夜霧の伊勢佐木町〜愛の真世界編〜

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
夜霧の伊勢佐木町〜愛の真世界編〜
ゆず (北見川潤子&ムーチョ小岩沢)シングル
リリース
規格 デジタル・ダウンロード
録音 2014年
日本の旗 日本
ジャンル J-POP
レーベル セーニャ・アンド・カンパニー
作詞・作曲 北川悠仁
チャート最高順位
ゆず (北見川潤子&ムーチョ小岩沢) シングル 年表
ヒカレ
(2014年)
夜霧の伊勢佐木町〜愛の真世界編〜
(2014年)
ポケット
2015年
テンプレートを表示

夜霧の伊勢佐木町〜愛の真世界編〜」は、ゆず (北見川潤子&ムーチョ小岩沢)配信限定シングル2014年7月18日セーニャ・アンド・カンパニーから配信された。

概要[編集]

前作の「ヒカレ」から5か月ぶりのリリースとなった楽曲。(「ゆず/ももいろクローバーZback number大原櫻子 & 松任谷由実」でリリースした「忘れられぬミュージック」からは僅か3日で配信が開始された。)

アルバム『新世界』の特典CDに収録されていたデモ音源「夜霧の伊勢佐木町」をYUZU ARENA TOUR 2014 「新世界」内の”昭和歌謡コーナー”で、2002年に発表されたシングル恋の歌謡日」にて登場した北見川潤子とムーチョ小岩沢が12年ぶりに復活して披露したものが反響を呼び、ヒャダインこと前山田健一の前衛的なアレンジにより「ゆず (北見川潤子&ムーチョ小岩沢)」名義での配信でのリリースが決定した。[1]『新世界』の正式な収録曲ではないが、形としてはリカットシングルに近い。

ミュージックビデオは”少し古臭くて、でも面白い”カラオケ映像仕様。カラオケのJOYSOUNDでは「ゆず(北見川潤子&ムーチョ小岩沢)になりきってみよう企画」というキャンペーンが実施された。

楽曲のモチーフにもなっている神奈川県横浜市イセザキモール・パーキング前では今作のジャケットのイラストが描かれた看板が設置された。さらに7月18日および20、21日の横浜アリーナのライブ会場では潤子とムーチョの等身大パネルが展示された。

また、今作の発売記念グッズとして「夜霧の伊勢佐木町クリアファイルセット」と「潤子の魅惑のルージュペン」が発売された。

収録曲[編集]

  1. 夜霧の伊勢佐木町〜愛の真世界編〜
    オリジナルバージョンと比べコーラスやラストサビの有無、台詞などに違いがある。
    2014年8月13日の『2014 FNSうたの夏まつり』ではコーラスに鈴木雅之森山直太朗ナオト・インティライミを引き連れテレビ初披露された。

外部リンク [編集]

脚注[編集]