ゆずの素」の収録候補に上がっていたが、収録されず、今回のシングルのカップリングになった。

    収録作品[編集]

    テレビ出演[編集]

    カバー[編集]

    友達の唄

    関連項目[編集]

    関連人物[編集]